ミャンマー国内自動車運転免許証 | yin yin chaw 通信

yin yin chaw 通信

ミャンマーと日本を様々な角度から見ていきたいと考える司法書士佐藤佳子のブログです。


テーマ:

【1月6日】


取っちゃった。

image

ミャンマー国内の自動車運転免許証。


ミャンマーの運転免許証には血液型まで記載されるんですね~。へえぇ。


今日は大学の授業が無いということで、朝から運転免許センターに友人と出かけました車


ミャンマー人の友人に場所や手続きに必要なものを聞いたら、「自分の時は、友人に取りに行って貰った」とのことはてなマーク


何でも、教習所に通い、試験を受けて合格した証明書と身分証明書、写真などを友人に預け、運転免許証を申請してもらったとのこと。


「仕事で行けなかった」と友人は言っていましたが、サインは他人が書いても免許証を交付してくれたらしい汗


さすがミャンマーあせる


私は自分で申請に。


image
日本で言う「運転免許センター」。免許証の交付をしています。


免許センターには、ブローカーが沢山いて、「余計な書類を追加したり、待たされたり、もちろん高額の費用を要求されたりするから気を付けるように」と注意を受けていましたが、何度も来たことのあるという知人についてきてもらっていたせいか、誰にも声をかけられませんでした。


ブローカーがどんな条件を提示するのか、チョット期待したのにダウン残念。


入り口には、ライセンスの種類が表示されていました。

image


これは、手続きの順番を示す案内版。

image


①形式を埋める(用紙に書き込む)

②審査

③費用の支払い

④免許証の交付

という流れらしい。


まずは、受付へ。

image


「会社から許可書をもらってこい」と言われましたが、今の私の身分は学生なのでそんな書類はありません。


最終的に、私が要した書類は、

①パスポートの原本とコピー

②ビザのコピー

③国際運転免許証の原本とコピー

④日本国の運転免許証の原本とコピー

⑤写真2枚(背景がブルーでなければなりません)


だけです。


4年間通う許可が出ている大学の入学許可証の写しと

ヤンゴンに暮らしていることが分かるアパートの賃貸契約書の写しも持参しましたが、

いらないと言われました。


そして、最初に記入したのは、こちら。

image

「自分が外国人で、運転する技術があること、交通ルールを知っていること」などを自己申告あせる


一緒に付いてきてくれた知人がスラスラと書いてくれました。

image
「さすがミャンマー人書くの早いなぁ~」と関心する私。


当たり前だけどね(^^;あはは。


サインするだけのひな形など用意されておらず、「ここに見本があるから写真を撮って見ながら書け」と言われて見せられたのは、中国人が申請したときのもの。名前もパスポート番号も、個人情報なのにマスキングもせずに、勝手に見本にされていましたあせる


外国人向けの入り口には、必要書類が掲示されています。

image

これは、国際運転免許証を所有する方向け。


取得にかかる費用も記載されています。


国際運転免許証を所有していない方はこちら。

image


何が違うかというと。


国際運転免許証を所有していない方は、

「運転の確認」があるとのこと(?。?)


とういう意味なのか、一緒に来てくれた知人に聞いたら、

運転できることを確認するために「運転して見せる」のだそう。


その費用が1万チャット(約千円)

そして使う車両の使用料が1回2千チャット(約200円)

追加でかかるらしい。


一緒に行った日本人の友人が聞いた話では、エンジンをかけただけで、その「運転して見せる」確認は終了するらしい汗


記入した書類を持ってまた受付へ

image


次は、審査とお金の支払いです。


申請書を渡され、空欄を埋め、写真を貼ってサイン。

image


ミャンマー人が並ぶ中、外国人は優遇され、「ずる抜かし」的に呼ばれるので、手続きはスムーズに進みますあせる


お金を支払い。

image


全部で55200チャット(約5,520円)


領収書を受領。
image

そして「30分待つように」と言われましたが、20分程で運転免許証が交付されました。


何度も待たされたり、書類で揉めて、一日かかるかな~と思っていたのに、知人のおかげで到着から2時間もかからずに手続き終了ビックリマーク



国際運転免許証の有効期間は1年間ですが、それを持って行くと「5年間」有効のミャンマー国内運転免許証に切り替えてくれます(笑)


帰りにDICA(日本でいう法務局のようなところ)に書類を取りに行きました。
image

同じ敷地にMIC(ミャンマー投資委員会)も入っています。
image

入り口で身分証明書の提示が求められるので、早速運転免許証を使用ニコニコ

image

シールを貰って、ここで働く知り合いのお姉さんのところへDASH!


image
滞在中、このシールを体の見えるところに貼らなければなりません。


お昼ご飯中でしたあせる

食事の邪魔をして、書類を出してもらいましたあせる


今日も現地の方々に沢山お世話になりましたm(_ _)m


yin yin chawさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス