VictorianBox Tokyo のブログ

世界中から選りすぐりの美しいジュエリーと大粒のアンティーク
カットダイヤモンドを集めた青山の隠れ家サロン。
ご来店予約はメールにて承っております。infovictorianbox@gmail.com
OPEN 11:00~19:00 (火曜定休)TEL: 03-5485-1566  


テーマ:

買い付けをしていると、もう小さなものは買わない!

と心に決めているのについつい購入してしまう

可愛いものがあります。

この1900年頃に作られたと思われるネクタイを

留めたりスカーフを留めるオールドヨーロピアンカット

ダイヤモンドのスティックピンもそんなお品のひとつ。

写真のようにちょっとジャケットの襟元につけるだけで

お洒落度がグッとアップします。

1

小さな石ですが拡大するとちゃんとキューレットがあって

オールドカットの魅力のあるダイヤモンドです。

2

3

4

5

38,000円(税込み価格 41,040円) 
お買い得です!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とても珍しい四角いブチェラッティーのリングです。

ブチェラッティーはイタリアを代表する宝飾メーカーと

してブルガリと共に有名な宝飾店ですが、ブルガリは

宝石をまるで絵の具の様に使うその色使いが特徴的な

のに対し、ブチェラッティーはどちらかと言うと

宝石よりも地金に施した美しい美術品のような装飾的な

彫りや小さな宝石を飾り彫りを駆使してセットした職人技

の光るブランドと言えると思います。

1750年代に創業されミラノの本店やイタリア

ヨーロッパアメリカ、日本にも各国にお店があり

手作業で作られた今でも続くその美しい

ブチェラッティーの職人技には各国の王侯貴族

にもファンが多い事で知られています。

そのブチェラッティーの中でも特に美しいお品が

MarioBuccellati とサインの入った先代の

ヴィンテージのお品です。

ブチェラッティー社からの鑑定には1950年代

に作られたと書いてありますが世界中のヴィンテージ

ブチェラッティーコレクターが探しているのはまさに

その時代のもの。

やはり製作をされてから60年ほど経っているので

希少なヴィンテージブチェラッティーのコンディションの

良いお品を手に入れる事は本当に難しいのです。

ため息がでてしまうほど美しいマリオブチェラッティー

のヴィンテージリング。

指のなじみも良く是非サロンでお試しになっていただきたい

お勧めのリングです。

1

2

3

4

5

6

7

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1900年頃にアメリカで作られたイエロー

ゴールドとプラチナのディテールが美しい

一粒石のダイヤモンドリングです。

あまりにも美しいのでその美しさを皆様に知って

頂く為に黒いバックとアイボリーのバックの二種類

で写真を撮ってみました。

ダイヤモンドの質も良くこんな素敵なリングが

エンゲージや記念のお品におもとめ頂けたら年齢を

気にする事無く一生お使い頂けると思います。

良質なものは飽きない。。。そんなアンティーク

のリングのお手本のようなリングです。

1

2

3

4

5

6

7

8

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日のブログでは携帯電話では無く

是非大きな PC の画面でご覧になって

頂きたい!と思う素晴らしい細工が施された

ホワイトゴールドのバングルをご紹介します。

1

蜘蛛の糸のようなホワイトゴールドで

描かれたあえかな線。

アラベスク文様を描いた透かし細工は

糸鋸で地金の一枚板からくりぬかれ

そのくり抜いたラインを磨いたりミル打を

施したり気の遠くなるような職人技を

