☆VIC東京校☆客室乗務員とグランドスタッフ絶対合格!超高合格率&圧勝を誇るエアラインスクールのブログ
























































  • 31May
    • VIC生及び卒業生の皆さんへ

      VIC生及び卒業生の皆さんへ(1)全都道府県の緊急事態宣言解除を受けて全8校舎にて6月より通学制対面授業を再開します。ただし、皆さんの安全と安心を考慮し、6月以降もオンライン授業を残し、通学制対面授業は様子を見ながら徐々に増やしてまいります。6月の授業スケジュールは、本日アップいたします。また、自習室も開放しますが、3密を避けるため事前予約制(開始時間と終了時間を予めお知らせください)としますので、来校される場合には事前連絡をお願いいたします。来校希望者が多い場合には、人数制限をさせて頂く場合もございますので、予めご了承ください。なお、来校時には必ずマスク着用をお願いいたします。マスクを着用されていない場合は、校舎への入室はできません。また、発熱、咳、倦怠感などの自覚症状がある場合は、来校されないようお願いいたします。校舎入口には手指消毒薬を設置しておりますので、消毒してからの入室を徹底して下さい。お手洗い等で一旦退出した場合には、入室するごとに消毒してからお入り下さい。(2)授業時間の変更について以前にもお伝えした通り、6月より授業時間を90分から60分(55分+5分休憩)に変更します。皆さんからのご要望が多かった為変更致しました。この変更に伴い、残りコマ数は1.5倍としますので、受講できる時間数については変更はございません。なお、上記に伴うシステム更新作業のため、5/31(日)深夜~6/1(月)午前中にかけて、授業予約システムが使用できない場合がございます。あらかじめご了承ください。(3)カリキュラムの変更について1コマ60分化に伴い、カリキュラムの見直しを行いました。これまでの皆さんからの要望に応え、かつ、より合格に近づくためのカリキュラムとなっております。詳細は生徒専用ページにてご確認ください。http://b-vic.com/student/index.html今後も随時新しい授業を追加して参ります。TOKYO VIC ACADEMY

    • 神田外語大学卒社会人篠原しお梨さんは今月一ヵ月だけで約40レッスン受講!!の画像

      神田外語大学卒社会人篠原しお梨さんは今月一ヵ月だけで約40レッスン受講!!

      神田外語大学卒社会人篠原しお梨さんは今月一ヵ月だけで約40レッスン受講!!そんな篠原さんにインタビューしてみました↓Q.1 5月中に約40レッスン受講と、最近詰めて受講されていますね。この1ヶ月集中的に受講されたことでご自身の成長を感じられる点を教えて下さい。A.1 英語面接で学んだことが、日本語面接にも大いに活かせることに気付きました。英語面接の授業では毎回、最近身の回りで起こったハッピーなニュースをシェアすることから始まります。先生や他の生徒さんとシェアした面白い話を、日本語面接の「最近気になること」や「気付いたこと」のテーマで楽しく話せるようになりました。以前は「もっと篠原さんらしい答え方をしてみて」というフィードバックを頂くことが多かった私ですが、面接官の先生を笑わせられる自分らしい話が出来るようになりました。面接を楽しむってこういうことか、とようやく気付けた気がします。また、会社の志望動機とは別に、現在の仕事から客室乗務員への転職理由をじっくり考え、自分なりの回答を導くことが出来ました。現在、サービス業界で働く私にとってこの転職理由を考えることはとても難しい課題でしたが、ほぼ毎日授業を受け、逃げずに自分と向き合った成果だと信じています。定期的に基礎を見つめなおす重要性を実感致しました。Q.2 オンライン授業に移行され、講師や他の生徒との距離が更に近くなったという声が寄せられていますが、如何ですか?A.2 はい!本当に近くなったと思います。特に熊谷先生の英語の授業では、生徒同士で英語で質問し合う時間があり、楽しく会話をすることに加え、外資の航空会社の面接の雰囲気に近い環境で練習ができます。「機内でお客様にワインをこぼしたらどう対処する?」というテーマで話した時、ありきたりな答えではなく、日常の豆知識を使った回答の共有は、今までいかに自分がつまらない回答をしていたかを思い知るきっかけになりました。また、既卒者向け日本語面接の授業では、人数が少ないこともあり、マンツーマンで指導をして頂く機会がございました。先生方は受ける航空会社のことや不安なことに関して親身にお話を聞いて下さりました。面接の指導をして下さることに加え、先生方は航空業界の先輩として色々なお話をして下さりました。本当に貴重な体験であり、また心強く感じました。

    • 陽葵さんは今月からVICで受験準備開始しました!の画像

      陽葵さんは今月からVICで受験準備開始しました!

