今日は、michelleさんの誕生日のお祝いをしに、都幾川まで行って来ました。


先ずは昼食ですが、お蕎麦が食べたいとの事で、近所のここも人気のお店、「成木屋」さんに行って来ました。
成木屋、お勧めの蕎麦屋さんです。

お蕎麦は何度か食べたことはあり、非常に美味しい事は分かっていたのですが、michelleさんは天ざるを注文し、付いて来た海老天の大きさにびっくり。
オイラも今度は天ざるだと思った次第です(ΦωΦ)


その後はいつもの珈琲屋さんに行って、裏にある焼き菓子屋さんMOGでお茶請けを買ってマッタリ。
水出し珈琲、美味しいです。


それにしても暑い・・・・。
michelleさんも暑さでぐったりした様子。
用事もあるとの事なので、15時過ぎにお別れしました。



さて、オイラはここからが本番。
以前から気になっていた、白石峠に行く途中に見える激坂を探索。

凶悪そうな坂が漢心をくすぐります。

地図上では行き止まりになっていますが、木々の間から見える斜度がたまらなくおいらの心をくすぐります。
今日はその実態を探るべくわき道に逸れて行きました。

先ずはいきなり10パーセント越えの坂からはじまり、徐々に斜度を上げて、15パーセントまで来たところで、一旦平坦近くまでなり、そこから更に17パーセントまで斜度があがります。
と、ここで前方に民家の入り口が。
距離も短く、実態はとても満足の行く坂ではありませんでした・・・。


しょうがないので、昨日仕事でドタキャンになってしまったグリーンライン縦断を、白石方向から逆走して青梅まで帰る事にしました。



白石峠の入り口には16時に到着。
出来れば明るいうちに帰りたい・・・となると、19時には自宅まで?
所要時間3時間でいけるかどうかが問題なのですが、白石さえ登ってしまえば、後はその他諸々の峠です。
しかし、実は今朝方蜂に左太もも上部の内側を刺されており、痛みは大分ひいたものの、腫れと違和感が拭えなく、走りがぎこちない。

大事なところのチョット下
案の定、白石40分(普段は30分)のタイム。
何故か途中脚がつりそうになり、湧き水の所で休憩を挟んでのタイムになりますが・・・。
頂上から3.6キロ地点の湧き水。

白石峠の途中にある湧き水。
独断と偏見で、サブローの湧き水と命名してみたりww



白石峠に到着後、時間もないので休憩もそこそこに大野峠まで急ぎます。
白石峠到着、16時39分(w_-;



大野峠に向かうのに間違えて左方向へ。


途中、看板に「大野方面」という表示があり、間違えて1キロほど降りてしまいましたが、程なく大野峠へ。

大野峠。グリーンラインの途上にあります。
大野峠を通過して、狩場坂峠を右折し、正丸峠に向かいます。

狩場坂峠。ここでiPhoneがバッテリー切れ。

ここでiPhoneのバッテリが切れて、写真が撮れなくなったのは残念。


白石に比べると、もはや「正丸丘」とでも言うべきか。
中学生の頃、ここに来たときは、坂道で落車して道半ばにして岐路に着いた思い出があります。
正丸の頂上もスルー。
そのまま下って、突き当りを左に行って山伏峠に。
ここも正丸の分岐点からは距離が短く、「山伏坂」的な感じです。


山伏からは小沢峠を越え、軍畑の榎峠を通って自宅前のセブンイレブンに到着したのは、予定通り19時ジャスト。
所要時間3時間は・・・中の下、または下の上と言ったところでしょうか?



本日の走行距離:94.4km

獲得標高    :1799m

※ルート詳細



プロテインとアイスを補給して今日のライドは終了。
夕焼けが美しかったのに、画像に残せず残念でした。




余談ですが今日は多数の方が「漢峠2015」と言うイベントに参加されているとか。
獲得標高が私の倍以上ある所を走ったようですが、皆さん無事に完走できたのでしょうか?
面子をみると、実力的には心配無さそうなのですが、なにせこの暑さ。
無事でいることを祈るばかりです。


105へ!!

