Lesson 68 『色氣のあるカラダ』その3 | 『高堂巓古 Officia Blog』
Wed, October 20, 2010

Lesson 68 『色氣のあるカラダ』その3

テーマ:軀(中級編)

Body Work 中級編  < 色氣のあるカラダ  < 第三レッスン




こんにちは、♪草こーち♪ ですテニス

どうぞ、お楽にお茶





☆.。.:*・°美 Tenni Style ☆.。.:*・°

(於 自由ヶ丘)





*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


▼いつもワンクリックありがとうございます合格


☆.。.:*・°美 Tenni Style ☆.。.:*・°   ☆.。.:*・°美 Tenni Style ☆.。.:*・°


はじめましての方は人氣記事 からどうぞ♪現在は中級編 を日々更新しております。初級編 からお読みいただくと、人生踏み外……、否、人生が好転すると思いますクラッカー


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




陶器をつくるまえにまず、

人間をつくることである。

名器は名人からうまれる。


-北大路魯山人



【Key Words】 腰仙関節 伸びの共鳴





☆.。.:*・°美 Tenni Style ☆.。.:*・°

▲読者登録


花は心、種は態(わざ)なるべし。 -世阿弥

どうなっても知らないよ(笑)。





すっかり秋めいてまいりましたもみじ



この時節から、カラダは寒さに対処しようとし、左側から骨盤を縮めはじめます。

骨盤を縮めてお腹が冷えないようにしているのですね。




さて、前回は歯のかみ合わせから、カラダを視てまいりました。





渓流のなかの小石をすこし移しただけで、流れが変わることがあるように、カラダのなかのおさえるべき処を変えると、カラダ全体が変わることは少なくありません。


世阿弥の『風姿花伝』第七、別紙口伝には、



花と、

面白きと、

珍しきと、


これ三つは、同じ心なり。



とございます。人とは異なる角度で、色氣が香るというのが粋なのかもしれませんね。




☆.。.:*・°美 Tenni Style ☆.。.:*・°-photo.JPG



さて、今日もやってまいりませう本





人は容(かたち) を視たとき、無意識にその容の動く範囲をイメジします。

そして、そのイメジをほんの少しだけこえたとき、人はその容に色を感じるのだとおもいます。



例えば、繊細なボディラインのバレリーナが、精一杯カラダを伸ばし、鳥のように伸びはねする姿を視て、人は美しいと感じるのです。



逆に、鎖骨が東西に29メートル伸びるおばちゃんとかは色氣というよりも、奇怪にうつってしまいますよね(笑)。

永い鎖骨がドアにひっかかって、中央線にもご乗車できません……ハートブレイク





やはり、ほんの少しだけ人様の期待を上まわるというのが大切なのではないでせうか。





人は自分を立てようとしても、なかなか立つことができません。

それよりも、人様を立てていると、いつの間にか、自分が人様に立てていただいているものなのです。


この人様を立てるとき、ささやかながら、良い方向に期待を裏切るという感覚を忘れないようにしていきたいですね。




ペタしてね




では、人の期待を少しうわまわるカラダとは、どういうものかまたお伝えしていきます。




華奢(きゃしゃ)なカラダの方でも、まず骨盤(パワーハウス) がしっかりしていさえすれば、末端にある手足が自由に動かすことができ、人様に与えるカラダの印象をこえることができます。



腰という字の右側は、要(かなめ)と書きますよね。



カラダの要をまず知ること、そこから一流アスリートのカラダはうまれるのです。

プロアスリートやプロコーチはつよさだけでなく、色氣がなければならないと私は考えています。

このブログは、そのささやかなあらわれでもあります。





骨盤については、今まで何度となくお伝えしてきました。


骨盤でその人のカラダ年齢というものがわかって しまいましたよね。

腰椎骨盤リズム というものがあって、呼吸 をする度に、仙骨は動いているということでした。




なんとなくでよいから、想い出してみていただけたらとおもいます。

要はですね、腰仙関節をドアとかんがえた場合、腰椎五番と仙骨というのは、蝶番(ちょうつがい)なんですよ。




☆.。.:*・°美 Tenni Style ☆.。.:*・°-photo.JPG



息を吸うと、ドア(仙骨)が白い壁(背中)側にひらいていき、

息を吐くと、ドア(仙骨)はしまります。


簡単に申し上げると、これが腰椎骨盤リズムです。




【宿題】 腰椎骨盤リズムを感じる。


静かな場所で、深く呼吸をしなさい。

このとき、ご自身の仙骨が呼吸と共鳴して、どのように動いているのか感じること。


▼リズムを感じられた方はワンクリック♪


フォローしてね





息をはくとき、蝶番(腰仙関節 )はとじ、腰が伸びます。

腰はカラダの要でございましたから、腰が伸びると、全身の伸筋スイッチがオンになります。



このときに、全身が伸びるような動きをすると、色氣というのはうまれるのです。




手足の伸筋だけでなく、腰の伸筋も一緒に動かすことによって、カラダ全体で表現するということがはじめてできるのではないでせうか。



このような情態を草コーチは、





伸びの共鳴





と呼んでいます。



伸筋が共鳴することによって、はじめてカラダは となるのです。

よりつっこんだ話は、次回のレッスンで。



読者の皆様と一緒に勉強させていただいてきて、話す内容に少しずつ味つけすることができるようになってまいりました。



嬉しい限りです。





Say it with Flowers.

(花もて語れし)




Good Day♪



Reference


整体かれんだー―旬な身体になる/片山 洋次郎

written by
JPTA(日本プロテニス協会)
USPTA(米国プロテニス協会)公認コーチ
♪草こーち♪



ペタしてね




【編集後記】


☆.。.:*・°美 Tenni Style ☆.。.:*・°

ブログデザイン を変えさせていただきました。

自己紹介やベスト記事も変えて、よりシンプルにしたつもりなのですが。。。(笑)


なかなかパソコンというものは難しいですね。

こんなこと言うから、最近、僕は十代の生徒から「昭和の人」とからかわれているんです汗



昭和、なめんなよ!ドキドキ



<関連記事>

・ひとつまえのレッスン。
・この技をつかうと、すぐに色氣アップできますよ。

・美人の条件をまとめています。






高堂 巓古さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント