正義のリフォーム

テーマ:
えー
またまた
仕事寄りの話しです

少し前に
同業の経営者さんと
話した事です

最近さぁ
テキトーな仕事してる
酷い現場をよく見るんだ
あれはないよなぁ…

リフォーム

あの
見積りって
簡単じゃないんです
あとで
追加費用って
嫌ですよね?
お客様はもちろん
請求する側の
こちらも嫌なんです

壊してみないと
わからない
ある程度
想定して計算しますが
何でもかんでも盛り込むと
高い!ボッタクリ!
とお叱りいただくのが
容易に想像できます

特に私は
スーツでビシッとタイプの
出来るメンズ風からは程遠く
ジーンズにTシャツですから…
見た目が
ビジネスマンではないので
豪華な見積りは
似合わない

その様な背景から
甘い見積りを
提出して
自分の首を絞める
ドM野郎になったり
することもあります

お客様に
追加費用の請求ができない
説明が上手くできない
そもそも面倒くさいから
決まった事だけやる

だから

現場で発見した
問題な部分を
見て見ないフリして
見積り内の工事だけ
やればいいんだ

これってどうなんですか?

ただでさえ
利益が出にくいのに
慈善事業になったら
そりゃあ
経営者失格ですから
ダメです

でも
見てしまって
知ってしまって
知らんぷりは
人間失格

やるか
やらないかは
お金が掛かる事なので
お客様が決める事です
現状を伝えて
プロとしての
見解を伝えて
指示を待つだけです

小さい頃
ほとんどの少年が
正義のヒーローに
憧れたと思います
定番は
仮面ライダー?
ですかね?

私は

怪傑ズバット

でした

今は
おっさんですが
正義のリフォーム屋で
ありたいと
思います

しかし…

そもそも
正義ってなんだろう? 笑

住宅ローン

テーマ:
たまには
仕事寄りの話を

不動産を購入するには
当たり前ですが
お金が必要です
現金で購入する方
圧倒的少数派です
住宅ローンを組み
購入する方が多数派です

今はいいですねぇ
金融機関が金利を競い合い
かなりの低金利です
都市銀行で平均0.7%
くらいでしょうか
私の父親世代の方は
7〜8%の金利でした
から大変ですね

例えば3,000万円借ります
0.7%の金利で期間35年
月々の支払い80,556円
8%の金利で期間35年
月々の支払い 213,078円
です…滝汗
給料が住宅ローンで
終わります

今より
景気が良かったとはいえ
父親世代の方は
本当に大変な思いで
マイホームを維持していた
頭が下がります

処分したいから
売ってほしい
依頼をいただき
査定をすると
心が痛みます
大変な思いで維持した
マイホームが
購入価格の3分の1に
なんて事もあります
そして必ず
あの間取りが良かった
あっちの物件に
しておけば良かった
聞きます

そこで…
提案ですが
購入時は
特殊な事情がない限り
将来の資産価値を
よーく考えて
不動産を買って下さい

お子さんの学校が近い
大事な事です
同じ価格で
学校は近いけど
資産価値が低め
学校はちょっと遠いけど
資産価値が高め
どちらを選びますか?

理屈で理解しても
いざ
物件を選ぶ時
お子さんを優先する方が
意外に多いです
気持ちはわかります
が!
数年のお子さんの通学を
何十年住むマイホームの
優先順位にしてはなりません

私は
小学校まで
30分以上歩いて
通学しました
親に
子供の通学の事考えて
家を買った?
聞いた事があります
そんなもん
考えないよ
あっさり言われました
私は
親が良い買物をした
そう思っています

物騒な時代になった
昔とは違うんだ
30分も子供を歩かせたくない
そうかもしれません

全ての希望が叶う
そんな物件は
なかなかありません
交通の利便性がよい
豊富な商業施設
閑静でキレイな街並
機能的な間取り
車庫入れしやすい広い道路
陽当たり風の抜けがよい
広い敷地と円満な近隣関係
これを叶えるには
沢山お金が必要です

価値観も変わります
今が良くても
あとで
間逆になることもあります
良い買物をするには
失敗の事例が
沢山必要です

何回も不動産を買い
失敗を次に活かそう!
これは
無理な話しです

良い買物をするには
相性の合う
経験豊富な
不動産屋さんを
見つけて下さい

きっと
沢山の失敗事例を
お客様から聞き
ストックしてます
そして
悪い買物をしそうな時
救ってくれます
気の遠くなる
住宅ローンも
ベストな選択肢を
提案してくれると思います

珈琲の個性

テーマ:
珈琲の味の違いがわからないよー
友人知人にせっかく
美味しいお店だよ
行ってみて〜
しかし
行ってみても
何が美味しいのか
わからないと…

違いのわかる
ゴールドブレンド
みたいな男になるには
どうしたらいい?
そんなことを
聞かれました

わたくし
その昔
体重がまだ
今より5キロ
少なかった
スリム時代
珈琲屋をやってました

世界各国の
美味しいと感じた
生豆を仕入れ
自分で焙煎し
販売してました
いわゆる
自家焙煎珈琲豆屋です

この
自家焙煎珈琲豆屋さん
昨今は学校やセミナー等
短期間で技術を磨けるようで
独立開業しやすくなったと聞きます

しかし
商売する以上
プロとして
産地による味の個性の表現
焙煎技術
抽出技術
自身の珈琲レベルを
嗅ぎ分ける
舌と鼻と感性が必要です
怠けたり
天狗になったら
コンビニコーヒーに
簡単に負けます

