神戸女学院大学でのハヴァシュ式講座2 | ザ・フライイング・フィドル

ザ・フライイング・フィドル

脱力して楽しくヴァイオリンを弾きましょう!神戸市在住のヴァイオリン・ヴィオラ教師です。カトー・ハヴァシュ師のアプローチに基づき、ワークショップなど開催しています。

神戸女学院大学音楽学部ヴァイオリン専攻生への講座をいたしました。

今回は上級生の皆さんです。

 

前回の講座の記事>>

 

モーツァルトのe mollのソナタ、ベートーヴェンのソナタ8番、プロコフィエフのソナタ1番、モーツァルトのコンチェルト5番、ヴュータンの4番、ブルッフ、メンコン、ドヴォルザークのマズルカを聴かせてもらいました。

う〜ん、名曲の数々ラブ

私なりに、ハヴァシュ先生のアプローチをベースに、どういう練習をしたらもっと楽に弾けるか、そして聴衆に届く演奏ができるかをお伝えしました。

 

素晴らしい先生方、学生さん達でした。

 

終了後の記念撮影です。私の左隣は、非常勤講師の菊本恭子先生です。

(撮影:辻井淳先生)

 

 

学生さん達、笑顔が輝いていますねドキドキ

ずっと眺めていたいぐらいです。

皆さんの未来が、幸福な音楽人生になりますようにキラキラ音譜