テーマ:
とうとうデローザを105化にする事に・・・・・。




といっても、SHIMANOのドライブラインの事ではありません。
御存知の方もいらっしゃるかと思いますが、イノテックの105の事でございます。
イノテック105と言うのは、いわゆるオイルの事なのですが、これが結構評判がよろしいのです。
チェーンにつけると汚れが付きにくく、綺麗な状態を300キロ保つらしい・・・・・。

そう言えば、ついこの前ナスカルブを試したばかりのオイラ。
正直ナスカルブの潤滑性能には驚くところがあったのですが、WEBでの105のメンテナンス性の良さがどうも頭から離れなかったのです。
そこに、サーヤがシューズを見たいとの事で立川のナルシマに行った時に、店先でイノテック105が目に入り、条件反射(?)で購入してしまったのです。



しかし、そのメンテナンス性の良さとは裏腹に、初回の施工までの道程は猛烈に面倒。
先ずは、今までの塗布されたオイルを完全に脱脂しなければなりません。
オイラのよく参考にさせてもらっているブログでは、煮沸して脱脂している様子がUPされていました。
まぁ、ナスカルブに変更する際も、その本来の性能を発揮させるために煮沸して脱脂をしましたが、あの手間をもう一度と考えると、はっきり言ってゲンナリします。。。。
駄菓子菓子、WEBを見る限りでは、それに見合う以上の効果は期待出来ます。
という訳で、今回で2回目の煮沸脱脂です。



嗚呼、あの時の苦労今ひとたび・・・・っと思ったのですが、流石に2回目ともなると作業はスムーズです。
先ずは、カインズで買って来たパーツクリーナーをこれでもかって位ジャブジャブかけて、ウエスで拭いても汚れが付かない位きれいにします。
次に、灯油に付けてさらに脱脂。
そして、ダメ押しの煮沸脱脂。
ダメ押しの煮沸脱脂
チェーンリングやスプロケットは、笊にあげて暫くすれば水分が揮発してしまうのですが、チェーンはそうはいきません。
そこで、これは自己責任と言う事で、数分間トースターで加熱して水分を飛ばします。
トースターで強制乾燥
もし同居人が居たなら、食べ物を扱う機材でそんな物を!って怒られそうですが、そこは一人暮らしの強みです。
ここには写っておりませんが、チェーンを煮沸している横で、今晩のおかずのウィンナーを茹でていたりします・・・・。
前出の参考にさせて頂いたブロガーの方は、ご家族の手前その施工にかなりのご苦労があった様ですが、それから比べるとやりたい放題ですねww



苦労の末、ようやく脱脂が終わりました。
脱脂完了
塗布作業にかかればこっちの物!
っと思ったのですが・・・・・105の施工にはもう一つの難関があるのです。
それは、イノテック105自体のにおいなんです。
あまり匂いには敏感でないオイラなので、多少は気にしないのですが・・・・。
我慢して塗り塗りしていきます。
先ずはチェーンリング。
塗布作業開始
さらに、ばらしたスプロケットにチェーンにもシャバシャバと塗布していきます。
チェーンも塗布
しかし。。。。なんでしょうか、このイノテックの匂いは・・・・・・。
生物からは絶対に発せられることの無いであろう、今までの嗅いだ事の無い未知の匂いがします。
想像を上回る様な臭さでは無かったのですが、意表を付いた様な匂いに、まるで後ろからひざカックンされた様な脱力感に襲われます。
しかし、これを乗り越えなければ施工は完了しないので、頭がクラクラしながら作業を続けていると・・・・・。
なんと、10メートル離れた所にあるガス漏れ報知器が鳴り始めましたww
あまりの出来事に、真夜中だというのに報知器に負けないぐらいに絶叫してしまいました。
そういえば、ナルシマに置いてあったイノテック105、ビニール袋に包まれていましたが、なんとなくその理由が理解できた気がしましました。
何故ビニールに包んである?
後は、完全に乾燥するまで放置。
しかし、一晩乾かした物の、まだ表面がウェット状態。
次の日は朝から日がのぞいていたので、天日干しをいたしました。
天日干し