わたくしも
実力がピークの時は
焙煎の煙で産地がわかり
ブレンドが
何で構成されているかわかる
そこまでいきました
しかし今は
不動産屋です
さっぱりわかりません 笑

そうなんです
絶対味覚でも
あれば別ですが
日々鍛えないと
味覚も感性も衰えるのです

違いのわかる
ゴールドブレンドに
なりたい彼に
提案したのは
自分が美味しいと
感じるものを
毎日
飲み続けてみたら?
それで
たまーに
違うものを飲んでみる
間違いなく
違いがわかるよと

あと
抽出方法を気にしてました

素材さえ良ければ
自分らしく楽しめれば
基本何でもいいと思うのですが
変な流儀や
根拠のない
ウンチクが多い世界
勘違いされている部分が多いです

例えば…
よくドラマでみる
上下に凄い勢いで
グルグルと
ポットをまわす
これは
パフォーマンスです
おすすめしません
某カフェでもやってますが…

この
グルグルポットですが
産地による輝く個性が発揮されず
珈琲が可哀想です
確実にお湯の味がする
珈琲になります
これを
有名店がやれば
お湯の味を
スッキリ飲みやすい
これが本物の味だ!
洗脳されます

自宅で
何を飲んでも
違いがわかりにくいなぁ
という方へ
是非!
粉の中心だけを狙って
低い位置をキープしながら
粉を極端に暴れさせないで
ひたすら中心に
お湯を落とし続けて下さい

きっと個性の輝く
琥珀色の液体になるはずです!

なんて
偉そうに

不動産屋が
失礼しましたタラー


尾崎豊の衝撃

テーマ:
税理士さんに
提出するべき書類が無い
マズイ…
自宅の思い当たる場所を
くまなく探す
ナイス
無いっす…

デパートの紙袋
これじゃないよな?
重い
数枚のレコード発見


なんじゃこりゃタラー

クラッシュギャルズの
シングルレコードが…
渡辺美奈代の
シングルレコードが…
きっと自分の物じゃないと
言い聞かせるも
記憶が蘇ってきた

俺のだ 笑

微妙な気分で懐かしさ堪能
そこで
尾崎豊登場
何故か?
尾崎豊だけ新品のようなクオリティ
当時
相当大事にしていたのでしょう

初めて聞いた14歳の時の
あの衝撃は今でも鮮明
部屋の窓から見た景色まで
しっかり脳裏に焼きついている
二枚目のアルバム
回帰線

針を下ろした瞬間
ブッ飛んだ
後ろから
ワッ!
て脅かされたように
ビクっと鳥肌が立った

なんだ
この歌は…
もう
興奮を超えて
トリップ状態
あっという間に
A面終了

音楽を聴いて
あれ程の異常な興奮は
その後味わっていません

よく彼の歌は
叫びだと聞きます
まぁ
そうなんでしょう
しかし
そんなもんじゃない
上手く歌おうとか
微塵も感じさせないのに
とても上手く
表現豊かで
心が揺さぶられる

歌のオリンピックが
もし当時あったら
男性部門二人選出
玉置浩二
尾崎豊
一票です

類い稀な容姿
影だけで尾崎豊とわかる
異常なオーラ
間違いなく
歌うために生まれてきた

リアルタイムで
彼の歌が聴けて
幸せだったと
実感するのであります

生LIVEも二回観れたし✌️

しかし…

肝心の書類はどこへ? 笑


息子とゴルフ

テーマ:
先日
取引先の方とのゴルフに
高校二年生の
息子を混ぜていただき
プレーしてきました

息子が本格的にゴルフを始めて
二年が経ちました
本格的にと言っても
スクールに入ってマンツーマンで
教えていただくのではなく
私が軽くアドバイスしたり
紹介いただいたプロの方に
たまに見ていただいたりで
メインはひたすら自己練習です

練習やらトレーニングジム費用は
ゴルフ場でバイトして
自分で払ってます
好きだから出来るのですね
きっと常にゴルフの事を考えて
生きているのでしょう
好きな事ができる環境
支えていただいている
全ての方のおかげです
本当にありがたい

プレーの場所は
東筑波カントリークラブ
食事も美味しくて
大好きなコースです
やたら難しいって
感じじゃないのに
良いスコアが出ない…
いつもより5〜10打
余計に叩いてしまう
今日こそ70台でまわりたい

息子に負けてなるものか!
バーディースタートの勢いは
あっという間に終了
連続ダボで、鼻息の荒さと
同じくらい叩いてしまった…
息子は40.43の83
あっさり負けてしまった…

格闘技の試合前に
対戦相手を見下して
カッコつけた発言して
パフォーマンスして
いざ試合になると
見せ場なくあっさり負ける
あのカッコ悪さにも似た
負け方でした

次の戦いは息子がバイトで
お世話になっている
紫カントリークラブの
すみれコース
次は負けない…
絶対に負けない…
リベンジだ!


先ずは

腰を治そう