ヴィクトリアマイルの予想2018|傾向と対策。出走馬の最新データが盛り沢山!

ヴィクトリアマイルの予想2018|傾向と対策。出走馬の最新データが盛り沢山!

2018/5/13(日)東京競馬場・芝1600mにて開催される重賞ビクトリアマイル(GⅠ)に関する出走馬の最新情報やレースの展望を配信しております。


テーマ:

5/13(日)に東京11R・芝1600m(定量)にて
《ヴィクトリアマイル》が開催されます。

 

 




春のマイル女王の座を賭けた一戦。

歴代優勝馬にはアパパネ、ブエナビスタ
ウォッカなどの名牝が名を連ねている。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

===============
ヴィクトリアマイルの出走馬
===============


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 レッツゴードンキ 55.0 岩田康誠
1 2 ミスパンテール 55.0 横山典弘
2 3 ラビットラン 55.0 川田将雅
2 4 ジュールポレール 55.0 幸英明
3 5 レーヌミノル 55.0 和田竜二
3 6 レッドアヴァンセ 55.0 北村友一
4 7 カワキタエンカ 55.0 大野拓弥
4 8 クインズミラーグロ 55.0 藤岡康太
5 9 ソウルスターリング 55.0 C.ルメール
5 10 アエロリット 55.0 戸崎圭太
6 11 アドマイヤリード 55.0 M.デムーロ
6 12 エテルナミノル 55.0 四位洋文
7 13 ワントゥワン 55.0 藤岡佑介
7 14 リエノテソーロ 55.0 吉田隼人
7 15 デアレガーロ 55.0 池添謙一
8 16 リスグラシュー 55.0 武豊
8 17 デンコウアンジュ 55.0 蛯名正義
8 18 メイズオブオナー 55.0 福永祐一


以上、出走馬18頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


リスグラシュー

昨年は桜花賞で2着、秋華賞も2着と
惜しいところでビッグタイトル獲得こそは
実現しなかったが濃い内容を残した。

今回の舞台ではアルテミスSと
東京新聞杯を優勝しており
ここはG1制覇の大きなチャンスだろう。

鞍上は主戦の武豊騎手とのコンビ。


アエロリット

昨年のNHKマイルCを勝利し
重賞初制覇をG1で達成。

夏のクイーンSでは歴戦の古馬を撃破。

今年の始動戦となった前走の中山記念でも
牡馬の重賞ウイナーを相手に2着と好走。

今回の舞台である東京・芝1600mは
ベストの条件と言えるだけに注目度は高い。

鞍上は主戦の横山騎手がミスパンテールに
騎乗するので戸崎騎手に乗り替わり。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


ミスパンテール

昨年10月の1600万下・清水Sを皮切りに
ターコイズS→京都牝馬S→阪神牝馬Sと
重賞3連勝を含め目下4連勝中。

前走ではそれまでの末脚勝負から一転した
逃げ切り勝ちを決めており、成長に加えて
自在性が出てきた点もセールスポイント。

5連勝で女王の座を奪取できるか。


アドマイヤリード

6番人気で出走した昨年の本レースでは
最後の直線で力強い末脚を披露。

馬場の真ん中から抜け出して
見事に優勝を飾った。

その後は勝ち星を挙げれていないが
前走の阪神牝馬Sの4着をステップに臨む
今回は連覇へ向けて視界は明るい。

鞍上は前走から引き続きデムーロ騎手。


レッツゴードンキ

前々走のフェブラリーSの5着に続き
前走の高松宮記念はハナ差の2着に好走。

芝・ダートを問わずに活躍を
続けている実力馬だ。

今回は芝1600mへの出走になるが
もともと2015年の桜花賞馬。

好調の岩田騎手によるエスコートで
自身2度目のG1制覇を期待したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-3-0-4】
2番人気【1-0-1-8】
3番人気【0-1-2-7】
4番人気【1-0-1-8】
5番人気【2-0-1-7】
6番人気【1-0-1-8】
7~9番人気【1-2-2-25】
10番人気以下【1-4-2-81】