こうして処理がほぼ終了しそうなチェーン&スプロケットを見ているのですが、接触部分の黒ずみが気になります。
スプロケットの焦げ
よく見ると、これは“焦げ”ている状態です。
ドリルの歯が切削油が不足して焦げるとこんな状態になってしまいます。
しかし、ここまでの焦げ具合・・・・・相当な圧力がかからないとこうは成らないはず。
物理的に物凄い力がかかる部分なのは理解しますが、
スプロケットはともかく、チェーンは新品を購入し、
ナスカルブをこれでもかってぐらいに丁寧に施工したので、油切れはありえない話。
チェーンの焦げ
WEBでは、シマノのスプロケットの画像はよく見るのですが、皆さん物凄く綺麗。
これは、シマノとカンパの表面処理の違いなのでしょうか?
今度近所の自転車屋さんに質問しに行ってみよう・・・。

ところで・・・・・・。
現在肋骨骨折で全然乗れて居ない状態が続いているのですが、よくよく考えたら1回走ると150キロぐらいは行くときもあるオイラ。
計算すると、2回走って注油って今までと頻度は変わらない??
等と思ったりもしましたが、もう買ってしまったので後の祭りです(;´Д`A ```
兎に角、綺麗な状態が長続きするのであれば気持ちもよろしいし、物は試しです。
本日はまだ乾ききっていないので、他の作業をしながら、完全に乾燥するのを待ってから組み上げたいと思います。

そろそろ

テーマ:
今使っているヘルメット、
BELLのVOLTと言うモデルです。
自転車で出かけるときは、100パーセントヘルメット被るオイラ。
かなり使い込まれて来て、そろそろ買い替えの時期かと考えています。

VOLTの性能ですが、
ベンチレーションはかなり秀逸。
剛性もあり、被っていて安心感もあります。
フィット感も良く、ふらつくこともありません。
デザインも気に入っています。

ただ、良いことばかりではありません。
まず、悪い点として一番にあげられるのは、
「重い」と言う事でしょうか。
特にロングをやる時は、首や肩にかなり来ます。

BELLの前に被っていたのが、OGKのモストロという軽量モデル。
モストロ→205g、VOLT→277g、その差72g。
軽量マニアの方からしたら、言語道断の重量差。
BELLだと最軽量のGAGEでも実はそんなに軽くなくって、公表値で244g。
33gの差ですら実際に頭の上に乗せ比べると、かなりの違いが感じられます。
BELLってメーカーは、全体的に見てどのモデルも重めです。

それでもデザインはBELLが好きなので、良いのが出ていないかな・・・っと調べてみたら、STAR PROと言うモデルが新しく出ていました。
BELLヘルメット

特徴としては、ベンチレーションがスライドスイッチで開閉できる様になった事。
そしてヘルメットに直接つけられるアイシールドがあること。
冬場とかもヒルクライムを中心に走るオイラにとって、ダウンヒルのときや、目的地に向かう平地走行のときなんかは、冷えなくて助かるし、エアロ効果も期待できると思います。
直接ヘルメットにつけるカールツァイス製のアイウエアは、顔との距離もあり、メガネ族の方にはベストかも知れません。
デザインもハーフエアロな感じでかっこいいかも♪

ただ、問題は重さ。
280gと、更に重たくなっています。
他では買えない、カールツァイスのアイシールド付きのモデルで、33,500円は、機能とか考えたら納得のお値段ですが、やはりBELL・・・・重いよなぁ。

次はやはりOGKが良いのかな?
KOOFUも良いし。
こんなイメージ見ると、欲しくなっちゃいます。
裏磐梯も走りたくなってしまいました(*´∇`*)