美容の大きな味方【バイオプトロン】 | ヴィーナスボーテ南青山の「美は一日にしてならず」。

ヴィーナスボーテ南青山の「美は一日にしてならず」。

ヴィーナスボーテ南青山は青山骨董通りのハーバルピールとオーダーメイドによるフェイシャル専門メディカルエステティックサロンです。
創業10年のオーナーエステティシャンが一人ひとりに合った最高の美肌をプロデュースいたします。


テーマ:
【私たちの命をつなぐ太陽】
≪私たちの体は細胞でできている≫

私たちの体は60~70兆の細胞の集合体、つまり隅から隅まで細胞でできています。
よく耳にする脂肪細胞や脳細胞ばかりでなく、血液やリンパ液もみな細胞。
また、細胞というと柔らかなイメージがありますが、毛髪や爪、骨だって全部細胞の集合体なのです。

ですから、これら数十兆の細胞がすべて効率よく働いてこそ、私たちの健康や美容は保たれているといえます。
逆に考えれば、細胞が必要としているものこそが、私たちの体に絶対不可欠のものなのです。

では、私たちの体に絶対不可欠なものって?

 

≪太陽なしでは生きられない≫

まず思い当たるのが空気と水でしょう。
確かに生活する上で空気(酸素)はひとときも欠かせないことや、脱水症状になると体調を崩すことなどから、空気と水の大切さは充分にわかっています。

けれど、最も大切なものを忘れていませんか?

それは、太陽です。
長雨が続いたときや、北国に住んでいて冬の間は太陽をしばらく見ないという人ならともかく、普通に生活している限り、太陽を恋しい、絶対に必要、と思う機会は滅多に訪れません。

しばらく太陽に当たらなくてもすぐには体に異常は起こりません。
けれどもそれは、人体には光エネルギーを蓄える力(蓄電池)があるおかげ。
適度な日光浴が健康維持に必要なことや、子供を夏のうちに海に連れて行くと冬に風邪をひきにくくなることなど、生活の知恵のひとつとして私たちは太陽の恩恵をこうむっているのです。

長い間太陽に当たらずにいると、風邪が流行すればすぐにウイルスに感染し、ちょっとしたケガでも治りにくくなるなど、病弱でひよわな人間、まさに「モヤシ人間」となってしまうのです。


【太陽の光で細胞が目を覚ます】
≪不規則な生活が引き起こす体の「ひずみ」≫

時差ボケになると、眠いだけでなく、だるかったりしてなんとなく不快な感じになりますね。
これは、太陽の動きと生活のリズムが合っていないから。
実は、太陽の光こそが時差ボケの特効薬ということをご存知ですか?

人間は強い光を浴びると、真夜中に優勢になるメラトニンホルモンの分泌が抑えられ、かわりに昼間活動するためのホルモンの分泌が始まります。

メラトニンホルモンは真夜中に分泌されるものですが、時差ボケなどで分泌量や時間が狂ってしまうと体に悪影響を与えてくるのです。

老人の痴呆や子供のキレなども、このメラトニンホルモンの分泌機能不全が一因ともいわれています。


≪太陽の光で生命力アップ≫

つまり、光の力で細胞を目覚めさせてこそ、細胞は血液から酸素、水分、栄養物などを過不足なく吸収でき、イキイキするのです。
自然治癒力がアップし、風邪などに負けない体を作れるのです。

太陽の恩恵は、むしろ人間以外の動植物へ目を向けると明らかでしょう。
野生動物の多くは、夜明けとともに起き、太陽の光を浴びて生活をし、日が沈めば眠ります。
こうして、生まれながらにして自然治癒力をアップさせる生活をしているのですから、多少のケガならなめて治せるくらい生命力に溢れているのです。


