幸せ人材コンサルタント

幸せ人材コンサルタント

女性活躍推進/女性人材活用/就職支援/転職/再就職サポート・キャリアカウンセリング・キャリアコンサルティング
ドリームマップ・キャリアコンサルタント更新講習/ジョブカード講習/各種セミナー/電話相談/


こんにちは。

幸せ人材コンサルタント 横山秋子です。

 

 

長い梅雨が明け、

本格的に夏がやってきました。

 

洗濯物がカラッと乾いて嬉しいですね。

子育て中のCMCスタッフも

毎日、洗濯機を3回転させて頑張っています。

 

お天気に関係なく

家事は待ったなしですから爆  笑

 

 

+++

 

 

さて、マスクも夏素材に衣替えし、

少しでも過ごしやすいようにと

工夫する毎日。


 

就職の選考試験は

オンラインの面接も増えてきました。

 

マスク生活に慣れ、

表情筋が強張っていませんか( ^ω^)

 

そこで、

CMCの面接対策講座では

 

オンライン面接も怖くない

面接コミュニケーションをテーマに

笑顔笑声トレーニングを実施しました。

 

 

参考にさせていただいたのは、


関西テレビ放送アナウンサー

石田一洋さんの著書

「一生モノの伝え方が身につく 説明の技術」

 

 

 

一般の人でも真似できるプロの技を中心に、

「説明の技術」を紹介くださっています。

 

アナウンサーが使ってる、

感嘆だけど100%伝わる話し方は

一生役立つスキルですね。

 

+++

 

もちろん、面接対策だけではありませんが、

今回講受講生のみなさんと一緒に

取り組んだのは

 

【イウイウ体操】

*以下『』内は本文より引用

 

 

『やり方は簡単で

「イ」と「ウ」の口の形を交互に繰り返すだけです。

 

ポイントは「イ」のときは、

首筋あたりの筋肉が動くこと

意識して口角を上げます。

「ウ」のときは

力を入れながら口をすぼめます。

 

大事なのは、目や額も一緒に引き上げて、

顔全体の筋肉も動かすこと。

これによってより効果が見込まれます。』

 

面接は誰もが緊張する場面。

 

『真面目な話をするのに

笑顔は適さないと思う人が

いるかもしれません。

しかし、真剣な表情とは

無表情なことではありません。

熱心な眼差しで口角がしっかり上がっていれば

印象はとても良くなります。』

 

 

 

次にユニークなのが

顔の「あるパーツ」を意識することで

良い印象につなげる方法です。

 

【眉毛のトレーニング】

 

実は眉毛は顔の中でかなり

印象を左右するパーツなんだそう。

 

特にマスクの上の存在感は

大きいですね。

 

『実際、表情分析の第一人者と言われる

心理学者のポール・エクマンは、

顔の中で最も感情を表すのが眉毛だと

語っています。』

 

 

『①両手の人差し指、中指、薬指を使って

左右の眉毛に指を添え、

細かく上下に動かしながら

ほぐしてください。(約20秒)

 

②同じように、眉毛の少し上の部分に

移動してほぐしましょう。(約20秒)

 

③同じく、前髪の付け根あたりの

金肉もほぐします。(約20秒)』

 

 

最近は体を動かす機会が減ってきました。

 

石田さんがお勧めなのは

ドライヤーで髪を乾かしながら

眉毛を上げ下げするというもの。

 

すき間時間を活用して

習慣にすると良いですよねニコニコ

 

 

 

詳しくは↓

石田一洋さんの著書

「一生モノの伝え方が身につく 説明の技術」

 

 

 

水分補給や温度調整に

気を付けながら

暑い夏の就職活動、

頑張りましょうビックリマーク

 

 

 

 

 

 

◆職業訓練・国家資格更新講習

◇求職者支援訓練 「総務経理事務・パソコン会計・オフィスソフト実践科」 5か月コース

キャリアコンサルタント更新講習

◆あなたの様々な課題に対してパワフルに、楽しみながら、課題解決、
 目標達成をサポートします。

◇ワンディ☆ドリームマップ (ワークショップ)
◇カウンセリング・コンサルティング
◇ボイスマルシェ(電話相談)

 

 

 

 

 

■弥生カレッジCMC■

                     

 

こんにちは!
「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする
幸せ人材コンサルタントの横山秋子です。

 



各地で記録的な雨が続くうえ
感染症の広がりもあり、
まだまだ気の抜けない連休ですが、
いかがお過ごしでしょうか。


今日もキャリアコンサルタントの視点で
夢を叶える「人生のリニューアル」のヒントを
お伝えしてまいります。

 


