Blog

Blog

食ベることは生きることそのもの
健康な体を作るには毎日の積み重ねが大事です。

9/11にメールマガジンにて配信させていただきました。

こちらでもご紹介させていただきます。

 

リチャード先生のメルマガです。

 

 

┌┐──────────────────────────*
└■ 読んで得する犬のお話『犬のもっとも大切な時期?その4』
────────────────────────────*


今回も前回の続きです。

今回は犬にとってもっとも大切な時期である
「社会化期」からです。

・「社会化期」

生後50日あたりから90日頃までが子犬の社会化期となります。

この最も大切な時期、
子犬の生後2か月から3か月の間のほんの短い間です。

この短い間にも子犬は精神的にもどんどん成長をみせます。

犬は行動から学んでいく動物です。

親や兄弟犬、また飼い主との生活の中で身に付いてきた
行動なども進歩し、感情面もより豊かになり表に出すようになります!

例えば、遊びで唸ることをしてみたり、
また動きについても、防御や攻撃の行動をみせたりと。

そんな姿に飼い主さんは
「こんな子犬なのに唸った!!」と心配になったりしますよね!!

しかしこれは成長過程では普通のことなのです。

もし遊び中に興奮して唸った場合は、遊びが終わってしまえばいいし

ごはんを待たせている時に吠えたらごはんが出てこなければいい。

どうすれば自分にとって良いことが起こるかを把握させればいいのです。

性格的変化も飼い主に分かるように現れてきますよ!
何かに依存し執着をみせたり、

色々と興味を示し全てにおいて自分で確認する
好奇心旺盛な性質が出てきたりと!

この社会化期の出来事や、子犬が経験することは
全て後々まで影響し、犬の一生を左右するくらい大切な時期なのです。

それがたった2ヶ月間というからびっくりですよね!

あ!っという間です!

この短い期間に飼い主がやらなければいけない事は
それこそ沢山あるのです。

まず人間社会の中で暮らすにあたり、
色々なものに慣れておく必要があります。

色々な場所に連れて行き、出来るだけ多くの経験をさせるのです。

子犬に五感の社会化をさせるのです!

この時期には100人以上の老若男女に会わせろとよく言います!



赤ちゃんから髭をはやした怪しく見えるご老人などあらゆる人!

人間同様に犬にとっても、怪しいと思える人や見た目の怖い人は怖いのです!

急な動きをする人間の子供や、反対に
もの凄くゆっくりな動作のお年寄りにも犬は反応します。

その他、制服来てる人、工事現場の人など・・・。

また、車やバイク、電車など、生活するうえで必ず出くわすものには
慣れさせておく必要があるのです。

目で見て確認させ、匂いで確認させ、音で確認させる、

あるいは口に入れて確認させたり、触れてみて確認させるなど。

五感を使って経験させましょう。

たくさーんの人に会わせ触ってもらいましょう。

あくまで経験は無理にさせず犬にとって
いつも良い経験となるようにしてくださいね!!

肯定的な経験は犬の適用能力が養われるのです。

怪しい人に無理に子犬に触ってもらったり、
急に大きな音のするところにつれて行ったりはダメですよ!

警戒しそうなものには
怖がらない距離を保ち、見せながら褒めてあげることからで十分。

飼い主さんもリラックス状態で一緒に居てください。

またもう一つ
この時期からするべき大切な事!

それは子犬と飼い主との関係性を築いていくために、
一貫性をもって物事の善悪を教えていくこと。

悪い習慣を予防し良い習慣を身につけさせることです。

例えば、

部屋の中で飼い主さんが子犬を見ていられない時に
子犬を自由にしておけば、何かを口に入れてしまったり

あるいはオシッコを失敗してしまうかも知れませんね!

その時に叱っても犬にはわかりません。

失敗をさせる前にさせないように予防することが重要なんです。

子犬に失敗経験をさせないこと!!

この場合、飼い主さんが見ていられない場合は
サークルに入れるなど工夫をすれば

子犬は失敗した経験をしないことになります。

犬は行動から学ぶ動物だという事を思い出してください。

また、犬にとって学びは喜びと結びつけることが重要です。

飼い主さんを見たらいつも褒められる!

ごはんの時は静かにお座りして待っていれば食べられる!

自分の行動の先に良い事が待っていれば
自然とその行動は習慣となります。

何度もくり返しますが、この「社会化期」は犬にとって、とても大切な時期。
この時期に良い事でも、悪い事でも経験したことは
後々の心と体にとても影響します。

ぜひ、頭に入れておいてください。

人間の義務教育の時期と同じだと考えれば、
犬も学ぶ必要があるという事がわかりますね。

成犬になるまでに飼い主さんが何をやるかで
後の十数年間がまったく違ってくるのです。

え!その時期が過ぎちゃった??

いやいや,あきらめないでくださいよ!!

何事も遅すぎることなんてありません。
犬と信頼を深めるためにも

今からはじめてもいいじゃないですか。

次回はその先の生後3か月~のお話をしましょう。


by リチャード

 

 

 

【スタッフ募集中です!】

バイト、パート、正社員のスタッフを募集しております。

お気軽にお問合せください。

TEL 03-5760-6629

mail info@ie-visions.jp