【気になる太陽光線の害について】
≪紫外線はやはり浴びないほうがいい?≫

恩恵の多い太陽光線ですが、困った面もあります。
例えば紫外線は、ビタミンDの生成を助けたり、殺菌作用があるなどの長所もある反面、短波長紫外線となると、日焼けやひどい場合は皮膚ガンなど、私たちの体に大きな害を及ぼします。

一方、赤外線は体温維持や健康維持などになくてはならないものですが、長波長赤外線となると高温すぎて生活に適しません。

しかし、すでに述べたとおり、太陽の光は私たちの体にとってなくてはならないものです。
紫外線でも赤外線でもなく、私たちの健康維持に欠かせない光線、それが可視光線なのです。


【可視光線の働きについて】
≪病気の要因がいっぱいの現代社会≫

現代社会の中で生態情報に異常をきたす要因は、ストレス、種々の環境ホルモン、食品添加物、紫外線など、挙げていったらきりがないほど。

それらを長い間放置してきた結果、現代医学をもってしても治療法が確立されていないガン、特に日本で患者数の多いアトピー性皮膚炎や花粉症など、免疫不全(生態情報伝達機能不全)を要因とした様々な症状が発生したのです。

紫外線が悪者扱いされるのも、その波長が可視光線波長とは異なり、逆に細胞内外のバランスを崩し、ガン細胞生成の要因ともなっているから。

アトピー性皮膚炎も、幼い頃から添加物漬けの食生活や放課後は学習塾通いで遊びといえばコンピューターゲームと、太陽のもとで可視光線を浴びる機会など皆無に等しい生活を送ってきた結果といっても過言ではないでしょう。


≪細胞本来の力を引き出す魔法の力≫

可視光線は、書いて字のごとく「肉眼で視ることが可能な光線」で、その代表例が虹。
虹の赤から紫までの7色を作り出しているのが可視光線なのです。

可視光線の人体への効能がわかったのは、1960年代になってからのこと。
ドイツのノーベル賞受賞科学者アルベルト・チェンツシニル博士によって、細胞の免疫力や自然治癒力に深く関与していることが解明されたのです。

博士は、個々の細胞が持つ生態情報は、細胞膜内外の電位差と関係しあっているという事実を発見しました。
可視光線を皮膚に当てると、皮膚を通してその下の細胞に光信号が与えられます。
その信号は時速360キロのスピードでインパルス信号を全身の細胞に伝達します。

このとき、細胞膜の内側と外側とのバランスに崩れがあれば、インパルス信号は上手に伝わりませんが、それを正常に戻すのが可視光線波長信号であるということを博士は証明したのです。


【可視光線を応用した機器】
≪課題の多かった従来の機器≫

可視光線を利用した機器には、様々なタイプがあります。
ドイツ製や国産のもので、アークライト(炭素棒が燃焼するときに発する光)と呼ばれる機器は、各種療法施設ではすでに普及しているもの。

可視光線以外に少しの紫外線とかなりの赤外線をも発するライトで、機器自体の取扱いが難しく、少々の危険を伴うこともあります。
また、炭素棒は使うたびに消費しますので、維持費かかるのもウィークポイントでしょう。

最も肝心な可視光線ですが、確かに太陽光に近い波長を発しますが、量が少なく、長時間照射しないと効果は得られません。


≪画期的な次世代機器「バイオプトロン」≫

最近日本でも販売が始まったスイス製の『バイオプトロン』は、アークライトの次世代製品として開発された注目の機器。
紫外線は一切含まず、赤外線は37度までの波長のみを発する、可視光線照射機器です。

しかも可視光線照射をより効率的にする特殊な偏光レンズが内蔵されているので、1回の照射はたった8分間。
短時間で可視光線の持つ力を最大限に発揮するのです。

この光線は『ポラライズ・ライト』と呼ばれ、欧米ではすでにガンの転移予防や火傷・外傷の早期回復などに広く利用されているもの。

バイオプトロンは病気やケガを直接治すのではなく、ある原因によって狂ってしまった人体本来の機能を可視光線を当てることによって回復させ、体自体に治す力を与えるというものです。