1番人気は連対率60%と上々だが
人気薄の好走も多く波乱傾向。

過去10年のうち二桁人気の馬が
7回も馬券に絡んでいる。

昨年は3連単で91万、
2015年には207万円馬券。

穴馬の激走には注意したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【0-2-5-13】
2枠【0-1-2-17】
3枠【4-0-0-16】
4枠【0-2-0-18】
5枠【0-3-1-16】
6枠【3-0-0-17】
7枠【2-1-1-24】
8枠【1-1-1-27】


直線主体で紛れが少なく
実力を発揮しやすいコース。

複勝率では内枠の好走率が高いが
勝率では外枠の方が高い。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-0-2-7】
先行【3-4-3-27】
差し【6-5-2-63】
追込【0-1-3-51】


差し・先行が圧倒的な成績。

差しの中でも特に中団からレースを
進められるタイプの馬が有利。

また、追込みの好走は少なく
大外一気はほぼ決まらない。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========


ヴィクトリアMは東京芝1600mで開催。


古馬牝馬にとって限定戦のG1は
ココと秋の女王杯しかない。


それもあってか、
少しでも可能性のある馬が目の色を
変えて激突するレースとなり、
馬券も簡単に獲れない事が多くなる。


このところ3連単は10万以上だし、
2015年は2070万馬券が飛び出している。


とは言え、根幹距離のマイル戦。


しかも東京で行われるG1なだけに、
裏付けとなる実力がなくては馬券に絡めない。


勝ち馬をよく見ていくと分かるが
人気のあるなしにかかわらず
じつは勝って当然の実績を持っている。


2着・3着にもそうした馬が多い。


その為、人気の盲点となる馬探しに
~~~~~~~~~~~~~~~~
専念し高配当を狙っていきたい。
~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【レッツゴードンキ
=============

世代を超えて牝馬の最前線を
引っ張る存在になっている。

芝もダートも関係なく
マイル以下なら距離も問わない
安定感は馬券の軸に最適。

強いといわれる4歳世代の
前に立ちはだかる壁となるか。


対抗は【ミスパンテール
============

目下4連勝中で重賞3連勝中。

府中はオークスの10着しか経験していないが
マイル戦なら一気に頂点に立つことも夢ではない。

4歳牝馬の代表格だ。


そして【リスグラシュー
============

重賞勝ちこそ2つだけだが
常にトップグループで戦い
上位の結果を出してきた実力馬。

ココも馬券圏内は十分。


最後に【アドマイヤリード
=============

昨年春に阪神牝馬S2着からココを制覇。

その後は物足りない感もあるが
再び阪神で差のない競馬をしての出走。

ディフェンディングチャンピオンは侮れない。


以上を加味した馬券戦略は

◎ 1.レッツゴードンキ
○ 2.ミスパンテール
▲16.リスグラシュー
☆11.アドマイヤリード



上記4頭のボックスで勝負予定。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

 

その他の競馬に関する最新ニュースは下記の無料アプリや

各種SNSにてリアルタイム配信しております。


【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i


こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m


テーマ:

5/14(日)に東京11R・芝1600mにて

《ヴィクトリアマイル》が開催されます。

 

 

 

 

春のマイル女王の座を賭けた一戦。

 

歴代優勝馬にはアパパネ、ブエナビスタ

ウォッカなど名牝が名を連ねている。

 

 

果たして2017年の覇者に輝くのは

一体どの馬なのか!?

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

===============

ヴィクトリアマイルの出走馬

===============

 

 

枠 馬番 馬名 斤量 脚質 騎手

1 1 アットザシーサイド 55 差 田辺裕信

