エミレーツ航空もカタール航空


英文エッセイが出題されます。


以前のオーストリア航空採用試験では、英文エッセイが出題されていました。



入社試験や大学受験での英文エッセイは、


英語力と論理的思考を問うものが一般的ですが、


エアライン、客室乗務員採用試験では、


英語力と社会性、サービス適性などを見ている傾向にあります。



そこで英文エッセイの一般的な採点法を知っておくことはとても大事チェック


英文エッセイの採点法は、減点法が一般的あせる


よって、


ミススペル、文法違反をしないことが減点されないポイントポイント2


難しい単語を使ったり、間違いやすい文法を使うことはNG


中学レベルの簡単な単語でわかりやすく書くことが


高得点できるコツポイント




客室乗務員やグランドスタッフの採用試験で出題されるエッセイのテーマは、


学術的なものではなく、身近なものや情緒的なものが主流sei


よって、評論文が求められているわけではありませんポイント3



とは言うモノの、ある程度の論文のロジックを頭に入れておいた方が良いと思います。



☆VIC東京校☆客室乗務員とグランドスタッフ絶対合格!超高合格率&圧勝を誇るエアラインスクールのブログ



①全体を3段落に構成すると書きやすい&読みやすい



②第1段落、冒頭一番に自分の意見、提案、などを書く



③第2段落に上記の裏付け、データを書く

 (なぜそのように思う、考えるか)



④第3段落に〆の文章を入れる。さりげなくPRを盛り込むと良い

 (ここに繰り返して①の要約を入れてもOK)



このような構成、内容は読み手(面接官)に好印象です。


文章を書くときには、


構成をしっかり考えた上で書き始めることが大事押




カタール航空過去のエッセイ内容を見ると、


困難な時どのように乗り越えたか?事例を挙げて解決方法を書く。


・あなたが直面した困難、学んだこと。


・チームワークを発揮した時について。


・仕事で大変だったことは。


・人生で挫折を感じたことはあるか。


・自分の性格、習慣など、変えたいことは?その変化はあなたの生活にどう影響するか?


・これまでのあなたが決定したことで、変えたいと思うものは?それを変えていたら今どうなっていたか。


・今まで起こった出来事の対処法とその経験を、どのようにCA職に活かせるか?



明日は、上記の中からピックアップして、構成を学習しましょうグッド!



カタール応募方法、書類等についてご質問がある方はこちらにどうぞコチラ



☆VIC東京校☆客室乗務員とグランドスタッフ絶対合格!超高合格率&圧勝を誇るエアラインスクールのブログ


大韓航空、オーストリア航空、エミレーツ航空、JAL、ANA、

ANAウイングス、エントリーシート等についてご質問がある方は

こちらにどうぞコチラ


☆VIC東京校☆客室乗務員とグランドスタッフ絶対合格!超高合格率&圧勝を誇るエアラインスクールのブログ