      陽葵さんは今月からVICで受験準備開始しました!そんな陽葵さんにインタビューしてみました↓Q.1 初回授業を終えて、今の感想をお知らせ下さい。具体的に記載お願いします。A.1 オンラインでの対面授業は大学の授業も含めても初めてだったので大変緊張しました。また、常に他の生徒の方の反応や表情も見えるので、自分を客観視することができました。生徒が沢山いても1人1人に丁寧に対応していただいたので、初めて授業を受けた私でも落ち着いて受講できました。Q.2 数あるエアラインスクールの中で、VICのここが良かったというポイントをお知らせ下さい。具体的に記載お願いします。A.2 大学の生協の斡旋校だったので安心して入校できました。そして、社会人の方、他学年の方と一緒に授業を受けることが自分への刺激になると感じました。Q.3 志望エアラインを教えて下さい。A.3 全日本空輸

    • 大学2年生はるさんはVICで受験準備開始しました!の画像

      大学2年生はるさんはVICで受験準備開始しました!

      大学2年生はるさんはVICで受験準備開始しました!そんなはるさんにインタビューしてみました↓Q.1 初回授業を終えて、今の感想をお知らせ下さい。具体的に記載お願いします。A.1 みなさん髪型やメイク、スーツでばっちり決まっていて、良い緊張感の中でレッスンできたと思います。オンラインでの授業は他の校舎の方もいらっしゃり、全国にCA・GSを目指す方がいるのだという意識も強まりました。レッスンの中では先生が個別に細かく指摘してくださることも多かったので、自分の改善点が明確になりました。これからどんどん成長していきたいという、向上心も高まりました。Q.2 数あるエアラインスクールの中で、VICのここが良かったというポイントをお知らせ下さい。具体的に記載お願いします。A.2 クラス単位ではないので、学年も校舎もさまざまな生徒さんたちと受講できるというところが緊張感にも繋がり、すごくよかったと思います。また、たくさんの先生がいらっしゃり、同じ授業でも先生によって教えてくださることも異なってくると思うのでたくさんのことを学べるという点も良いです。Q.3 志望エアラインを教えて下さい。A.3 まだ確定ではありませんが、今のところは日本航空、全日本空輸を考えております。

  • 30May
    • 桜美林大学2年生飯嶋華央さんはVICで受験準備開始しました!

      桜美林大学2年生飯嶋華央さんはVICで受験準備開始しました!Q.1 初回授業を終えて、今の感想をお知らせ下さい。具体的に記載お願いします。A.1 笑顔が大切な職種だということを改めて感じました。毎日練習したいと思います。面接では、自分の個性を出すこととオリジナルを見つけていきたいです。面接での答え方で私はまだ「えっと」と間をとること、1文が長くなってしまい話したいことの要点をまとめるのが苦手な部分なので克服したいと思いました。また、話し方も丁寧に言えるようにしたいと他の生徒さんを見て感じました。Q.2 数あるエアラインスクールの中で、VICのここが良かったというポイントをお知らせ下さい。具体的に記載お願いします。A.2 生協のガイダンスで説明をお聞きした際に客室乗務員になりたいという気持ちが高まり、挑戦してみようと思えたこと、無料で何度ども個別相談が受けられルこと、エントリーシートを添削していただけることに魅力を感じました。また料金がプラスでかからないところが良いと思いました。Q.3 志望エアラインを教えて下さい。A.3 JAL,ANA,フジドリームエアラインズ

    • 中央大学3年生ゆきさんはVICのオンライン授業で受験準備を頑張っています!の画像

      中央大学3年生ゆきさんはVICのオンライン授業で受験準備を頑張っています!