1 2 スマートレイアー 55 先 武豊

2 3 ジュールポレール 55 先 幸英明

2 4 ソルヴェイグ 55 先 川田将雅

3 5 アドマイヤリード 55 追 ルメール

3 6 アスカビレン 55 差 池添謙一

4 7 ルージュバック 55 差 戸崎圭太

4 8 クイーンズリング 55 先 デムーロ

5 9 オートクレール 55 先 黛弘人

5 10 デンコウアンジュ 55 追 蛯名正義

6 11 ミッキークイーン 55 差 浜中俊

6 12 ウキヨノカゼ 55 追 吉田隼人

7 13 ヒルノマテーラ 55 追 四位洋文

7 14 レッツゴードンキ 55 差 岩田康誠

8 15 フロンテアクイーン 55 差 北村宏司

8 16 クリノラホール 55 差 北村友一

8 17 リーサルウェポン 55 追 内田博幸

 

 

以上、出走馬17頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

==============

人気上位が予想される注目馬

==============

 

 

ミッキークイーン

 

前哨戦の阪神牝馬Sを上がり最速の脚で

2着に1馬身4/3の差をつけ快勝。

 

牝馬限定戦では馬券圏内を

一度も外したことがなく、

G1のここでも力上位は明らか。

 

昨年2着の雪辱を果たし、

3度目のG1タイトルを手にしたい。

 

 

レッツゴードンキ

 

高松宮記念では惜しくも2着。

 

一昨年に絶妙な逃げ切りで

桜花賞馬となって以来、

これが2度目のG1・2着だった。

 

鞍上は引き続き岩田康誠。

 

人馬ともに一昨年の桜花賞以来となる

G1制覇を虎視眈々と狙う。

 

個人的には最も取捨が難しい一頭。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

スマートレイアー

 

このレースに4年連続で挑戦。

 

昨年は厳しい流れになりながらも

先行して4着と存在感を見せた。

 

その後は香港ヴァーズで5着、

前走の京都記念ではマカヒキに先着し

2着とまだまだ衰え知らず。

 

昨年のストレイトガール同様に

7歳馬による制覇となるか。

 

 

ルージュバック

 

悲願のタイトル奪取を目指し

8回目のG1に挑む。

 

今回の東京コースは牡馬を相手に

エプソムC、毎日王冠を勝ち、

 

一昨年のオークスでは

ミッキークイーンと0.1秒差の

激戦を演じて2着だった。

 

昨年の同レースは5着に終わったが

勝利を掴めるだけの地力は備えている。

 

 

クイーンズリング

 

阪神牝馬Sで2番人気に推されるも

15着と大敗を喫してしまった。

 

ただ、重い馬場だったのに加えて

右前を落鉄してしまったのが主な敗因。

 

敗因が明確なだけに悲観する必要は無い。

 

本来の走りを見せ、再び女王の座を狙う。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

============

過去10年のデータ考察

============

 

 

まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。

 

 

~~~~~~~~~

人気データ考察

~~~~~~~~~

 

1番人気【3-3-0-4】

2番人気【1-0-1-8】

3番人気【0-1-2-7】

4番人気【1-0-1-8】

5番人気【2-0-1-7】

6番人気【0-0-1-9】

7~9番人気【1-3-2-24】

10番人気以下【2-3-2-82】

 

 

1番人気は連対率60%と上々だが

人気薄の好走も多く波乱傾向。

 

過去10年のうち二桁人気の馬が

7回も馬券に絡んでいる。

 

一昨年は2070万馬券が飛び出すなど

穴馬の激走には注意したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

~~~~~~~~

枠データ考察

~~~~~~~~

 

1枠【0-2-5-13】

2枠【1-2-1-16】

3枠【3-0-0-17】

4枠【0-2-0-18】

5枠【0-2-1-17】

6枠【3-0-0-17】

7枠【2-1-1-15】

8枠【1-1-2-26】

 

 

直線主体で紛れが少なく、

実力を発揮しやすいコース。

 

データ上は内枠の方がやや優勢。

 

 

