MYリーグ2019第7戦・試合経過9回 | 野球とサッカーのボードゲーム、カードゲームの『ベリーマッチ・トイ』

野球とサッカーのボードゲーム、カードゲームの『ベリーマッチ・トイ』

2015年にデビューした おもちゃ・アナログゲーム・ボードゲーム・カードゲーム・ホビーブランドの『ベリーマッチ・トイ』です。「“おもしろい”を“いっぱい”創造したい」をコンセプトに、おもしろゲームやアイデア商品を沢山発表していきます。

11/13に行われた『マス目野球エキサイトNeo』のリーグ戦、MYリーグ2019シーズン第7戦の模様をお伝えしています。

MYリーグ2019シーズンまとめページ

MYリーグ2020シーズン参加者募集!

マス目野球エキサイトNeo動画

 

投手vs各打者の配球勝負の様子もご紹介!

 

MYリーグ2019シーズン第7戦

〈ベリ町派〉ブルー・エキサイトvs

〈miccho派〉タテジマ・エキサイト

第7戦開催案内1回2回3〜4回5回6回7回8回

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

【9回表】ブルー・エキサイト攻撃《投手・久保○

1番SS・稼頭○ 初球、内角高め甘いストライクゾーンの剛球ファストをアッパースポット(バットの上っ面)で捉え打ち上げるが、

打球は伸びレフトオーバー2塁打(サイコロの目「6」+バッティングアドヴァンテージ「+2」+コースアドヴァンテージ「+1」=「9」)

0アウトランナー2塁

2番LF・ゴジ◯ 2球続けて真ん中低めストライクゾーンのフォークボール。その2球目をジャストミート!

打球はあとひと伸び足らず深いセンターフライ(サイコロの目「4」+バッティングアドヴァンテージ「+3」=「7」)

1アウトランナー2塁

3番3B・小笠○ 緩急と高低を幅広く使った配球に的を絞りきれず空振り3球三振

2アウトランナー2塁

4番DH・落◯ 3球続けて真ん中高め甘いストライクゾーンから低めへ変化球攻め。3球目、内角低めストライクゾーンのチェンジアップを空振り3球三振3アウトランナー2塁残塁

9回表、ブルー・エキサイトは先頭の1番・稼頭○が2塁打で出塁するが、後続続かず無得点(T)2-11(B)

 

【9回裏】タテジマ・エキサイト攻撃

投手・江○大魔○に交代》

 

7番SS・鳥◯ 空振り2つで2ストライクと追い込まれた後の3球目、内角高めボールゾーンのカットボールをジャストミート!

ライト前ヒット(サイコロの目「2」+バッティングアドヴァンテージ「+1」=「3」)

0アウトランナー1塁

8番C・矢◯ 2球目、外角低めボールゾーンのカーブを打たされピッチャーゴロ(Wプレー)

2アウト

9番2B・岡◯ 2球目、外角ストライクゾーンのストレートをニアスポット(芯より内寄り)で捉え、打球は伸びるが惜しくも深いレフトフライ3アウト

9回裏、タテジマ・エキサイトはこの回先頭の7番・鳥○がヒットで出塁するが、続く8番・矢○がピッチャーゴロでWプレー。後続も倒れ、その流れのままゲームセット(T)2-11(B)

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

【監督談話】

タテジマ・エキサイトmiccho監督

記者『初回が“すべて”でしたかねー。』

miccho監督『初回がすべてや。(空を仰ぎ、憮然とした表情)

記者『初回4点を取られた先発・村○投手はいつ決めたんですか?』

miccho監督『当日、思いついた…。』

記者『エッ⁉エース藤浪をどうして先発から外しました?』

miccho監督『試合前の防御率を見てみい。藤浪7.71。村山1.69、行けるとこまで行く!コレが“俺のハンバーグ”じゃ。』

記者『ベースボールでしょってが!監督、なんか開き直ってませんか?』

miccho監督『アタマに来とるよ。1番・稼頭◯を遊ゴロに討ち取り、村○は上々のスタートやった。』

記者『ところが2番・ゴジ◯に力で持っていかれ2塁打。(サイコロの目「6」+バッティングアドヴァンテージ「+3」=「9」)

miccho監督『サイの目“6”出されちゃ仕方ないだろう。』

記者『そうですねー。仰る通りです。』

miccho監督『そして“ベートーヴェン”じゃ。』

記者『…ベートーヴェン?』

miccho監督『“運命”のライト前ポテンヒットじゃ。3番・小笠◯は打率.167、そいつがサイの目“1”で、たかが“1”なのに安打だと。運命の被安打!村◯は悲運のエースや。アレでリズムが狂った。その後もサイの目に恵まれず、又、ポテンヒットが出て投げる球が無くなった。(涙目)』

