遅れてばかりの情報発信 | ミドリノカガヤキ
2018-02-12 23:32:04

遅れてばかりの情報発信

テーマ:ヴェルディ

このブログでは、ヴェルディの情報発信のあり方を問題にしてきましたが、今回のキャプテン・副キャプテンの発表でもそれがいえるでしょう(公式サイト)。なぜ、昨日のファン感謝祭の時に発表できなかったのでしょうか。ベレーザについても、田中美南のキャプテン就任のあいさつはありましたが、岩清水梓が副キャプテンということはファン感謝祭時には伝えられていなかったと思います。普段応援してくれるサポーターがお金を支払ってまで足を運んでくれたイベントであるならば、せめてキャプテン・副キャプテンの発表とその意気込みを当事者から直接話してもらう、くらいの配慮はあってしかるべきだと僕は思います。

 

さらにいえば、シーズンチケット購入者やファンクラブ会員を対象としたDAZN年間視聴パスがファン感謝祭時に販売され、「販売状況により、後日オンラインでの購入受付を予定しています」、「会場以外での購入方法は別途ご案内します」と告知している(公式サイト)にもかかわらず、現在でも公式サイトのトップページにシーズンチケット購入者・ファンクラブ会員以外の人でも加入できる、通常のDAZN視聴申込のバナーをつけていることにも疑問があります。当初予定している販売数が売り切れとなってしまったにせよ、そうでないにせよ、何らかの告知は必要だと僕は考えます。

 

実をいうと、僕はファン感謝祭の会場でこのDAZN年間視聴パスを購入しましたが、その際クラブスタッフに、昨年10月末にこの視聴パスを後日販売する旨の告知をしておきながら(公式サイト)、実際の販売の告知がここまで遅れたのはなぜか、他のクラブと比較して、ヴェルディの販売は遅れている、この視聴パスはチーム強化費につながるのだから、次回はもっと早く告知し、広くサポーターに支援を求めるべきではないかと直接意見しています。スタッフは販売方法の決定が遅れたためだと釈明していましたが、こうした決定の遅れがクラブへのサポート体制の遅れにもつながっている側面は否定できないでしょう。

 

もう1つ気になったことを指摘しておくと、ファン感謝祭の最初に昨年のプレーオフ進出が決定した徳島ヴォルティス戦の試合(2-1でヴェルディ勝利)とプレーオフ準決勝のアビスパ福岡戦(0-1でヴェルディ敗戦)のダイジェスト映像が流れましたが、そこでは相手の得点シーンは一切流れませんでした。昨季の一時期にあった、自分たちの都合の良い場面しかダイジェスト映像を流さない姿勢に逆戻りしてしまったのです。こうした姿勢では、いずれ手痛いしっぺ返しを食らうでしょう。自分たちが見たい事実だけを見て、望む結果が得られるのであれば、誰も苦労はしないのです。

Verdy Supporterさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス