舞妓体験処いろいろ その1

テーマ:
こんばんは、ウララです。
 
「どの舞妓変身店がお薦めですか?」

とたまに質問されます。私はまだ変身歴3年半ほどです。私は、北海道のいづみ様のblogや、ぷにすけ様のANIMATOのHPを参考にさせていただきました。まだ3年ほど前は、Instagramとか普及してませんでしたから。チュー

いづみ様は、舞妓体験は卒業され、別の体験をされています。とても読みやすくて参考になりました。ぷにすけ様は、本格派の舞妓体験でこだわりのある人やツーな人には、たまらない詳しい内容でした。

私はこのお二方には到底内容は、追い付けませんが、ここ最近3年で感じたことは、コメントできると思います。

ただ、価値観は人それぞれ。
あくまでも私の感じたまんまのことなので、私の参考意見程度にとどめてくださいね。

とりあえず、一生に一度でいいから、舞妓の姿をしたいという人には、
「舞妓体験  四季」さんでいかがでしょうか?
私の初の舞妓体験は、四季さんでした。価格もリーズナブルで、たくさんの予約を受け付けてくださいます。三日前や、場合によって当日でも受け入れてもらえましたね。

3回いきましたが、3回目の野外撮影のプランが一番満足でした。アルバムも製本されたものが、当日にもらえました。
  ただし、プランによっては半かつらがセットされていないものもあります。絶対に全かつらは、不自然なので、オプションをつけてでも強く半かつらをオススメします。また散策時はお篭ではなく、巾着袋です。かごの方が舞妓らしいですね。




  メイクで、モリに盛って、自分のコンプレックスをカバーしたいのならば、「ぎをん彩」さんです。舞妓変身専門店です。アイテープを使って二重幅を大きく、そしてアイラインを太くなど、群を抜いてメイクの技術は素晴らしく、接客もピカ一です。
私が一番多く利用しているお店です。
また外国人も多くて、スタッフさんは英語ペラペラ。新作着物も続々と入荷します。20回をはるかに越えて訪問してます。ラブ
毎回、メイクが変わります。バリエーション多いので、何度行っても飽きないです。ニコニコ
写真は多目に貼り付けてます。ウインク









舞妓体験も花魁体験も両方やりたいと欲張りな貴女には、心グループの「心花雫」さんと「スタジオ心」さんがお薦めです。
東山の宮川筋にある心花雫さん。嵐山のスタジオ心さん。どちらも素敵なロケーションで野外撮影も可能。ただし、前述のぎをん彩さんと心さんは、本物の舞妓衣装ではありません。どちらかと言うと写真映えする鮮やかな派手な柄の着物が取り揃っています。可愛く華やかに写真を撮りたい人にお薦めです。
心花雫さんの夕暮れ舞妓
夏舞妓キャンペーンで、お気に入りの1枚。Instagramにも上げていただきました。爆笑

宮川筋ですね。本物の舞妓さんに会えることもありますよ。

申年の時に、「見ざる、言わざる、聞かざる」

姉妹店
スタジオ心さんの渡月橋


竹林の中にある野宮神社で野外撮影。

渡月橋にて。

どうも、多くのお客さんでワイワイ賑わっていて混んでる店は、嫌だなあと言う方には、
ほぼ貸し切りに近い、「華陽」さん、「ゆめみる夢」さんがオススメ。貸し切りみたいな時もありますが、ほぼ同時刻では、他の人とは被りません。

「華陽」さんの強みは、おかみさんの虎谷さんが結い髪ができること。勝山髷や、お俊、お染などの変わ髷も半かつらはもちろん、地毛結いもできます。照れ
祇園祭に結われる「勝山髷」。なかなか取り扱っている店舗はありません。
髪結いの美容室へ行くか、知る限りでは、華陽さん、ペンション祇園さんくらいだと思います。