記者『今回の負けで“進退”問題にまで、発展しそうですが?』

miccho監督『“しんたい”は血圧、脈拍正常値や。』

記者『そりゃ“身体”でしょ。“首”問題のことですよー』

miccho監督『見てみぃ、“首”はちゃんと廻っておる。』

記者『MYリーグコミッショナーから、“負けすぎだな”のコメントが出てますが?』

miccho監督『MYリーグの灯を消して申し訳ない…。』

記者『ココは潔い、大監督デス。』

miccho監督『…相手ベリ町監督のサイコロ“手”技術に今日も負けました。(涙又、涙)』

記者『その発言、アウトですよ。球界を愚弄してるんじゃ?』

miccho監督『今から、MYリーグコミッショナーにベリ町監督の身体検査をお願いしてくる。(決意示す)』

記者『コレはもう事件です!明日の見出しが決まりました。』

miccho監督『コレで今シーズンの試合、すべてやり直しになるな。』

記者『監督、不敵な笑みを浮かべて、席を立ちました。球界を揺るがす事件?…イヤ、いつものボヤキなら事件にならないナ。』

miccho監督『お前ら、ベリ町監督の手先か、事件にせい!!』

 

ブルー・エキサイトベリ町監督

記者『猛打爆発!打つも打ったり23安打11得点!圧勝です!』

ベリ町監督『よく打ちましたね。MVPを誰にしようか迷うくらい皆んなまんべんなくヒットを打ちましたね。』

記者『候補としては、3番・小笠○選手が本塁打含む5安打4得点。7番・青○選手が4打点辺りでしょうか』

ベリ町監督『まぁ今回はサイコロ運が強力だったと言えるかも知れませんが、日頃のサイコロ素振りの効果が出たと言えるでしょう。』

記者『5回なんて、3者連続含む4者がサイコロ“6”という手がつけられない状態となりました』

ベリ町監督『ちょっと神ってましたね。』

記者『しかもこの試合、サイコロ“6”の長打ばかりでなく、通常1試合に1〜2本出るか出ないかのテキサスヒットが6本も出ています。テキサスヒットは、バッターそれぞれのバッティングランクにより必要なサイコロの目が変わりますから、その辺の兼ね合いも良かったと言えますね?』

ベリ町監督『ピッチャーにしたら、打ち取ってる打球がヒットになるのは、ものすごく堪えるんですよ。バッターにとっては、テキサスヒット=打ち損じなわけですから、それがヒットになるのは大きい。3番・小笠○は今日テキサスヒット3本。小笠○の場合、サイコロ“1”でテキサスヒットになるので、今日はサイコロ“1”と“6”しか出ていませんよ。』

記者『miccho監督が、ベリ町監督のサイコロに疑いの目を向けているとの情報もありますが…』

ベリ町監督『今日は打球がことごとくヒットになったんで、miccho監督でなくても恨み節の一つも出るでしょうね。でも、サイコロの数字が大きければ必ずヒットというわけでもありませんから不正なんて無理ですよ。』

記者『では、潔白ということでよろしいですね?』

ベリ町監督『当然です。むしろmiccho監督の方が、いつも念力やら手かざしやら何やらと駆使して怪しい動きが多いので、皆さん、miccho監督が策士ということをお忘れなく。』

 

次回は記録です。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

野球、サッカーのボードゲームならベリーマッチ・トイまで♪お求めは当サイトショッピングページアマゾンヤフーストアヤフオクストアボドゲーマafnポータル他ゲームショップにて。あそぼう企画、ご購入頂いたお客様のユーザー登録も随時受付。