~~~~~~~~~

脚質データ考察

~~~~~~~~~

 

逃げ【1-1-2-6】

先行【3-4-3-26】

差し【6-4-2-64】

追込【0-1-3-53】

 

 

差し・先行が圧倒的な成績。

 

差しの中でも特に中団からレースを

進められるタイプの馬が有利。

 

また、追込み馬の好走は少なく

大外一気はほぼ決まらない。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

==========

予想情報局の総括

==========

 

 

ヴィクトリアMは東京芝1600mで開催。

 

 

古馬牝馬にとって限定戦のG1は

ココと秋の女王杯しかない。

 

 

それもあってか、

少しでも可能性のある馬が目の色を

変えて激突するレースとなり、

馬券も簡単に獲れない事が多くなる。

 

 

このところ3連単は10万以上だし、

一昨年は2070万馬券が飛び出している。

 

 

ただ、勝ち馬を見てみると分かるが

人気のあるなしにかかわらず、

じつは勝って当然の実績を持っている。

 

 

2着・3着にもそうした馬が多い。

 

 

その為、人気の盲点となる馬探しに

~~~~~~~~~~~~~~~~

専念し高配当を狙っていきたい。

~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

本命は【ミッキークイーン
=============

前哨戦の阪神牝馬Sを勝利。

牝馬限定戦では3着以下なしと
抜群の安定感。

軸にはもってこいの存在。


対抗は【クイーンズリング
=============

海外帰りで引っかかった前走は度外視。

ここは秋華賞、エリザベス女王杯
のような走りを期待したい。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ミッキークイーン
◯:クイーンズリング
▲:ジュールポレール
△:スマートレイアー
△:レッツゴードンキ



◎を連軸に手広く勝負したい。
 

 

 

その他の競馬の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter

【LINE@】
https://line.me/R/ti/p/%40jkg9973a


また新たな情報を入手しましたら、ブログ更新致します。


テーマ:
5/15(土)に東京11R・芝1600mにて
《ヴィクトリアマイル》が開催されます。





G1馬7頭が参戦とハイレベルな戦いが
期待できそうな春の女王決定戦。


今年は3世代の秋華賞馬を筆頭に
空前の豪華メンバーが揃った。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


まずは出走馬を見ていきましょう。


===============
ヴィクトリアマイルの出走馬
===============


枠 馬番 馬名 脚質 騎手
1 1 ウインプリメーラ 先 川田将雅
1 2 スマートレイアー 逃 武豊
2 3 シャルール 差 横山典弘
2 4 ウリウリ 差 三浦皇成
3 5 レッドリヴェール 差 石川裕紀人
3 6 マジックタイム 差 ボウマン
4 7 ルージュバック 差 ルメール
4 8 メイショウマンボ 差 武幸四郎
5 9 カフェブリリアント 差 福永祐一
5 10 ミッキークイーン 差 浜中俊
6 11 レッツゴードンキ 先 岩田康誠
6 12 クイーンズリング 差 デムーロ
7 13 ストレイトガール 差 戸崎圭太
7 14 ウキヨノカゼ 追 四位洋文
7 15 ショウナンパンドラ 差 池添謙一
8 16 シュンドルボン 差 吉田豊
8 17 トーセンビクトリー 差 内田博幸
8 18 ショウナンアデラ 差 蛯名正義