      中央大学3年生ゆきさんはVICのオンライン授業で受験準備を頑張っています!そんなゆきさんにインタビューしてみました↓Q.1 オンライン授業を受けてみて、新しい発見がありましたか?A.1 照明や映り方、背景などを気を付けなければならないといけないことが分かりました。対面のときとカメラでは映りが異なるので、自分をよりよく魅せる方法を考えるようになりました。また話しているときの自分の表情も見ることができるので、話し方の改善にもつながっております。Q.2 エアライン業界でも、オンライン面接が主流になってくると思われますが、今の授業は生かされますか?A.2 はい、必ず生かされると思います。先生方からオンラインだからこそ気を付ける点をご指導いただいたおかげで、オンラインの面接になっても不安はございません。Q.3 オンライン授業に移行され、講師や他の生徒との距離が更に近くなったという声が寄せられていますが、如何ですか?A.3 はい、そのように感じます。オンラインだからこそ、他校の先生方や生徒さんと出会える機会が多く、毎回新しい刺激をいただいております。また、このような状況だからこそ、一緒に頑張っているほかの方々をみると、私だけではない、という気持ちになりモチベーションに繋がっております。

  • 28May
    • JALの採用中断ニュースをどう読む?

      こんにちは!お問い合わせが多いJALの採用中断ニュースについて。あくまで、中断であり中止ではありません私見ですが、新卒採用は行う根拠は、1 治療薬、ワクチンが出来ればコロナはインフルエンザと同じ!→治験薬とワクチンは治験の段階まで来ている!2 1が正しいとしたら、来年は路線は回復する→人員は絶対必要!3 あの経営破綻の時ですら、水面下で採用していた!←若干ではありましたが、ホント!何を信じるか、どう思うかにより、人生って変わると思います。今、成長をストップするのか、前を向いて進むのか不安や心配は何のプラスももたらせません。さあ、考えている時間に単語一つ覚えませんか?

    • 短大併修コース社会人礒崎陽恵さんはVICのオンライン授業で頑張っています☆の画像

      短大併修コース社会人礒崎陽恵さんはVICのオンライン授業で頑張っています☆

      短大併修コース社会人礒崎陽恵さんはVICのオンライン授業で頑張っています☆そんな磯崎さんにインタビューしてみました↓Q.1 オンライン授業を受けてみて、新しい発見がありましたか?A.1 通常であれば自分自身の表情が見えなく、ご指摘頂き気付くものなのですが画面越しに写っている表情や姿勢に自ら気づく事ができ、常に意識する事が出来ております。また、他校の生徒の方々と学ぶ事が出来る為地域によっての私情や風潮の情報が異なったりと様々な温度感を吸収でき、新たな目線で捉える事ができたりと非常に新鮮な環境だと実感しております。Q.2 エアライン業界でも、オンライン面接が主流になってくると思われますが、今の授業は生かされますか?A.2 もちろん生かされると思います!現地で実際お会いしなければ第一印象が伝わりにくいかなと思ったのですが、光の当たり具合やメイクの仕方によって見え方が全く違う事に気づき、画面越しの印象も非常に重要になると感じる事が出来ました。また、オンラインでの適度な緊張感というものも感じる事ができ、授業を受講する上で習慣づけられ自信にも繋がります。オンライン授業から感じ学ぶ事も多く、今後どんな変化にも対応出来る力になると思っております。Q.3 オンライン授業に移行され、講師や他の生徒との距離が更に近くなったという声が寄せられていますが、如何ですか?A.3 的確なアドバイスを先生からは勿論のこと、生徒の方々からもチャットという機能を活用したりと多く頂ける機会が増えたり、本校だけではなく他校からも同じ目標に励んでいる熱量がその場で感じる事がで出来る為、コロナの時期でありながらも常にモチベーション高く受講する事ができ嬉しく思っております。ありがとうございます。

    • 法政大学2年生正能愛里さんはVICで受験準備開始しました!の画像

      法政大学2年生正能愛里さんはVICで受験準備開始しました!