充実したタクシー込みの観光プランは、一時間コース~三時間コース。四時間以上は、応相談ということらしいですよ。 

↓は2018年3月30日へ訪れた原谷宛。
お花のシャワーでした。ラブ
当たり年ではなかったけど、しょうざんの紅葉も観に行きました。



ウララは華陽さんの半かつらがピッタリと合うので、オプション3240円で、変わり髷に半かつらを結い直してもらってます。地毛結いよりもコストを抑えられますね。

そして、なんといっても先にも書いたとおり、タクシーつきの観光プランで穴場に連れていってもらえます。写真については、プロのカメラマンに依頼すると高額になりますが、私はいつもマイカメラをスタッフさんに渡してたくさん撮ってもらってます。なので、写真よりも、舞妓姿で観光を楽しみたい人にオススメです。爆笑

2016年4月4日、立本寺の桜。現在はマンションが建ったり、撮影料が数万円かかるようになってしまいました。当時は、無料だし、穴場で桜を独り占めでしたが、、、今は自由に撮影できなくなりましたね。
それでも、他の穴場に連れていってもらえると思います。ニコニコ


難点としまして、現金払いのみの扱いということです。クレジットカードは使えません。ただし、じゃらんでは、一部のプランのみ事前決済があるようです。子ども舞妓とか、普段着舞妓などです。

また好きな簪を月や季節を無視して挿して、お出掛けはできません。散策時は、その月の花かんざしをさします。8月ならば、すすき、なでしこと決まってます。どうしても、正月の簪とか、紅葉の簪と季節が違っても、挿したい人は室内のプランならばオッケーです。

お染髷です。夏仕様の絽の着物もあります。

お化け(節分の仮装した舞妓)では、町娘風に黒襟を縫い付けてもらって、変わり髷はお俊をしました。


「ゆめみる夢」さん。お店は、場所が分かりにくいですが建仁寺の近く、ホテルささりんどうさんの向かいで、幼稚園?保育園の横にあります。こちらはメイクがとにかく可愛いです。照れ対面式和化粧で、着物も派手というよりは、上品な光沢のある着物が多い印象があります。
散策は
お店から歩いてすぐの建仁寺です。



帯はあまり本数はありませんが、ほとんどのプランが一本結びです。着付けは、本物の舞妓さんを着付けていらっしゃる店主の山本さんが担当してくださいます。こちらのお店はとってもアットホーム。基本的に舞妓体験は女性のみと歌っているお店が多いです。
信頼されている男性リピーターさんは、こちらの店で唯一体験できるから、ありがたいとおっしゃっている方もいらっしゃいます。
ウララはその方とマイミクです。(*^^*)

ポピュラーなレギュラープランには、ゆめみるプランがありまして、写真を室内で撮ったあとに近くの建仁寺さんへ散策に行くことができます。ウインク

私は、どうしても、こちらの店のかつらが合わなくて頭が痛くなってしまいます。えーん
なので、観光が2時間以上に及ぶときは、地毛結いプランに散策オプションをつけています。地毛結いは2回やりました。山中美容室さんで本格的に結ってもらいます。その場合は事前予約が必要です。
祇園新橋と高台寺の二時間観光コース。
ブラブラがついてるのは、妹舞妓なので、割れ忍髷。

お姉さん舞妓の時は、おふく髷。かんざしはブラブラはなしです。

タクシー手配して建仁寺と渉成園へ行きました。


一人のみの体験でも、スタッフさんが同行してくださるので、マイカメラで撮ってもらったりお店の一眼レフで撮影もオプションでつけることができます。
プロカメラマンでは、ありませんが、スタッフの小山さんという、おじさまは撮影慣れていらっしゃいます。
内気すぎる貴女は、平日限定のお茶室貸し切りプランというものもありますよ。


日本庭園と上品な和室を独り占め。いえ、カップルでもオッケーです。
よい写真がたくさん撮れますよ。

もう、書ききれないので、その2に続きます。
最後までお付き合いしてくれて、ありがとう。またねー。チュー