こんばんは、ウララです。今シーズンの紅葉舞妓第二段は、リピートしているぎをん彩さんの彩スペシャルプランです。

ねねの道の方へは行かずに、円山公園の奥の方へと散策しました。
スペシャルプランは、八坂庚申堂まで行けますが、そのスポットは何回かいってるので今回はパス。

まずは、野外に出る前に室内撮影です。
メイクは高沢さんを指名させていただきました。昨年の夏に試験に落っこちてドンヨリした気分の時に、明るいメイクのチョコチョコ走り回る元気な舞妓さんのメイクをしてくださったから。
またやっていただきたくなりました。

お陰さまで三回目の挑戦で高倍率である、とある試験に合格しましたウインク

また、「元気な舞妓さん」をテーマにメイクをオーダー。
メイクを見てから着物を選びました。新作とか、まり紺という人気着物もあるなか、長いこと定番の赤い着物にしました。
今までノーマークでしたが、メイクにぴったりの一枚でした。


やっぱり、昨年の8月と同じく赤です。着物の裾の柄がよく映えるように写していただきました。

カメラマンは、頻度が高いのが永野さんですが、私のInstagramやブログを読んでくださっている宅間さんを指名させていただきました。おねがい
女性カメラマンですが、初めに撮影していただいた昨年の年末よりも、たくさん研究されて素敵なお写真をバシャバシャ撮っていただいてます。照れ
彼女も高沢さんと同じく太陽のような明るさで、こちらも元気になれます。
宅間さんのオススメショットは、踊っているポーズです。


祇園踊りなんでしょうか?私はよくわかりませんが、指示通り指さしてみました。
サービスショットですね。


窓際で、11月ではありますが、団扇をもって優雅にお外を眺めてみました。
そして、おまけは、来年は酉年なので


コーコケコッコー。一枚だけですがサービスショットデータもつけてもらえました。
次は坪庭です。
何度も撮っていただいてますが、紅葉の木があるのですが、不思議なことに真夏に紅葉するとのこと。なんでだろ?高沢さんより聞きました。で、秋は緑なんだそうです。
なので、イミテーションのもみじを高沢さんにレフ板と二つ持ちしてもらいました。


本物もみじではありません。


高沢さんはたくましく、ちっとも両手で道具を持っていてもプルプルしてませんでした(笑)
スペシャルプランは、彩満喫プランの充実プランのようなもので、お部屋で2カット、坪庭で2カット、野外で8カットと豪華なプランになります。
私は野外プランの野外8カットとお部屋を1カットオプションでやったことありますが、かつらが痛くなっちゃったり疲れてしまったりしたこともあったので不安でしたが、今回はかつらがいい感じにフィットしてラッキーです。
話を戻して、坪庭の2カットめは、振り向きのおかごを持ったポーズです。


レフ板のおかげで、シワも目立たないです。赤い着物に紅葉と松ぼっくりのかんざしの黄色、おかごの黄色のコントラストが映えていい感じに仕上がっています
おねがい
カメラ目線も、口笛


とりあえず、お出掛け前はここまでーーー。明日以降に野外撮影編を書きますね。
最後まで読んでくれてありがとう。
またねー。口笛