手縫いとミシン縫いの違い | ROHMANの工房日誌

ROHMANの工房日誌

商品へのこだわり、オーダーメイドの作例
最新情報など是非チェックして下さい。

こんにちは。

 

今回は手縫いとミシン縫いの違いについて

 

少し解説させて頂こうと思います。

 

 

革製品の手縫いとミシン縫いでは

 

耐久性が大きく異なります。

 

ミシン縫いでは一箇所でも糸がほつれてしまうと

 

連鎖的にその周辺の糸もほつれてしまいます。

 

服の袖などのほつれた糸を引っ張って

 

収集がつかなくなった事が

 

誰しも一度はあるはずにひひ

 

 

一方、一本の糸の両端に針を通して

 

革の表裏から縫い合わせる手縫い(サドルステッチ)は

 

一箇所糸がほつれても連鎖的にその周辺の糸が

 

ほつれる事はありません。

 

ひとつの穴に二本、糸が通っている形です。

 

強度の強い糸にミシンでは扱えないロウをたっぷりと

 

塗り込んで手縫いするのでROHMANの製品で

 

「糸がほつれた」と

 

メンテナンスの要望を頂いた事はありません。

 

仮に糸がほつれても修復が容易です。

 

また手縫いのステッチはミシン縫いと

 

比べて太いステッチですのでデザイン面でも

 

アクセントとなり、楽しんで頂けると思います。

 

もちろんミシン縫いの方が早く仕上がるので

 

大量生産向きです。

 

しかしROHMANでは永く愛用して頂けるように

 

一針一針、心を込めて総手縫いで仕上げております。