以上、出走馬18頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ミッキークイーン

昨年の二冠牝馬。

前哨戦の阪神牝馬Sでは
外からの差し込みが届かず
惜しくもクビ差の2着。

2着ではあったがメンバー内で
最速の上がりを記録しているように
地力の高さは間違いなく本物。

あとは府中のマイルでその末脚を
引き出し切れるかが焦点。


ショウナンパンドラ

昨年のジャパンカップを勝ち、
宝塚記念でも3着と健闘。

実績も実力も文句なしの馬だが、
1600m戦に対応できるかは疑問視。

マイルは2度経験しているが
2着・8着と結果を残せていない。

ただ立ち回りが上手な馬なので
ロスなく乗れれば対応できる。

更なる上積みに期待。




スマートレイアー

昨年・一昨年と同レースに参戦するも
8着・10着と結果を残せていない。

しかし今年は脚質に幅が出来た。

これまでは末脚を引き出す形で
重賞戦線を渡り合ってきた実力馬だが
ここ2走は逃げてマイル重賞を連勝。

久々の盾を制した名手・武豊との
再コンビ結成で悲願のG1制覇を狙う。


ルージュバック

G1は4戦して未勝利だが、
昨年の桜花賞(9着)、オークス(2着)で
1番人気に推されたように、

タイトルを狙える力があるのは
衆目の一致するところ。

特にオークスではミッキークイーンに
3/4馬身差とあと一歩まで迫っている。

鞍上はこれまで手綱をとってきた
戸崎からルメールに乗り替わり。

V請負人の手綱で初タイトルを狙う。


マジックタイム

5連続連対で挑んだ前走ダービー卿CTで
ロゴタイプを撃破し勝利。

昨年秋以降から調子が上向いており
持ち味である末脚を上手く引き出している。

鞍上はボウマンとの新コンビ結成。

この成長力で強敵達を相手に
互角以上に立ち回れるか。

強気の競馬を期待したいところ。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-2-0-5】
2番人気【2-0-0-8】
3番人気【0-2-2-6】
4番人気【1-0-2-7】
5番人気【2-0-1-7】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【0-3-2-25】
10番人気以下【2-3-2-82】


人気薄の好走が多く波乱傾向。

過去10年のうち11番人気以下が
6回も馬券に絡んでいる。

特に昨年は2070万馬券の大波乱。

穴馬の激走に注意。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-2-5-12】
2枠【1-2-1-16】
3枠【3-0-0-17】
4枠【0-2-0-18】
5枠【0-1-1-18】
6枠【3-0-0-17】
7枠【1-1-1-26】
8枠【1-2-2-25】


枠に関しては内枠がやや有利。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-1-2-6】
先行【3-4-3-25】
差し【6-4-3-65】
追込【0-1-2-53】


差し・先行が圧倒的な成績。

差しの中でも特に中団からレースを
進められるタイプの馬が有利。

また、追込み馬の好走は少なく
大外一気はほぼ決まらない。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==========
予想情報局の総括
==========


ヴィクトリアMは東京芝1600mで開催。


傾向として先行馬の成績が
比較的良いことが挙げられる。


過去10年で馬券になった馬
30頭中22頭が4コーナーを一桁順位で通過し
そのうち15頭が5番手以内。


さらに、逃げ馬の成績が良く
過去10年中4年で馬券に絡んでいる。


それに対して上がり最速馬の
成績はあまり芳しくなく、

過去10年の上がり最速馬の成績は
【1-3-1-5】と勝ち切れてない。


加えて、着外になった
この5頭は全て4コーナーを二桁順位
でむかえての上がり最速だった。


ただ、5頭は馬券になっているので
速い脚で勝負する馬を無視する事は出来ない。


予想に関しては基本的に先行馬を中心視。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本命は【ショウナンパンドラ


本来差し馬だが、
前走このレースを想定するように先行した。

距離が短い不安もあるが、
抜けた1番人気にならなさそうな
今回は狙い目と判断。


対抗は【スマートレイアー


直近2走の激走から逃げ、先行馬
としての頭角を現してきた。

現在の充実度なら対抗評価。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ショウナンパンドラ
◯:スマートレイアー
▲:ミッキークイーン
△:ウインプリメーラ
△:ストレイトガール


本命を軸に紐荒れを狙って勝負予定。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


その他の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】

【Facebook】

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


今号は以上となります。

その他に新たな情報が入り次第、更新いたします。



ヴィクトリアマイル2016予想ブログTOPへ戻る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス