勝者のフットワーク塾 オフィシャルブログ

オーストラリアでコーチに転身、元高校教師、中屋晋の思考の響き。
日々 テニスに真剣に向かい合っている人に送ります。
フットワークがわかるとテニスが変わる。
勝者のフットワーク塾の教え。出来ないことが出来るようになるテニススクール開講中。


テーマ:

錦織選手の活躍がメディアを賑しています。これを機にテニスの面白さを多くの人に知ってもらえたらと思っています。来年以降の活躍も期待したいと思います。

地上波の放映をご覧になった方も多いと思います。まさに「踏み込むだけではない」という、我々が提唱し続けてきたフットワークが展開されていたことが確認出来たのではないでしょうか。

今では当たり前ですが、10年前は奇異の目で見られていたものです。多くのVfooterが地元のテニススクールのコーチと技術論で揉めるという現象が起き、どうしたものかと案じた時もありました。

さて、テニスについて錦織選手の活躍の話題で持ち切りですが、今月の初めに全日本選手権もしっかり開催されていました。
今年の優勝は江原弘泰選手でした。実は江原選手もVfootworkがベースにしているフットワークメソッドで育った選手です。

私がオーストラリア、ビンスバークレーアカデミー でコーチをしていた頃に家族でトレーニングを受けに来ていたのが江原選手でした。当時3兄弟の末っ子で12歳でした。

お父さんが、VBCA のフットワークメソッドの記事を雑誌でたまたまご覧になったことがきっかけだそうで、その直感というか、思い切りにはまさに脱帽です。

あれから10年、帰国当初お父さんとメールのやり取りがあったのですが、その内容はやはりどのコーチにもその考え方が理解してもらえないということでした。

プロの映像を分析し科学的に構築されたフットワーク理論なのですが、当時の日本では多くのコーチの経験を越えた理論だったのだと思います。


経験を越えた現象に拒否反応を示してしまう。よくあることです。でもそれが本物を見逃してしまう大きな原因なのです。

いい学校、いい会社、これを考えていたら、今の錦織選手はいなかったでしょう。今までの経験上の考えを越えたチャレンジが大きな結果をもたらすのだと思います。

錦織選手の活躍とともに錦織選手に続く選手を期待しています。


例え今はMysteryでも10年後のRealityに繋がることをこれからも続けていきたい。


Aus初めの一歩

オーストラリア上陸、初日の記念ショット 10years ago



■誰でも参加出来ます!!12月サタデーナイトレッスン 12/13、20

やじるしhttp://ameblo.jp/vfootwork/entry-11955928467.html

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

勝者のフットワーク塾のレッスンに興味のある方、お気軽に参加してみて下さい。


*サタデーナイトレッスンとは
土曜日の夜18:00~20:00で、月2~3回のペースでテーマ別に白井コート、市川コート 羽田コートの3会場で実施。毎月参加者募集してます。平日の受講が難しい方、レギュラーレッスンの+αとしてご利用下さい。


下記、専用フォームでお申込み出来ます。


◆12月開催日程

コード:vs1213h
日時:12月13日(土)18:00~20:00
テーマ: ワンフットピボット(肩口のボールの返球)
担当コーチ:広瀬コーチ

場所:南市川テニスガーデン 集合場所:センターコート前
http://minamiichikawa.jp/


開催決定日 12月5日(金)

-------------------------------------------------

コード:vs1220m
日時:12月20日(土)18:00~20:00
テーマ: ラテラルトランスホップ(回り込んで逆クロスへアタック)
担当コーチ:松田コーチ
場所:クリエイティブライフ羽田パーク 集合場所:テニスコート前駐車場
http://www.kajima-tatemono.com/hanepa/access/


開催決定日 12月12日(金)

-------------------------------------------------

定員:6名 最小催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)

料金:1回6,000円 *回数券3回分15,000円(1年間有効・vfootクラブと舎人塾の会員対象)

【申込方法】以下のフォームよりお申し込み下さい。

PC/スマートフォン→

https://ssl.formman.com/form/pc/aIdfS97qDK8jeSKw/

携帯電話→

https://ssl.formman.com/form/i/aIdfS97qDK8jeSKw/

Webからのお申し込みができない場合には

info@vfootwork.com
へご連絡下さい。

※レッスン料は当日現金、もしくは回数券でのお支払いとなります。

※開催決定日以降にキャンセルされますと、キャンセル料【6,000円】が発生いたしますのでご注意下さい。(
回数券をお持ちの方につきましても
キャンセル料は発生いたします。)