集めて作られています。

ピアッシングと呼ばれる地金をくり抜き

レースのような繊細な線を地金に描く

技術は20世紀の初頭のエドワーディアンの時代に

最高潮を迎え、わずか10数年ではかなく姿を

消してしまいます。

2

5

4

隅から隅まで全く手を抜くところのない完璧な作り。

糸で編むレースであればほどいて編み直しができますが、

地金の透かし彫りはやり直しがきかない一発勝負。

布の宝石とも呼ばれる最高峰のベルギー

レースは熟練の職人でも一日3㎝四方しか

編む事が出来ないと聞いた事がありますが、

このバングルには一体どれだけの時間と

根気が費やされたのか…ルーペを覗いた

だけで気が遠くなるような仕事です。

5

模様の間には瑞々しい矢車菊色のフレンチカット

サファイアとオールドヨーロピアンカット

ダイヤモンドが交互に配され、白一色の

アラベスクのデザインの中に爽やかな

アクセントを添えています。

6

裏面には "From F.M.A to E.W.A 12・25・26"と

手彫りのエングレイヴィングが見え、アメリカで

1926年にクリスマスプレゼント用にオーダーメイドで

誂えられたものと思われます。

7

これからの季節なら軽やかなシフォン素材の

ブラウスに合わせて...など思わず色々な

コーディネートが浮かんでくるとっておきの

バングル。

アンティークジュエリーに関わって20年

以上が経ちますが、透かし細工でこの

クオリティーは初めて!と太鼓判を

押せるとっておきの一点です。

バングルの入荷は中々ありません。

どうぞお早めにお問い合わせください!
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

20世紀初頭に作られたと思われるロシアのアールヌーボー

期のリングです。

この時代に作られたロシアンヌーボーのリングは自然を

モチーフにしている事が特徴で、このリングはプラチナを

細かなレースの様に穴を開けて磨き上げ当時美しい草花と

同様に使われていたモチーフである蜘蛛の巣に朝露が光る

情景をダイヤモンドとプラチナでリングに仕立て上げて

あります。

アンティークジュエリーや骨董品を見ていると

日常の何気ない光景にも美を見出して作品を作り上げられて

いる事に気づきます。

こちらのリングも着用している写真でもおわかり頂ける

ように指のはばの小さな世界にプラチナで出来た

繊細な蜘蛛の巣や朝露の美しさが広がっています。

毎日忙しく気づかないけれどこんな優雅な美しさが

あることに気付かしてくれるのもアンティークジュエリー

を身につける喜びの一つです。


1


2


3


4


とても珍しいロシアンヌーボーのリング4月までの期間限定価格で

お買い得です!

(通常価格 税抜き 65万円 SALE 価格 45万円(税抜き)


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1

吸い込まれる様な濃い緑色が印象的な

エメラルドのブローチ。

2

Fleur-de-lis(百合の紋章)、もしくは鈴蘭の

花束のようにも見える1950年代に作られた

ブローチです。

黒みがかったシルバーにシングルカット

ダイヤモンドを丁寧に1つ1つセットした葉の

輪郭の中にマーキスカット、ペアシェイプ

カットと異なるシェイプのエメラルドを

リズミカルに配して鈴蘭に見立てて金のリボンで

くるりと束ねたデザインは見ているだけで楽しく

まるで作品全体がハーモニーを奏でているようです。

3

4


ところで3月17日はアイルランドの守護聖人

聖パトリックを忍ぶセント・パトリックデー。

アイルランド本国はもちろん、アイルランド系

移民が多いアメリカでも各地でパレードが

行われました。

5

このお祭りは聖パトリックがキリスト教の

三位一体の教えを説くのにクローバー(シャムロック)