 

 今朝の自然治癒力学校の無料メルマガ

「日常セラピー」の記事です(^'^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇朋花さんのキャリアストーリー◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『常識とは、18歳までに積み重なった、
偏見の累積でしかない 』

世界的な偉人である
アインシュタインの名言です。

18歳までなら

ほとんどのかたが
家庭と学生生活のなかで
「常識」が作られたことになりますね。



+++

朋花さん(50代)は、
独立系のファイナンシャルプランナー。

大手都市銀行の窓口業務を経験後、
ファイナンシャル・アドバイザーとして
生命保険会社へ転職。
上級アドバイザーに最短で昇進しました。


学生時代からの夢だったFP事務所を
起業し、10年が経とうとしています。



朋花さんの両親は厳格な高校の教員でした。
幼いころから、先生や周囲の大人に
「しっかりしてるね」と
言われ続けました。


「自分のことは自分でやる」
「人に迷惑をかけてはいけない」

それが朋花さんの「常識」でした。

クラブ活動も、勉強も手を抜かない優等生。
セルフイメージは「しっかりものの私」


ところが、
朋花さんが高校生のころ父が急逝。
古くなった保険契約の
見直しを検討していた時期でした。

そのとき、
無知であることの怖さを知り、
FPという資格に興味をもったのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇部下の育成◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女性の管理職が
まだまだ少ない時代に、
ファイナンシャル・アドバイザーとして
キャリアを積み
35歳で支店のマネージャに抜擢されました。

ですが、
社内にはロールモデルがいません。

男性管理職は
プライベートな時間を犠牲にして
働くのが当たり前の時代だったのです。


管理職としての最初の壁は
部下Aさんの教育でした。


接客時にお客様の顔を
ちゃんと見ないAさん。


お客様の顔ではなく
資料だけを見て対応しているので
心はこもりません。

忙しくなると、お客様を
“さばく”ことに
意識が行ってしまっているのです。

そして、
そのような対応がつづき、
クレームになってしまいました。

Aさんには何度も
注意を重ねましたが、
改善が見られません。


だんだんと朋花さんは
自分を責めるようになりました。
「私は管理職に向いていない…」


課長に相談すれば
何らかのヒントがもらえるかもしれません。

でも、これは私の仕事。
課長をわずらわしてはいけないと、
ため息ばかりついていました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇迷惑かけていい◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社帰りに解決策を求め、
立ち寄った書店で、
高校時代の友人の
梓晴さんと再会しました。


思いつめた様子に、
「どうしたの?何かあったの?」

梓晴さんの温かい笑顔を見ると、
涙が溢れてきました。

そのまま、
近くのティールームに場所を変え、
ずっと抱えていた苦しさを
打ち明けたのです。

「私は管理職に向いていない…」
そして、Aさんとのことも。

「その話、上司にしてみたの?」

「ううん、この程度のことで
課長を煩わせてはいけないと思って。
『いつも部下に仕事が中断されて
捗らない』と言ってるもの。」



「でも、この程度が、
そんなに苦しかったんでしょ」

また、涙が滲んできました。

「あのね、迷惑かけちゃいけないと
思っているあなたは
同じように自分も迷惑を
かけられたくないと思っていない?」

「でもね、迷惑ってかけてもいいのよ。
うちのお祖母ちゃんが
いつも言ってるもの。

私たちはどれだけ頑張っても
人に迷惑かけながらしか
生きていけない。」

「私たちは互いに迷惑をかけたり、
かけられたりして
支え合っていけばいいって。」

それは、
「迷惑かけてはいけない」と育った
朋花さんには
衝撃的なことでした。



+++


翌日、Aさんのことを
思い切って課長に相談。

すぐに“システム”を見直し、
仕事量をコントロールして
接客に余裕を持つようにしたのです。

すると、
少しづつお客様の顔を見て
接客出来るようになっていきました。


あの時、
すぐに相談していれば
Aさんだけでなく
チームにとっても

早くに良い変化をもたらすことが
出来たと思うのです。

管理職としての役割を理解し、
思い込みに捉われていたことに気づけた、、
忘れられない経験となりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇常識を見直す◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あれから15年が過ぎ
コロナの感染拡大を期に
今までの常識が一挙に
見直されはじめました。

そして、
ビジネスモデルが変わり、
世界規模で大きな変化が
起こっています。


今さらなんて言っていられません。
50代の今だからこそ、自分のなかの
「常識」を見直してみましょう。



「私たちは互いに迷惑をかけたり、
かけられたりして
支え合っていけばいい。」

そんな風に
肩の力を抜いて生きていけば
随分楽になると知った
あの時と同じように。




◆「人生のリニューアル」のための
今日のヒント

自分の弱点をさらけ出さずに
人から利益を受けられない。

自分の弱点をさらけ出さずに
人に利益を与えられない。
 
         - 夏目漱石 -


++++

 

