Dr.NAOMIのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

女性医師募集中!

「ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ」

 クリニックでは女性医療に関心のある女性産婦人科医を募集しております。
 
 平日の午後や土曜日(毎週でなくても可)ご勤務いただける方がいらっしゃいましたら
ぜひご連絡くださいませ。
 電子カルテですので、あらかじめ診療内容が入力してあります。

 スポットの先生には初診の方の予約は入らないようにしてありますので、診療内容が不明な
 方をご担当いただくことはありません。

 お問い合わせはクリニックのHPからメール又はお電話でお願いします。

 「ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ」   http://www.vivalita.com/

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 
 無月経というのは、生理が3ヶ月以上全くない状態の事を指します。16歳を過ぎても全く生理がない状態を「原発性無月経」。いったん初潮をむかえ、しばらくは月経がきていたのに、途中からなくなってしまった場合を「続発性無月経」と言います。 原発性無月経はちょっと置いといて、今回は続発性無月経について。ある日突然無月経になることは、妊娠を除けばあまりないんですね。たいていは、先に生理不順になり、徐々に周期が長くなって、気付いたら3ヶ月以上たっていたというパターン。無月経の前兆である生理不順を見逃さず、この段階で治療を開始していれば数ヶ月の治療ですむことも多いんですが、つい、放置してしまうんですよね。
 私が拝見した中で一番長い無月経は、何と前の生理から10年近くたっていました。こういったケースの場合、子宮も閉経後の様に小さくなってしまっていますし、骨も通常の6割位の密度になっていたりします。生理が来ないということは、女性ホルモンが不足しているということですから、単純に子宮や卵巣だけの問題ではないんですね。女性ホルモンは、骨や血管、もちろんお肌にも様々な働きを持っているんです。

 続発性無月経の原因は、生理不順の原因とほぼ同じです。色々ある原因の中でも、特に厄介なのが、極端に体重が減ったせいで生理が止まってしまう「体重減少性無月経」なんですね。別名「思春期やせ症」と呼ばれることもあります。名前の通り、若い女性に多いんですが、10代の頃の体重減少が原因で30代でも治療が必要な方はいらっしゃいますから、若い人しかならないわけではありません。

 体重が減るとなぜ生理が止まってしまうのか、分かりますか?体重が減るって事は、体に必要なエネルギーが不足しているということです。このエネルギー不足が続くと、体は「このままじゃヤバいぞ」と認識して、生命の維持に必要な機能を優先的に守ろうとするんですね。逆に、生命の維持に関係ない機能はストップさせて、エネルギーを節約しようとします。
 生殖機能は最も生命維持に関係ないばかりか、自分一人もまかなえない状態なのに妊娠なんてとんでもない、って状態なわけですから、脳は卵巣に命令を出さなくなります。命令がこなければ、卵巣は働きませんから、女性ホルモンも作られませんし、もちろん排卵も起こりません。

 この場合、まずは体重を最低限必要なレベルまで戻して、脳に生命の危機がなくなったと安心してもらわなければいけないのですが、いったん減った体重がなかなか戻らないこともしばしば。しかも、1度そのような危機感に襲われると、脳はなかなか安心してくれないんですね。だから、例えある程度体重が戻っても、卵巣に命令を出し始めてくれない事ってよくあるんです。
 脳が働いてくれなくても、ホルモン剤で必要な女性ホルモンを補い、毎月月経をこさせる事は可能です。お薬をやめる事はできませんが、体の機能を維持する事はできるんですね。
 でも、いざ妊娠を希望した時に、脳がまだ危機感を感じたままだと、なかなか排卵の刺激に反応してくれないんですよ。無月経の期間が長いと、子宮も小さく萎縮した状態だったり、ホルモンに反応しずらかったりするので、正直治療には苦慮します。

 いまや、どこもかしこもスリム思考で、普通の服を普通に着こなそうと思ってもかなりダイエットが必要だったりします。もちろん、適切な体重を保つための健康的なウェイトコントロールは大切ですが、マスコミに煽られて極端なやせ願望を抱くのは考えもの。どのくらいの体重が、自分にとっての適正体重なのか、きちんと把握しておくようにしてくださいね。
 大まかな体重の目安はBMIの計算式で割り出す事ができます。ただし、身長が150センチ以下の方には当てはまりませんのでご注意を。
  健康体重=身長(m)×身長(m)×22~23
  美容体重の限度=身長(m)×身長(m)×18
  危険ゾーン=身長(m)×身長(m)×16
 モデルさんやバレリーナ・新体操の選手など、職業柄どうしても体重制限が必要な方達にも、BMIが18以下にはならないように注意を促したりします。
 「子供なんていらないから」「生理がないほうが楽だから」なんて言わないで、将来後悔しない為にも、ちゃんと自分の体をいたわってあげましょうね。

 


 
★「健康でしかいられなくなる7つのステップ」無料配布中
  PDFファイルのダウンロードになります→無料ファイルダウンロードはこちらから


★薬を使わず病気をやめる方法や妊活カウンセリングも承っております。
 カウンセリングをご希望の方は、メールかお電話でお問い合わせくださいませ。
   お問い合わせ先:045-440-5577(予約専用電話) info@vivalita.com


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
メルマガ発行中です♪
 
  「子宮癌検診で『異常あり』って言われたんだけど・・・」
  「不妊かもしれないけど受診したほうがいい?」
  「筋腫が見つかって『子宮をとりましょう』って言われてしまった

 そんなあなたのお悩みに、現役婦人科医がお答えします。

   メルマガ登録はこちら♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Dr.NAOMIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント