こんばんは、ウララです。
先日、猛暑のなか、7月15日の三連休の真ん中のところで、ぎをん彩さんに行きました。
前回のブログは妹舞妓でした。
同じ日に、お部屋プランを2回予約を入れ、1回目のメイクにさらに、手を加えてお姉さん舞妓にしてもらいました。ニコニコ
メイクは、武甕(たけみか)さん。

お部屋プランなので、野外よりも控えめということでしたが、ガッツリとアイラインと厄よけは多目に入れてもらってます。さらに、少し暗めの濃い色の紅になりました。
前回blogの妹のメイクが1変身目です。
こちら

お姉さんは、2変身目。今回のブログの変身です。こちら

敢えてオフショットにしました。自撮りもしくは、相方の撮影だと思います。
カメラマンは、新人の吉田マークさんでした。
終わったはずの、藤づくしのポーズです。
ワガママを聞いて頂けました。照れ

6月末までの限定ポーズでありましたが、藤の花のセットがまだありました。
半ば、もう来年までお預けかと思われた藤のポーズ。お店にお願いしたら、撮っていてだけましたよ。爆笑と言うのも、毎年同じセットが連続する保証はないです。毎年限定ポーズ、リニューアルしてます。リピーターさんを飽きさせない、お店の気遣いが感じられますね。
昨年の夏ポーズは、鳥かご?と

七夕飾りでした。このときも、妹舞妓から、お姉さん舞妓に2変身したなあ。

背景は、毎年変わっていくでしょうこれから先も。今年は、水色背景ですからね。だと、全然バージョンが違いますよね。海外の方も、桜のポーズをリクエストしたりして、お花やセットがあれば、ご希望に沿うように撮影されているようです。Instagramは、万国の方々が見ますからね。その反響も大きいと思います。


ワガママも言ってみるものですね。全部で5ポーズ。お部屋プランは4ポーズなので、1枚追加して、全バージョンに挑戦しました。おねがい
着物は、「虹」という名前の着物です。
レインボーのごとくいろんな色が混ざっていて、綺麗な着物です。実はこちらを着るのは2度目なんです。まだまだ彩さんの着物は制覇はしてないので、もったいないような気もしますが、凄く気に入ってたこと、藤の花の背景に合うから選びました。かんざしは「藤」です。ブラブラなしにもできますが、妹舞妓で、ブラブラなしだったので、つけてみました。

黒地の背景に藤の花が引き立ちます。造花を手縫いで縫い付けているようです。スタッフさんの手作りです。器用な宅間さん(カメラマン)や、高沢さん(メイク)さんは、いろいろセットの小物づくりもされてると聞いてます。


次は、和室に移動して、藤の花を抱えるポーズ。お気に入りの1枚です。来店スタンプ特典のプリクラシールのカットとして選ばせていただきました。偶数回で、素敵な特典がありますし、リピーターさんの値引きもありますよ。
土曜祝日の通常プランは1000円引き、平日ならば2000円引きです。ウインク

上のこちらの窓際ポーズは、好きで、お部屋プランの時は、確実に写真を撮りますね。

着物全体が見える立ちポーズ。
目線ありも、撮ってます。

まさに、藤づくし。お花にまみれております。

肩に藤をかけているのは、すぐ上のポーズと若干違うようです。
さて、2度目の「虹」の着物のチョイス。
3年前の写真を見てみましょう。

ライティング、そして、メイク、カメラマンはそれぞれ違います。同じ着物でも、かんざしや帯のコーディネートは、変わっています。

こちらの3年前の写真は、当時のチーフカメラマンの安田さん、メイクは小西さんでした。
懐かしいなあ。
同じ着物で、再度撮影も面白いと感じました。

とりとめのない読みにくい文章でごめんなさいね。
最後まで読んでくれて、ありがとうね。
またねー。