♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

看護師さん募集中!

 

 「ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ」  

クリニックでは女性医療に関心のある看護師さんを募集しております。    

週4~5日(土曜日含む)ご勤務いただける方がいらっしゃいましたらぜひご連絡くださいませ。  

婦人科勤務経験の有無は問いません。  

お問い合わせはクリニックのHPからメール又はお電話でお願いします。  

 

「ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ」   http://www.vivalita.com/ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪  

 

 薬も合う合わないがありますが、副作用が出やすく効果が感じられない方の特徴として「受け身」で医療を受けているという点が挙げられます。「医者に言われたから仕方なく薬を飲む」「症状が辛いから薬でなんとかしたい」「薬を飲みさえすれば楽になるはず」といったスタンスで薬を飲んでも、症状はよくなりません。

 医療も薬もうまく「活用」するためには、そもそもなぜ自分がその症状を引き起こしているのかを考え、何のために今手にしている薬を飲むのかを「主体的に」考えて行動する必要があります。

 以下の項目で当てはまるものがないか、セルフチェックをしてみてください。

 

□病気や不調は自分のせいではなく外的な要因で「降りかかってくるもの」と捉えていた

□不調が続くことでやらないで済むことがあった

□不調が続くことで言わないで済むことがあった

□不調に対してイライラや怒りを感じていた

□よくならないのは「誰かのせい」「何かのせい」だと思っていた

□医者に病気を「治してもらう」ものだと思っていた

□これまでも人の顔色を窺って過ごすことが多かった

□誰かや何かを責めることで自分の存在意義を感じることがあった

□不調がすべてなくなったら何をやりたいか?の質問に明確に答えられなかった

□「○○をしさえすればよくなる」と思って色々試してきた

□不調がなくなると不都合があった

□病気だけでなく失敗やうまくいかないことを人のせいにすることが多かった

□自分の人生を自分で選択してきていなかった

□自分で全てに責任をとるという覚悟がなかった

 

 

★「健康でしかいられなくなる7つのステップ」無料配布中   

  PDFファイルのダウンロードになります→無料ファイルダウンロードはこちらから

 

★薬を使わず病気をやめる方法や妊活カウンセリングも承っております。  

  カウンセリングをご希望の方は、メールかお電話でお問い合わせくださいませ。    

  お問い合わせ先:045-440-5577(予約専用電話) info@vivalita.com

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メルマガ発行中です♪     

 

「子宮癌検診で『異常あり』って言われたんだけど・・・」   

「不妊かもしれないけど受診したほうがいい?」   

「筋腫が見つかって『子宮をとりましょう』って言われてしまった  

 

そんなあなたのお悩みに、現役婦人科医がお答えします。    

 

メルマガ登録はこちら♪