リカルド・セムラー, 岩元 貴久
奇跡の経営 一週間毎日が週末発想のススメ

別に人は、働きたくないわけではないと思う。

ただ、もっともっと自分の能力をいかんなく発揮したい、

もっと重要な仕事がしたい、

と思うのにそれができていなかったり、

たまには、自分の好きな時に、休みが欲しい、

出勤時間、出勤場所が自由なら・・・

と思っていたり、

別に働きたくないわけではなく、

仕事による、弊害があまりにも大きすぎるのではないかと思う。


この奇跡の経営では、

その問題に対しての答えというか、

常に、答えを求め続けているそんな企業があることが書かれていた。


こんな会社だったら、誰もが入ってみたいと思うのでは?

大人だから、自分のやりたいことがわかっている、

自分の能力をわかっているなんて、嘘である。

みんな一生をかけて、探して、そして、育てていくものである。

そんな、意見、考えもとりこまれている、すばらしい企業、


こんな会社だったら、つくるのも悪くないと思った。

フリーターが増えている、ニートが増えているのは、

こういう会社を待っていたのではないかと思う。


そろそろ、経営、、、

そして、会社が変わりそうだ。


私も、こんな会社をつくりたいと心底思う。


ちょうど、起業について悩んでいたときだったので、

非常に参考になった。


これで、みんなも働かない理由、起業しない理由はなくなってしまったのではないだろうか?

ぜひ読んでいただきたい本である。
AD

コメント(4)