      法政大学2年生正能愛里さんはVICで受験準備開始しました!そんな正能さんにインタビューしてみました↓Q.1 初回授業を終えて、今の感想をお知らせ下さい。具体的に記載お願いします。A.1 初めての授業は大変緊張しました。全国の同じ志を持つ方たちと授業を行うことで、自らの反省点やみなさんの良いところを沢山吸収できる機会となりました。また自分の表情とみなさんの表情を常に見ることができますので、口角や笑顔を意識することができました。Q.2 数あるエアラインスクールの中で、VICのここが良かったというポイントをお知らせ下さい。具体的に記載お願いします。A.2 講師の方々の丁寧なご指導や、生徒の皆さんの熱意が自分自身のモチベーションになると感じだところが良かったと思うポイントです。Q.3 志望エアラインを教えて下さい。A.3 日本航空です。

    • 社会人花さんはCA既卒試験に向けて頑張っていますの画像

      社会人花さんはCA既卒試験に向けて頑張っています

      社会人花さんはCA既卒試験に向けて頑張っていますそんな花さんにインタビューしてみました↓Q.1 オンライン授業を受けてみて、新しい発見がありましたか?A.1 普段の授業だと、先生や自分の表情に集中してしまいますが、オンラインだと、喋っている他の方の表情や声色をしっかりみることができました。また、目線や照明、肩より上のみで印象が変わるため、プラスにもマイナスにもなると思います。Q.2 エアライン業界でも、オンライン面接が主流になってくると思われますが、今の授業は生かされますか?A.2 自分が発言するときはカメラをみるなど、新しく癖付けしなければならない発見などもあり、非常に生かされるように感じます。また、授業が終了した瞬間に、復習の時間に突入できるので、記憶の定着にも役立つような気がします。Q.3 オンライン授業に移行され、講師や他の生徒との距離が更に近くなったという声が寄せられていますが、如何ですか?A.3 わたしは、むしろ遠くなってしまった気がします。授業終了後の個人的な質問や、参加者と励ましあったり、アドバイスを貰ったりが出来ない点がオンライン授業の唯一の欠点だと感じました。それ以外の面では、移動時間がないので、自分の生活スタイルに授業をムダなく取り込める点が非常に魅力的です。

  • 27May
    • 日本大学4年生立花佳菜さんはVICのオンライン授業で万全の受験準備をしています!の画像

      日本大学4年生立花佳菜さんはVICのオンライン授業で万全の受験準備をしています!

      日本大学4年生立花佳菜さんはVICのオンライン授業で万全の受験準備をしています!そんな立花さんにインタビューしてみました↓Q.1 オンライン授業を受けてみて、新しい発見がありましたか?A.1 オンラインのため画面では常に顔が見られているため緊張感があって新鮮でした。そのため、笑顔をいつも以上に意識することはもちろんのこと、照明器具や背景も気をつけなければならないと実感しました。Q.2 エアライン業界でも、オンライン面接が主流になってくると思われますが、今の授業は活かされますか?A.2 必ず活かせると思います。とくにオンラインにおけるGDはタイミングを図らなければならないので今のうちから練習ができていることに感謝でいっぱいです。今回のオンライン授業の導入は自身の課題が発見できて良かったです。Q.3 オンライン授業に移行され、講師や他の生徒との距離が更に近くなったという声が寄せられていますが、如何ですか?A.3 はい、近くなったと思います。普段の授業では関わることのない全国の校舎の皆さんから学ぶことはたくさんあり、自身の言葉遣いや回答の仕方を見つめ直す良い機会になっています。

    • 大学4年生えむさん『皆で頑張っていこう!』という気持ちで毎回の授業を受けている!の画像

      大学4年生えむさん『皆で頑張っていこう!』という気持ちで毎回の授業を受けている!

