ローズカットされたガーネットが、陽の光に、キラキラ輝くと不思議に、心が静まります。

紀元前3000年 神が予言した大洪水に、ノアは、箱舟を造ります。真っ暗な嵐の中ガーネットの赤い光が、進路を示したそうです。
11世紀末には、十字軍が遠征の際に、このガーネットを守護の力があると信じ身に付けます。
キリストの血の連想からガーネットは、怪我や病気から身を守る危険回避の魔除けの石とされます。

現在世界中が、コロナ禍の中脅威に晒され皆翻弄されてしまっています。

赤く輝くガーネットクロスを見て、元気を出さなければと思うのです。

アンティークの石には、時空を越えた力があるはずですから。