八丁堀ワイン食堂パパン ♪ | ♪おふたりさまがいく♪

八丁堀ワイン食堂パパン ♪

高崎市から東京まで新幹線で戻り

15分ほど歩いて、ホテルへ走る人

 

ホテルで少しゆっくりしたあと、

またまたトホトホ歩いて、

 

八丁堀ワイン食堂パパン音譜

 

このお店を知ったのは、

とあるフリーアナウンサーがブログに料理の写真などをアップされていて、

 

店名は載っていなかったのですが、

ふとコメント欄を見ると、ここは〇〇ですよねってあって、

 

料理をみて、行ったことがある人は店名が分かりますね。

こういうコメントを残していってくれる方に感謝です。

 

 

 

 

看板が理髪店のサインポール風で

いい感じ。

 

 

 

 

 

 

 

初めてのお店なのでドキドキ…

 

 

 

 

 

 

 

入って右側がスタンディングのカウンター席、

左側にテーブル席があるようです。

 

丁度、先週広島に遊びに行ったという

スタッフがいて、

 

緊張して入ったお店ですが、

広島にも八丁堀があるんですね~に始まり、

 

広島話しがいろいろできて、

楽しいひとときを過ごすことができましたface passion pink

 

 

この日、

あまり興味のないボジョレー解禁日でした。

 

 

せっかくだからボジョレーを飲もう。

 

 

 

 

 

 

 

このアミューズは、

 

 

 

 

 

 

牡蠣のポシェと岩海苔のジュレ

なんと260円。

 

その横にあるのは、

柿とフォアグラのコンフィ

 

おひとりさまで行ったときに、

こういうポーションはありがたい。

 

 

 

 

 

 

黒トリュフのフラン

 

卵の殻を器にプリン用に仕上げたフラン
風味豊かな黒トリュフのソース。

 

これも信じられない

230円です!

 

ウマウマ~🐎

はじめてトリュフが美味しいと感じました。

 

お代りしたかったけど

ほかの料理も食べたいのでガマン😣

 

 

 

 

 

 

サービスで出される、赤キャベツ。

いくら食べてもいいんですよ。けど酢漬けなのであまり食べれないあせる

 

 

 

 

 

 

 

あったら絶対食べる、

大好きなテリーヌハート15種類の野菜が入っています。

 

 

 

 

 

 

 

添えられていたクリームソースも

美味しかった。

 

 

 

 

 

 

ホタテのウニソース焼きは

焼きたてアツアツ~

 

 

 

 

 

 

 

そそられるメニューばかり!

 

 

 

 

 

 

ホタテとさつまいものオムレツ

 

イメージしていたふわっとしていない、

固いキッシュのようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また行きたいお店ですちび顔

 

 

ペタしてね