を使ったことからグリーンがシンボルカラーに

なっていてグリーンの洋服やアクセサリーを

身につけるのがお決まり。

ちょっとびっくりするようなどぎつい緑色の

お菓子やドリンクが登場するのもいかにも

アメリカらしい風景です。

6

一昨日取引先の有名なアメリカの業者さんと

コンピューターで画像をつなげておしゃべり

をしていたら彼女の胸元にもしっかりエメラルドの

ブローチが。

季節の行事に合わせて本物の宝石を贅沢に普段のお洒落に

取り入れる。

そんな素敵な余裕が彼女の魅力の秘密のひとつだろう

なぁ。。。と会話に集中せずブローチばかりぼーっと

見てしまいまったのは内緒です。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1

何かを訴えかける瞳のような印象的な

輝きのしっかりとした厚みのある大粒の

オールドマインカットダイヤモンドを

主役にした素晴らしいアンティーク

エンゲージリングが入荷しました。

アールデコ期らしいかっちりとした構築的な

フォルムの中にセンターのダイヤモンドを

取り囲むように4枚のアイビーの葉をあしらい、

その周囲も植物文様の伸びやかなエングレイ

ヴィングで細やかに縁取られています。

2

3

4

日陰でも育ち、寒さにも強いアイビー。

枯れることなく長く蔓を伸ばしていくアイビーは

永遠の愛のシンボルとして古くからウェディングの

花飾りとして用いられてきました。

ダイヤモンドをブライド、アイビーを花冠に

見立てたかのようなデザインのこのリングは

以前の持ち主にもきっと幸運を運んで

くれたのだろうな....と思わせる満ち足りた

幸せな輝きに溢れています。

エンゲージリングにはもちろん、頑張っている

自分へのご褒美リングとしてもお勧めの

リングです。

5
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

息を飲むほど美しい!

高価なエメラルドに女性の顔を彫刻してカメオに

仕立て、更にオニキス、ルビー、エメラルドの

色石をまるで絵を描く様にカットし白いダイヤモンド

とコントラストをつけオリエンタルでエキゾチックな

アールデコのデザインのブローチに仕上げています。

技術と贅沢の粋を極めた作品。

ここまで来るとジュエリーと言うより宝石を

使って作られた美術品と呼ぶ方がふさわしい

ような気がします。

買い付けをしている時にのような心を奪われて

しまうような”作品”に出会う事が数年に一度

ほどあります。

このようなお品はなかなか見る事も購入

する機会に恵まれる事も稀なのですが

出来る限りこのような作品を日本のお客様に

も見て頂きたくて頑張っています。

ジュエリーに関わるようになり20年以上の

時が経ちました。

ブログでご紹介していない作品もいくつか

ございます。

ヴィクトリアンボックスのサロンで

素晴らしいコレクションを御覧ください。






 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

見つけた途端に購入を決めたキュートなアクアマリンの

ピアスです。

アンティークのクラスターのダイヤモンドピアスは何度か

ヴィクトリアンボックスでも扱った事はありますが

アクアマリンのクラスターピアスを扱うのは2度目。

買い付けに行ってもなかなかこれ!と思う色石を

使ったピアスは少ないのです。

19世紀後期から20世紀の世紀の変わり目に

ロシアで作られたアンティークのアクアマリンの

ピアス。

日本ではトランプの柄として知られる三つ葉の

クローバーのデザインは西洋ではトレフォイル

と呼ばれ、3枚の葉が父なる神、キリスト

聖霊キリストの三位一体を表し、幸運を

招くシンボルとして使われアンティークの

ジュエリーにも好んで使われるモチーフです。

ここのところ続けてご紹介していますが

私の春のおすすめのジュエリーは絶対に

ピアス!

こんなキュートなアクアマリンのピアス

を手にしたら絶対にお出かけも楽しく

なるはずです。






 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

美しいアンティークのダイヤモンドピアス。

耳元できらりと輝く本当に綺麗でエレガントな

アンティークダイヤモンドのピアスはいつかは

手に入れたいお品!とブログを御覧になられて

いらっしゃる殆どの方が思っていらっしゃるの

ではないでしょうか。

自分へのご褒美に、何かの記念に。

私も自分の記念日にアンティークダイヤモンド

のピアスを購入しましたが使わない日は殆どない

と言っても良いくらい使っています。

贅沢につけっぱなしにして時々輝きを取り戻す

為にクリーニングをします。

沸騰したお湯に暫くつけて食器を洗うママレモン

などの中性洗剤を毛先の細い歯ブラシにつけて

ダイヤモンドの表と裏を洗います。

アンティークジュエリーも後ろが閉じてフォイル

バックされていないオープンセッティングの

ダイヤモンドのジュエリーでしたらこの方法

が一番。

万が一ダイヤモンドにゆるみなどがあって

外れてしまっても無くす事のないように

器に入れて洗うのもコツです。

洗剤を洗い流す時にも勢い良く流水で

ダイヤモンドを流してしまわない様に必ず

器に入れて洗い流します。






お話がそれてしまいましたがオールドヨーロピアンカットの

美しいピアス2点。

身につけるだけで少しエレガントに振る舞う事が出来そうな

美しいピアスです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)