毎日の積み重ねが自分を変える | 金沢で失敗したくない社長のお金の不安を経営計画で解決する税理士 山下慎一のブログ

テーマ:

Vol.365

 

 

 

2018年5月7日から

ブログを毎日書き始め

本日で365日達成しました!

 

 

 

昨年の5月1日に

板坂裕治郎師匠

ブログセミナーに参加し

 

 

 

そこからブログを毎日書く

という生活が始まりました。

 

 

 

サラリーマン時代と違い

経営者になってみると

 

 

 

時間やお金の使い方や

お客様と契約するか否かなど

自分で決められる環境です。

 

 

そういう環境では、

自由であると言えますが

反面で、嫌なことを避け、

楽な方へ進むこともできます。

 

 

 

経営者の考え方次第です。

自律できている経営者であれば

いいですが、そうでない場合は

易きに流れてしまいます。

 

 

 

当時の私は、

仕事はまずまず順調であり

ブログで売上を増やしたい

というよりも

 

 

 

今までやらなかったことを始めよう

厳しい環境に身を置いてみよう

という、何か現状を変えてみたい

そんな感覚の方が強かったように思います。

 

 

 

これまで文章を書くことが

好きではなかった私にとって

いざブログを書き始めてみると

 

 

 

内容もさることながら

毎日休まず続けるということは

簡単そうでこれがなかなか大変でしたあせる

 

 

 

毎日いろんなできない理由

自分の心に生まれてきます。

 

 

 

急な仕事が入った

ブログを書こうと思ったら

子供に遊んでほしいとせがまれる

予定通り時間を確保できない など

 

 

 

ただ、これらのほとんどは

できない理由ではなく

やめたい理由ではないのか?

 

 

 

1年続けてきてみて

そう感じます。

 

 

 

やめたら楽だろうなとか

考えたことは正直あります。

 

 

 

私がブログを

書いても書かなくても

誰も困りません。

 

 

 

妥協してやめるのか

続けるのか

決めるのは自分です。

 

 

 

しかし、実際には今日まで

やめずに続けています。

 

 

 

そこには、ブログは仕事だという

裕治郎師匠の言葉があったから。

 

 

また、ブログは、

読んで下さる読者のために

何かしら役立ててもらいたいから。

 

 

 

日記ではなく、仕事として考えれば

簡単に投げ出せるものではありません。

 

 

 

ここでの向き合い方が

他の仕事にも表れてくると思います。

 

 

 

また、

一緒にブログを書いている仲間や

ブログ読んでますとか

毎日すごいですねと

仰っていただける方々、

環境を作ってくれている

家族の存在も大きいです。

 

 

 

自分一人でただ書いているだけでは

諦めていたと思います。

 

 

 

毎日自分と向きあい

日々感じたことなどから

役に立つことを書く。

 

 

 

1年続けてきて

公私も含め自分自身の考え方が

少しづつ変化してきたように感じます。

 

 

 

今日で当面の目標であった

1年を迎えました。

 

 

 

もちろん、今日でやめるつもりは

ありません。

 

 

 

会社が決算日を迎えても

それで終わりではないのと一緒です。

 

 

 

明日からは2年目の1歩が

始まります。

 

 

 

読んでいただいている方に

感謝をしながら、

より役立つ記事を書けるよう

続けていきます。

 

 

 

今後とも宜しくお願い致します。

山下慎一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