      大学4年生えむさん『皆で頑張っていこう!』という気持ちで毎回の授業を受けている!そんなえむさんにインタビューしてみました↓Q.1 オンライン授業を受けてみて、新しい発見がありましたか?A.1 受講者の方全員が画面越しで見えるので、とても緊張感をもって受けられます。また、全国のVICの先生方や生徒の方と受講することでより刺激があり、「皆で頑張っていこう」という気持ちで毎回の授業をすることができます。Q.2 エアライン業界でも、オンライン面接が主流になってくると思われますが、今の授業は生かされますか?A.2 とても生かされると思います。他の受講生の方から自分がどのように映っているか客観的に理解できるのでとても役立ちます。Q.3 オンライン授業に移行され、講師や他の生徒との距離が更に近くなったという声が寄せられていますが、如何ですか?A.3 オンライン授業は、一体感があると感じます。Webカメラを通して表情を間近に見ることができるので臨場感があります。

    • 大学3年生りかさんが今頑張っていることとは?の画像

      大学3年生りかさんが今頑張っていることとは?

      大学3年生りかさんが今頑張っていることとは?私はまだTOEICを受けたことがなく、現在勉強をしています。TOEICは解き方のコツがあるので、VICでの授業を繰り返しとり、先生が特に何回もおっしゃってくれる単語をマークしています。1回やっただけでは中々覚えることもできないと思いますので、継続して勉強し600点以上スコアを目指しています。

  • 24May
    • 大学3年生高橋翼君はCA合格に向けてVICのオンライン授業で頑張っています!の画像

      大学3年生高橋翼君はCA合格に向けてVICのオンライン授業で頑張っています!

      大学3年生高橋翼君はCA合格に向けてVICのオンライン授業で頑張っています!そんな高橋君にインタビューしてみました↓Q.1 オンライン授業を受けてみて、新しい発見がありましたか?A.1北海道から沖縄まで、同じ目標の全国のVIC生と顔を合わせて授業を受けられるので、通常授業とは異なる、新しい刺激があります。Q.2 エアライン業界でも、オンライン面接が主流になってくると思われますが、今の授業は生かされますか?A.1 はい。画面の明るさ、背景、自分の映る顔の表情を客観的に捉えられて、画面に映る事、本番の面接への練習になります。Q.3 オンライン授業に移行され、講師や他の生徒との距離が更に近くなったという声が寄せられていますが、如何ですか?A.1 はい、思います。面接以外にもTOEICの授業では、重要な単語や表現をコメント欄で説明して頂けるので、自分のノートに書き留め、まとめる事を行い易くなりました。

    • 千葉大学3年生石橋さんはエアライン受験対策を頑張っています!!の画像

      千葉大学3年生石橋さんはエアライン受験対策を頑張っています!!

      千葉大学3年生石橋さんはエアライン受験対策を頑張っています!!そんな石橋さんにインタビューしてみました↓Q.1 オンライン授業を受けてみて、新しい発見がありましたか?全国のVIC生と一緒に授業を受けることができ、常に新鮮です。また、オンライン面接のための部屋の照明・背景などをセッティングする良い機会になりました。Q.2 エアライン業界でも、オンライン面接が主流になってくると思われますが、今の授業は生かされますか?生かされると思います。受け答え時の目線など、最初は画面を見ていましたが、カメラを見て面接官と目線が合うようになりました。Q.3 オンライン授業に移行され、講師や他の生徒との距離が更に近くなったという声が寄せられていますが、如何ですか?講師の先生とは距離が縮まったと思います。オンライン授業では、生徒間では情報交換や雑談などを話す時間があまりないため、開始前や終了後に少し話せればなと思います。

    • 白百合女子大学3年生あかりさんはVICで合格に向けて頑張っています!の画像

      白百合女子大学3年生あかりさんはVICで合格に向けて頑張っています!

      白百合女子大学3年生あかりさんはVICで合格に向けて頑張っています!『VICのオンライン授業に積極的に参加し、先生からのアドバイスや先輩方のお答え、考え方をたくさん吸収しています!そのおかげで自信が持てましたし、毎回のモチベーションにも繋がっています!』そんなあかりさんに、今頑張っていることについてインタビューしてみました↓まずは資格の勉強に力を入れています。4年生になったら就職活動に専念できるよう、今のうちにTOEICや中国語検定の勉強をしています。このような状況でなかなか試験を受けることはできませんが、勉強することで外資の面接対策にもなっていると感じています。そして、企業研究も始めました。ホームページだけでなくSNSもこまめにチェックすることで、このような状況でも世の中のために動いている会社があることを知り、この情報も実際の面接で生かせそうだなと思います。最後に、VICのオンライン授業に積極的に参加し、先生からのアドバイスや先輩方のお答え、考え方をたくさん吸収しています!そのおかげで自信が持てましたし、毎回のモチベーションにも繋がっています!