※雨天で中止の場合は原則1時間前にメールにてご連絡いたします。
(遠方の方には個別対応いたします)

※当日何かございましたら担当コーチまで直接ご連絡下さい。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

個人的には、自信とプライドを分けて考えてます。自信はいろいろな積み重ねの結果に持てるもので、成功だけでなく失敗の経験も積むことで出来上がります。 


プライドは成功体験がもとに形成されるもので、大き過ぎると失敗が許せないとか、受け入れられないというような偏りに繋がります。 


つまり、プライドを守ろうとすると失敗をしない道を常に選ぶ行動傾向を持つことになります。


プライドを持って生きることは大切ですが、プライドにしがみついてしまわないことです。 


必ず上手くいく道、失敗する可能性のない道、いわゆる無難な道を常に選ぶパターンを打ち破るには自信が必要です。


自信は殻を破って試行錯誤した結果生まれます。自信が自信を生むわけです。

たくさんの失敗をした人が自信を得られるのです。


でも、誰も失敗はしたくありません。失敗をしても支え理解してくれる自分、そして仲間や家族の存在が大きいです。 

最後は自分や周りの人をどれだけ信用できるかのような気がします。 



■確かな上達は確かな基本から Vfootworkジュニア ワンデーレッスン開催!!  11/24

やじるし http://junior.vfootwork.com/junior/

■誰でも参加出来ます!!11月サタデーナイトレッスン 11/8,22

やじるしhttp://ameblo.jp/vfootwork/entry-11942882069.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

プロの選手のボレーの映像がよくYoutubeに流れていますが、ボレー・ストロークの様子を撮ったものが多いです。

その場合、選手はリラックスしてストローカーとのラリーを続けています。

敢えて腰を落としてボレーをすることはしません。

federervolley

ゲーム中にフェデラーがミドルボレーを打つところです。

この写真の状態の後、肩より上のボールを打ちにいっているわけではありません。

でも、肘をここまで上げてます。

ここからネット寄りにある左肩を回すことなく肘でラケットを運び打球します。

肘を脇に付けてボレーをしてうまくいくこともありますが、ポイントは左肩を回さず右肘を前に動かすことだと思います。

そのためにはこの肘の高さを覚えておきましょう。



■確かな上達は確かな基本から Vfootworkジュニア ワンデーレッスン開催!!  11/24

やじるし http://junior.vfootwork.com/junior/

■誰でも参加出来ます!!11月サタデーナイトレッスン 11/8,22

やじるしhttp://ameblo.jp/vfootwork/entry-11942882069.html

■初参加大歓迎!12月冬季キャンプ開催!

やじるしhttp://ameblo.jp/vfootwork/entry-11917179881.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先に着地する前足についての考察の続きです。 

この厄介なステップダウンの前足をうまく名脇役として使えれば、他のショットにもいい影響があると思います。
 さて前回は着地から重心移動の時のつま先の向きに注目しました。
 今日は膝の曲げ伸ばしです。基本的に余裕を持って打てるボールは膝を伸ばしてしっかりとして軸を作って欲しいと思います。
 相手のボールが速いとか打球までに余裕がない場合は曲げたまま打つことになりますが、通常ステップダウンで打つボールは膝を伸ばし、左半身で回転軸を作って下さい。

 その際、膝で腰を持ち上げながらスイング軌道を上げてトップスピンをかける動きにつなげると、安定した弾道を得ることが出来るはずです。
 前足の膝を曲げた打ち方だけの人をよく見かけます。ボールが速くて打球まで余裕がない時に使うローターン、モーグル、ツーフットピボットでは常に膝を曲げたままいいですが、他のフットワークは状況に応じて使い分けられるとプレーの幅が広がると思います。
 ここで注意点ですが、ステップダウンの前足は伸ばしますが、回転軸を安定させるためにつま先より顔が前に出ないようにして下さい。
 回転軸が安定すると右半身の脱力がスイングスピードにつながりラケットヘッドが鋭く走ってくれます。

ではまた


federersd2

前回の写真と見比べると膝の曲げ伸ばしがよくわかります。


■確かな上達は確かな基本から Vfootworkジュニア ワンデーレッスン開催!!  11/24

やじるし http://junior.vfootwork.com/junior/

■誰でも参加出来ます!!11月サタデーナイトレッスン 11/8,22

やじるしhttp://ameblo.jp/vfootwork/entry-11942882069.html

■初参加大歓迎!12月冬季キャンプ開催!

やじるしhttp://ameblo.jp/vfootwork/entry-11917179881.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)