2月28日
ふじひら児童館にて

子育てハッピーセミナー 開催しました!




たくさんのママさん達にお集まり頂き、

泣いて笑って
日頃の悩みを共有し合い

とても素敵な会となりました。




悩みを安心して
打ち明けられる場があること、

分かってくれる人がいること、

「私だけじゃないんだ」と思えるだけで
どれだけ救われるか、


子育て支援、
家族支援の重要性を改めて感じ

“かゆい所に手が届く支援”を

これからも取り組んでいきたいと
思います!






以下、
当日参加したベスタの会メンバーが
それぞれ感じたことを掲載します(^^)




えりりんのレポ



ふじひらに来てくれたお母さんは生の情報が知りたいお母さんでした。

一歳未満のお子さんが多くて離乳食がとても気になっていたようでした。

たくさん情報があふれているし、みんなどうしているんだろう?と思っている人が多いのかなと思いました。
あと、子育ては答えがないし、教科書もない。

帰ってから自分のことを振り返ると、私は特別な離乳食作ってなかったな。
子どものために一生懸命レシピみて作っているお母さんはすごいなと自己嫌悪。
でも、そう思ったところでできない。
いったい私はどうしたいんだろう?と気がつかないうちに自分に問うていた気がする。

結果、離乳食は月齢に応じた回数、硬さにはこだわった。
あと固さは本では分かりにくいので、レトルトの離乳食を買ってきて、例えば九ヶ月の固さを確認しながら、自分の作った離乳食を子どもに食べさせてた。
すごく頑張っている人はたくさんいて、すごいなって思ったけど、自分は自分の出来ることをずっとやってきたなぁと振り返ることができた。

これからも人と比べたり、私ができないことを子どもにしてあげている人に出会うだろう。
でも、そんな時、一度自己嫌悪するかもしれない。
そのあと必ず自分はどうしたいの???を自分に聞きながら、自分の子育てをしていきたい。上を見ればきりがない。
してあげたいことはたくさんある。
でも、自分は自分の出来ることしかできない。
今までもこれからも愛を持って子どもたちと関わっていこうと決めたハッピーセミナーだった。
何度参加しても、その時の集まったお母さんで、感じる事が違う。

どのお母さんも素敵✨我が子を愛してるから、一生懸命育てているから、来てくれたのだと思う。

ハッピーセミナー最高💕





続いて
メンバー 歩美さんレポ




私が参加したグループでは、兄妹のお子さんで特に長子の子の関わり方に関する悩みが多く聞かれました。
上のお子さんの方が出来る事が多く、信頼して色んなお願いをしたりすると、下の子と比べてどうせ私なんて。。。といじけてしまう事が多いという話でした。
私は子育て未経験なのでリアルなお母さんの悩みを聞き目からウロコなことばかりでした。

どうせ私なんかとなるお子さんを見てやはり私が悪いのではとお母さん自身の自己肯定感も低くしてしまう発言もあり、子供気持ちをまるで自分の気持ちの様に感じるお母さんの愛情の深さに感動しました。
また、自分が自分をどう感じて扱うかが子供の接し方にも影響を与えるのだと感じました。
子も宝であれば母親も宝という話があって、まずは自分自身を宝の様に大切に出来る自分になりたいと感じました。




続いて登和のレポ

‥は、長すぎるのでこちらへ。笑

https://ameblo.jp/miyanagatowa/entry-12356804543.html




セミナー後は
みんなでわいわいランチ♡




たくさんのご参加
ありがとうございました\(^o^)/