  • 23May
    • 大学2年生マイさん『講師や他の生徒との距離がさらに近くなった!』の画像

      大学2年生マイさん『講師や他の生徒との距離がさらに近くなった!』

      大学2年生マイさんはVICのオンライン授業を受けて『講師や他の生徒との距離がさらに近くなった!』そんなマイさんにインタビューしてみました↓Q.1 オンライン授業を受けてみて、新しい発見がありましたか?A.1 はい、オンライン授業ですと他校の生徒さんも授業を受けているので新しい発見も見習うところもたくさんありました。また自分の授業を受けている際の表情もわかることは良いと思います。Q.2 エアライン業界でも、オンライン面接が主流になってくると思われますが、今の授業は生かされますか?A.2 とても活かされていると思います。Q.3 オンライン授業に移行され、講師や他の生徒との距離が更に近くなったという声が寄せられていますが、如何ですか?A.3 私もそう思います。東京校の生徒さんだけでなく他校の生徒さんとの距離も近くなったと思います。

    • 大学2年生みあさんは、VICのオンライン授業で頑張っています!の画像

      大学2年生みあさんは、VICのオンライン授業で頑張っています!

      大学2年生みあさんは、VICのオンライン授業で頑張っています!そんなみあさんにインタビューしてみました↓Q.1 オンライン授業を受けてみて、新しい発見がありましたか?A.1 普段授業を受けている時は、話を聞いている時の自分の表情がわからないのですが、オンラインだと自分の顔も映っているので、もっと笑顔でいようと参考になっています。Q.2 エアライン業界でも、オンライン面接が主流になってくると思われますが、今の授業は生かされますか?A.2 とても役に立っていると思います。どの角度にパソコンを置いたら映りがよくなるかなど、オンラインならではの問題について考えるきっかけにもなりました。Q.3 オンライン授業に移行され、講師や他の生徒との距離が更に近くなったという声が寄せられていますが、如何ですか?A.3 同じ境遇にいるからこそ、より近くなったなと感じます。普段は同じ校舎の人との授業がほとんどですが、オンラインによって北海道の方だったり、九州の方だったり、普段は一緒に授業を受けられないような方々と受けることができる点がまた魅力であり、自分のモチベーション維持に繋がっています。

    • 大学4年生さえさんはエアライン受験対策を頑張っています!の画像

      大学4年生さえさんはエアライン受験対策を頑張っています!

      大学4年生さえさんはエアライン受験対策を頑張っています!そんなさえさんにインタビューしてみました↓Q.1 オンライン授業を受けてみて、新しい発見がありましたか?A.1 今までよりも面接官の視点を持って、面接練習出来るようになりました。話すスピードや表情、聞いている時の態度など、自分だけでなく、他の方のことも見られるので、とても勉強になります。Q.2 エアライン業界でも、オンライン面接が主流になってくると思われますが、今の授業は生かされますか?A.2 とても生かされてくると思います。目線や話し方、カメラ位置、背景など、オンライン面接だからこそ気をつける点が沢山ありました。先生方は一人ひとりに対して指導して下さりますし、回数を重ねる毎に改善することが出来ます。また、他の方々のコツなどもお聞き出来ました!しっかり本番に向けて準備していきたいと思います。Q.3 オンライン授業に移行され、講師や他の生徒との距離が更に近くなったという声が寄せられていますが、如何ですか?A.3 一画面で皆さんの表情を見られるので、頑張ろうという気持ちがより芽生えました!また、他校の先生方や生徒の方々と授業を受けられるのが特に良かったと感じています。普段とは違う環境に身を置くことで、より本番に近い緊張感を持てると思いました。