お産の準備グッズ

テーマ:
やっと注文して、届いたものがこちら。

{0B301D5C-94B3-4341-BE97-BD93BE0E4005}

日本豊受自然農の「すりこみ油」
会陰マッサージにカレンデュラが入ったこの安心オイルで毎日マッサージしたおかげか、前回は3700gを3時間半で生んで初産で会陰切開なし!今回はマッサージのスタートが遅いのだけど、どうぞよろしくって感じ。

せんねん灸太陽は火を使わないお灸。3時間持続します。これを三陰交という足首ツボ貼り、靴下を履いてお産しました(病院に提出するバースプランに記入)。肩凝ると母乳もでなくなりやすいので、その対策も含めて24個入り購入。

前回とほぼ同じグッズに頼るのは、前回とても楽しいお産だったこともあり、願かけの意味もこめて。

願いよ、届け〜〜
AD
ゆるゆると第二子誕生に向けての準備中音譜

今日はウールのおむつカバーの防水処理と布おむつを洗うことをやりました

ウールはラノリンという油があることで、防水になっています。ところが、洗濯を普通にしてしまうと、油がおちて、防水が甘くなります。

そこで、ラノリンをまた染み込ませます。といっても、私が使っている「ユーカラン」というラノリン入りの洗剤は、浸し洗いをして、すすがずに干すだけ。実にラクチンラブ

参考になりました下矢印

手持ちの全部洗ってみた!

{03AB19B6-FD64-4486-A729-540CFF341622}

干し過ぎ… (おむつとライナーは「海へ…」という別の洗剤で洗っています)。
{5FCA3272-A997-4F01-8544-4424B6BB3DB3}

さて、洗濯関係はこれで終わりグッド!

この程度でも、張り切りすぎたのか午後はダウンカゼ
計画性っていうものがいつになったら身につくのか…あせる

AD
今回の妊娠でも、私のことを支え続けてくれているのはこれ晴れ

{0DDAE18F-5F10-4894-B84B-3430E5BF8497}

サラシの腹巻。昭和な感じ!? 

でも、夏は汗を吸ってくれていたし、冷えないし、サイズアップにも柔軟に対応できるし、洗ってもすぐ乾くし、良いことばっかりアップ

前回の腹帯は、お灸を教えてくれた助産院で巻き方を習っていました。腹帯って言うけれど、お腹に巻いてたら

「それじゃ、おっさん巻き〜にひひ

と教えてもらったっけなぁ、良い思い出クローバー

このサイトがどう巻けば良いのかの参考になります。


今回は、前回やらなかった出産後にもサラシで、体のサポートをしようかと思っています。

まずは出産までよろしくね、さらしちゃんラブラブ


ちなみに、合計3本でまわしています。
AD

脳のタイプで片付け

テーマ:
片付け教室を通じて、ライフオーガナイザーの方に家に来てもらい、アドバイスをもらう機会がありました!!

私は右右タイプといって、ざっくり収納、感覚派、見えないとないことにしてしまう、といったことを教えてもらいましたグッド!

一方、相方は左左タイプという診断だったのですが、まるで当てはまらず、むしろ、片付け方法は私と同じ方がうまく行くかもはてなマークということでしたビックリマーク

そのことを教室で講師の方に話したら

「まぁね、脳のタイプは参考ぐらいにすればいいのよ〜ニコニコ

と言っていただき、それもそうだなと気が軽くなりました。

マニュアル通りにいかない…と焦ることなく、自分の観察眼を信じるってことかもしれません

お陰で、大変使いやすい家になりつつあります。自分で超えられない時は、ちょっとプロや他人の客観的視点に頼るのもいいですね

縦のものを横にするだけでも大きく違うことを学びました。

小さなことも大事。でも、こだわりすぎないのも大事。何事もバランスですなクローバー

私を片付け教室に導いた本

テーマ:
私が片付け教室を知キッカケになった本がこれ。

{27A47C79-E335-4B93-8307-8802CED1F3A2}

「あなたのお部屋がイライラしないで片づく本」

アドラー心理学の本を読んで、納得したことがあり、それと片付けをどう結びつけたか興味がありました目

すぐに読み終わり、著書の丸山さんのブログを覗き、そこから彼女の所属する協会のHPを覗き、同じ協会員の1人のブログから、片づけ教室を知った… だったかな? なんだか、眠れずにネットサーフィン波していたら導かれたのが参加した教室でした。

今更、この本を読んでそうだよなぁ〜って思ったこと。それは、

片付かない状態であり続けることで、何らかのメリットを自分が感じているから片付かない

ということ。

何かマイナス状態が続き、それを打破しようとしているのき、なんだかぐるぐると同じ状態でいるとき、深層心理で自分がそこに居続けたいと思っているかもしれないと思うと… 

私は、なーんだ、私がそうしたいんだ  だったら、飽きるまでそうしてようかな。と思えました。

ダメだ、ダメだと自分を責めるより、結局、道が早く開けるようになった気がします。

ダメな自分も私、頑張ってる私も私、そう思えたのです。