新年のご挨拶 1月8日(2020年)
新年明けましておめでとうございます。お健やかに爽やかな新春をお迎えのことと存じます。
昨年は元号も令和に改まり、新しい時代の始まりを感じた内科医SATO(VitaminnSATO)でした。
そして、当クリニックがある北海道札幌では観測史上初の「少ない雪」。
こんな年もあるのだと思っておりましたが…、いやいやそんな穏やかな状況ではありません。
積雪がないことで困っている方々も多数いらっしゃることと思います。


大通公園の雪まつり、雪がなくて雪像が作れません!
アルペンスキー大会や各種雪のイベント、開催できません!

確かに雪がないと運転も楽だし、交通の便も問題ありません…。

でも、でも 札幌は一月は白くならなければならないんです。

それでも車は動くし、電車も動く、飛行機も飛ぶ、そういう土地なんです。
例年通りの白く美しい銀世界が札幌、北海道に広がることを望みます。
これが2020年に入り、初めに思ったことです。

さて、医療業界でも令和になり様々な変化が起こっています。
人工知能(AI)などのコンピューターが医療現場に加わってきております。
治療を受ける側「人」と治療をする「人」があたり前ではない時代がやってきました。
技術が進化し、医療が進化していくのは最も望むことではあります。
でも…僕は「人と人とのつながり」「あたたかみ」を大事に、
パソコンのモニターでは伝わらない「その人だけの何か」を感じ取れる医師でありたいと思っております。
そして、それは当クリニックのスタッフも同様です。


患者さまのことを考えるのはもちろん
つらい症状を治すことだけではなく、
その方のライフスタイルに合った
その方が望まれる健康と生活。
スタッフ一人一人が考え、最善をご提案できるようなクリニックへと。


その一つの取り組みとして…令和1年から
「当クリニック内での勉強会」を始めました。
講師は…はずかしいけど「僕・内科医SATO」です。
少しだけ愚痴っちゃうと、治療と勉強の合間に、スタッフ向けの資料を作るの、、結構大変なんです…。
大変でも
でも、
でも!!!
でも!!!!

スタッフ全員が同じ知識を持ち、それぞれが勉強し、それぞれが向上していく。
そして患者さまのためにその知識を提供する。ならば作ります!!!
当クリニックが目指す「医療」は、こうあるべきだと思います。

えっ??内科医SATOどうした??って思います??
たまにはまともなことやるし、書きますよ!!笑
だって、「医師」ですから。

その勉強会の様子は時を見て皆様にも公開できればと考えております。
今はそっと前触れだけ…「抗加齢医学」の勉強会を開催しているんです。

令和2年のご挨拶は、少しだけステップアップした桑園駅前内科クリニックのお話でした。
 

桑園駅前内科クリニック

保険診療サイトは→こちらから

自由診療サイトは→こちらから