50代 梓葉さんのキャリアストーリーはこちらから↓

①    50代 幸せキャリアの分岐点
https://ameblo.jp/vitamin-counselor/entry-12579451812.html?frm=theme

②    50代 幸せキャリアのシンクロニシティ
https://ameblo.jp/vitamin-counselor/entry-12585914636.html

③50代 コロナ前とこれから~幸せキャリアのつくりかた~
https://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryupdateinput.do?id=12593299822

④50代 パートナーと出会いなおし「新しい日常」へ
https://ameblo.jp/vitamin-counselor/entry-12599860234.html?frm=theme

⑤50代 最後の晩餐は誰と過ごしたいですか 
https://ameblo.jp/vitamin-counselor/entry-12606329028.html



それでは、
今日も豊かな1日を!

 

 

 

◆弥生カレッジCMC修了生

インタビュー動画はコチラから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆職業訓練・国家資格更新講習

◇求職者支援訓練 「総務経理事務・パソコン会計・オフィスソフト実践科」 5か月コース

キャリアコンサルタント更新講習

◆あなたの様々な課題に対してパワフルに、楽しみながら、課題解決、
 目標達成をサポートします。

◇ワンディ☆ドリームマップ (ワークショップ)
◇カウンセリング・コンサルティング
◇ボイスマルシェ(電話相談)

 

 

 

 

 

■弥生カレッジCMC■

                     

 

こんにちは。

幸せ人材コンサルタント 横山秋子です。

 

 

以前の記事にも書いたのですが、

2025年国民の4人に1人

75歳以上という

超高齢化社会を迎えます。

 

 

介護・医療現場の人員不足が

懸念されるなか、

昨今では20代の若者が、

介護の担い手となり、

就職するタイミングを

逃すケースが見受けられます。

 

弥生カレッジCMCの修了生

早織さんも、そのおひとり。

 

 

入校までの思いから、

訓練を受講されてどのように成長され、

現在の就職に至ったのか

お話をうかがいました

 

インタビュー動画

 

 

 

 

 

 

 

【インタビューより】

 

明るく誠実な人柄の早織さんは、

大学在学中に 同居するお祖母さまの

介護のため2年休学しました。



その後、無事に卒業したのですが、

ご家族の事情により
就職ではなく介護を担うことを決心。
心をこめてその役割を果たしたのです。



そして、大学卒業から5年、

大好きな祖母を看取り、転機が訪れたのです。

 

 

 

+++

 

 

その後、

早織さんは就職準備のために

職業訓練の受講を決めました。

 


家族以外との交流は久しぶりで、
緊張して入校式に出席しましたが、
不安な気持ちはすぐに消えていきました。

 

毎日の生活リズムも整い、就職に役立ちそうな
簿記やパソコン会計の資格を目指すことに。

 
クラスメイトと親しくなるにしたがって
一緒に学ぶことの楽しさを知り、
刺激しあいながら目標の資格も取得。

 


とても幸せな5か月があっという間に過ぎ、

充実感に満たされながら、
皆勤賞で修了式を迎えたのです。


 

修了後すぐに弥生カレッジCMCの

有期のアルバイトスタッフとして勤務。

 

電話応対やコピー機の操作まで

オフィスワーク初心者として

学ぶことがいっぱいでした。

 

 

 

さらに、

テキストの校正や講師のアシスタントまで

幅広い業務に携わり、

契約の8か月が終わりに近づいたころ、

 

念願の経理職で就職が決まったのです。

 

 

+++

 

介護のブランクを

チカラに変えた早織さん。

 

 

インタビューからも、
現在の職場でのびのびと活躍されている
様子が伝わってきます。



お祖母さまも、
社会人になった早織さんを
見守ってくださっていることと思いますキラキラ

 

 

 

 

◆弥生カレッジCMC修了生

インタビュー動画はコチラから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆職業訓練・国家資格更新講習

◇求職者支援訓練 「総務経理事務・パソコン会計・オフィスソフト実践科」 5か月コース

キャリアコンサルタント更新講習

◆あなたの様々な課題に対してパワフルに、楽しみながら、課題解決、
 目標達成をサポートします。

◇ワンディ☆ドリームマップ (ワークショップ)
◇カウンセリング・コンサルティング
◇ボイスマルシェ(電話相談)

 

 

 

 

 

■弥生カレッジCMC■