■がん こんなに男前になりました。リンパ腫の猫さま寛解へ#リンパ腫#寛解#免疫誘導 | まねき猫ホスピタル院長 獣医師・石井万寿美 ペットのいる暮らし

まねき猫ホスピタル院長 獣医師・石井万寿美 ペットのいる暮らし

小動物臨床をしている獣医師です。書くことが好きで本も書いています。自分の勉強したことを伝えて、少しでも世の中に還元できれば、こんな嬉しいことはありません。

↑2019.04.13  猫さま こんなに男前になりました!(飼い主さんの許可を得て、掲載しています。)(下の写真は、これよりは男前ではありませんが)

 

大阪の病院なので、この猫さまの会話は次の言葉で始まります。

「男前ですか?」

「今日は、もっと男前になりました。」

 

この猫さまは、眼窩と鼻梁にリンパ腫が出出来た子です。

*抗がん剤は使いたくない。

*放射線治療もしたくない。

 

ということで、ある病院から紹介で、来られました。

 

私たちは、がんのあるところだけ疾患があるとは、取らえていません。

カラダ全体が、慢性炎症を起こしているので、それを治さないと寛解にならないと考えています。

 

●私たちの治療法

*食事療法

*丸山ワクチン

*紅豆杉

*インターキャット

*ICG-lipo(鳥取大学と共同研究)

*エタノールの局注

 

いかのように寛解になっています。

 

↑2019.01.19

 

↑2019.0125

 

↑2019.03.16

↑2019.03.28

 

 

こんな風によくなっていきます。

私たちの治療法は、免疫誘導なのでリンパ腫が小さくなるのは、リンパ球のT細胞が食べるからです。

 

免疫誘導をしていますので、

 

樹状細胞ががん細胞を食べて抗原提示

       ↓

T細胞が、それに気づいて、がん細胞を食べてくれて、T細胞を増やしてくれます。

それで、このような寛解に持っていけるのです。

 

●寛解の様子が触感でわかる。

①患部はがん細胞がたくさんあるのか、岩のように硬い、そして触ると怒る。

②患部はがん細胞がたくさんあるのか、岩のように硬い、そして触ると怒らなくなる。

③患部が柔らかくなる。

④患部が体積が減る

⑤患部が平坦になりよくわからなくなる。

 

免疫細胞って、本当に賢いのだと思います。

漫画「はたらく細胞」風にいうと、T細胞などの免疫細胞が働く環境が、BLACKだとがんが増殖するけれど、WHITEにしてあげるといいようです。

 

リンパ腫のもふもふちゃんが、もっと「男前」と「べっぴんさん」になりますように!