西洋医学の対症療法の、ちょうど逆をいっていると思ってください。
欧米でも、例えば歯の健康診断がすでに定着しているように、予防・健康維持という観点から医学の分野にも新風が吹いているようです。

バイオプトロンはまさに、従来の考え方を覆す、新風そのものといってもいいでしょう。


【バイオプトロンは美容の大きな味方】
≪美しさの秘訣は細胞の健康にあり≫

いつまでも若くありたいというのは、女性の永遠の願望でしょう。
そのために必要なことはただひとつ、健康な細胞の維持です。
健康な細胞はきれいな肌を生み、ピンとハリを持たせます。
そのためにも日頃の生活や食事の管理にとどまらず、これまでも触れてきたとおり、適度な日光浴を忘れてはなりません。

理想的には1日55分というデータがありますが、日光の下では肌に有害な紫外線も一緒に浴びることになり、現実には難しいでしょう。

この日光浴が、バイオプトロンならヴィーナスボーテのフェイシャルの中で8分間でできてしまうのです。

 

≪化粧品に頼らず綺麗になれる≫

バイオプトロンの効果がよくわかるもののひとつに、ニキビがあります。
ニキビは、皮脂の過剰分泌で毛穴に皮脂がつまり、そこについた雑菌を肌が受け入れまいとして、化膿したり角質細胞が肥厚したりして発生するもの。

その手入れを間違うと、慢性化したり跡が残ってしまう厄介なものでもあります。
バイオプトロンを当てることで、まず異常な皮脂腺細胞の情報を正常化し、その後肥厚した細胞組織を元の状態に修復していきます。

つまり、ニキビを解消させるのと同時にニキビができにくい肌を作り上げる、そういう役割を果たすのです。
そのほかにも化粧品に頼らず、自分が持っている力を引き出して、シミやタルミ、吹き出物などが自慰した例を挙げれば、きりがありません。

薬や化粧品は基本的に、一時的に治したり美しく見せるものにすぎませんから、過信は禁物です。
やはり日頃から病気をしないための自己管理や、1日でも長く美しく健康な素肌を保つ心掛けが大切です。

これらの一助としてバイオプトロンが子供から大人や老人、そしてペットにまで広く使われる1家に1台の家庭用美容・健康機器になる日もそう遠くはないでしょう。



【バイオプトロンの記事まとめ】

こだわりの美容機器【バイオプトロン】
疲労回復にバイオプトロン
バイオプトロンの驚くべき美肌効果
ファインルレとバイオプトロンの相乗効果
バイオプトロンのライトセラピー
バイオプトロンQ&A
コンセプトは『光』、『酸素』、『水』
バイオプトロンの特徴
光フェイシャルでお肌の光合成!
美容の大きな味方【バイオプトロン】


ヴィーナスボーテのフェイシャルは、全てのコースに【バイオプトロン】が入っていますので
どんなお肌の方でも安心して受けることができますニコニコ

あなたもぜひ、【バイオプトロン】の光で健康的な美しいお肌を手に入れてくださいねドキドキ






あなたの清き1クリックをお願いします!

人気ブログランキング 
 
にほんブログ村
 

ホームページ
 

ハーバルピールとオーダーメイドのメディカルエステティックサロン
ヴィーナスボーテ南青山
VENUS BEAUTE

花   女性専用・完全予約制 
花   ご予約・お問合せ専用電話  
   
電話 03-6427-3840
花   営業時間  11時~最終受付19時
花   定休日  不定休
花   所在地  表参道駅B1出口より徒歩10分 
  〒107-0062 東京都港区南青山6-7-17
  ※詳しくはご予約時にお伝えします。
花  24時間ネット予約 
 
 
トップ / サロン案内 / トライアル / ハーバルピール / アクセス

 

【ヴィーナスボーテ南青山】オーナーエステティシャン海老澤静枝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス