自分を労わる梅雨のアーサナ | 東京新宿区神楽坂アーユルヴェーダマッサージとシロダーラで体質改善&デトックス

東京新宿区神楽坂アーユルヴェーダマッサージとシロダーラで体質改善&デトックス

首・頭のコリ、妊活、更年期、アンチエイジング、腰痛、肩コリ、痩身ならアーユルヴェーダマッサージとシロダーラで体質改善

シロダーラ・アヴィヤンガ・リンパマッサージ・ヘナ・カティバスティ・ネトラタルパナ・ガルシャナ・ワルタナ・フェイシャル・ヘッドスパ


テーマ:

新宿区神楽坂アーユルヴェーダエステヴァーマの宮野です。

 

 

 

 

 

6月は梅雨の季節。
気温差により身体が疲れやすい季節なのでいつも以上に自分を労わり、リラックスタイムを大切にしたい季節です。

今日の自分は『身体が緩んでいるのか、緊張しているのか』チェックしてみましょう。

指先でみぞおちを押してみてください。弾力があり硬いですか?柔らかいですか?
みぞおちは、肋骨の奥まで指が入るくらい柔らかい状態が好ましいです。


【みぞおちが硬い人は、胸の緊張が強く身体が緩んでいない状態です。】





ヨガのアーサナでは「キャット&カウ」がおすすめです。
また、座りながらの「キャット&カウ」なら仕事の合間や寝る前でも簡単。両手もつけて肩甲骨も同時にほぐします。


【やり方】
①両手を体の後ろで指を組みこぶしを作る。肩甲骨を寄せて胸を開きます。目線は斜め上を見上げて。(呼吸を繰り返す)
みぞおちに優しい呼吸を届ける。

②両手は体の前で指を組み手のひらを自分の方へ向ける。背中を丸めて猫背を作ります。目線はおへそを見ます。

②のときは、肘は軽く緩めてみぞおちを体の奥に引き込む。お腹に大きな風船を抱えているようなイメージ。
背中の皮膚を十分に伸ばします。(呼吸を繰り返す)
この二つの動きを何度か繰り返し行ないます。肩の力はできるだけ手放して、胸と背中を柔らかく緩めていきます。



私たちは体が緩んだ瞬間、緊張していたことに気づきます。
いつも緊張したままでは、心地良い状態に気づけません。



ゆったりとした呼吸とヨガのアーサナで「身体を緩める優しい時間」を作ってあげて下さいね。


宮野(みやの)

 


【神楽坂】アーユルヴェーダで内側から美しく!痩身&エイジレスビューティーをサポート

本場のアーユルヴェーダマッサージとシロダーラ

アーユルヴェーダエステヴァーマ


メニュー

今月のご予約状況

24時間メール予約

サロンの場所

03-3527-9960

 

 

------------------------------------

 

各種メルマガをご登録の方へお届けしています。

------------------------------------

 

 

アーユルヴェーダ的な季節の過ごし方

 

 

サロンにお越しになったことのない方も、お気軽にどうぞ♪

月に1回配信中!

 

 

 

 

 

 

 

【新宿区神楽坂】アーユルヴェーダエステ★ヴァーマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります