vegioのブログ

vegioのブログ

農産物を取り扱うのは仕事と趣味を兼ねて楽しくやってます。そんな日常の気になったことをブログにしています。

いきなり! ステーキ大量閉店 ネットで反響 社長を直撃

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20191224-00429459-fnn-soci


http://ikinaristeak.com/concept/


「いきなり!ステーキ」の衰退、これを見ると、焼き牛丼で一気に人気が出た「東京チカラめし」を思い出してしまいます。


「東京チカラめし」のときも、ピーク時は、主要駅の近くにはどこにもあるイメージで、どこも大混雑だったように思えます。


ただ、日本人は熱しやすく冷めやすいもの、きっとタピオカドリンクもそうでしょうが、ブームというものは一気に冷めてしまいます。


「いきなり!ステーキ」も一種のブームだっただけなのではないでしょうか。


今では200gカットもだいぶ増えましたが、当初は300g~がほとんどで、若者男子はともかく、女性やサラリーマン層などではちょっと重すぎます。


また、メニューがステーキしかなく(最近では牡蠣メニューも出したみたいですが)、最高級ブランド牛でもあるまいし、ステーキならファミレスでも食べられます。


メニューが豊富で、一人でも老若男女みんなで行っても選ぶ楽しみがあるファミレスと競争して勝てる要素があまりないのではないでしょうか。


いきなり!ステーキのスタイルはまさにアメリカナイズしていて、年に1度行くなら楽しいですが、それでは経営として成り立ちませんから、今回のような大量閉店につながったのでしょう。


全国501店舗のうち、東京・虎ノ門店や新橋店など、26店舗が2020年1月13日に一斉閉店ということで、正社員は別店舗や別業種への異動でなんとかするのでしょうが、各店舗のアルバイトたちは閉店と同時に事実上のクビでしょう。


名物市長は、いきなり!ステーキのスタイルを持ち込んだ自身を自画自賛しながらも、経営のピンチには、「ご両親、兄弟、友人にもお店に来られる様に進めて下さい。」と、身内にまで来店を従業員に促していました。

、こんなにも簡単に閉店させてしまって、どこまで従業員のことをどう考えているのでしょうか。


従業員は仲間ではなく、単なる自身の奴隷のようにしか思っていないのであれば、その店に未来はないでしょう。
攻勢かける 中国スマホ…低価格・高機能機種を日本で投入

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00050117-yom-bus_all.view-000



ニュース内のスマホ端末市場を見ても明らかなように、日本市場は世界市場とはかけ離れた、いわば「ガラパゴス化」をしています。


ガラケー時代から、世界基準とは異なる独自機能、たとえば「おサイフケータイ」「防水」「ワンセグ」などフル装備にしていったため、スマホになり、外国製品がSuicaが使えないなど不便さを感じてしまったものです。


Appleは日本向けにおサイフケータイ対応にするなど、日本市場を早くからターゲットにしたこともあり、今もApple独占のような形に日本市場はなっています。


ニュースにもあるように、OPPOがようやくおサイフケータイ対応は始めましたが、どうしても中国製品への不安感は今度も拭えないのではないでしょうか。


中国のファーウェイ製スマホにはスパイウェアが埋め込まれている疑惑があって、情報がすべて抜き取られる危険があるなんて囁かれました。


この疑惑はファーウェイ側も完全否定していますし、検証してもスマホは大丈夫なようですが、iPhoneの場合、同様の疑惑がアメリカであるだけで、同じといったら同じです。


なら、国産スマホにとなるわけですが、国際競争力は皆無に近く、あのソニー(Xperia)でさえ、日本市場でもその他のひとつになってしまうほどなのです。


昔から言えることですが、日本メーカーは、技術は凄くても、それをアピールして売り出す力が弱いとされています。


スマホ市場でも同じように思えるのです。


すぐに売れないから撤退となりますが、これでは世界でも日本市場でもどんどんシェアは落ちていってしまうでしょう。


今のスマホも富士通にしても、シャープにしても独自の面白い機能は多いので、人気が人気を呼ぶもの、国を挙げて世界へアピールをして欲しいです。
小学校の五輪観戦 辞退相次ぐ

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6344914



テレビやネットで簡単に世界中のスポーツがライブで観られるようになっている今の時代、オリンピックを自国で行うメリットは、1964年の東京オリンピックの頃に比べるとかなり少なくなっていると思います。


そのなかでも、やはり子どもたちが世界のトップアスリートの真剣勝負を自分の目で見ることで、何かを感じることができれば、それだけでも負担が大きい自国のオリンピックをやる価値はあると思います。


それだけに、小学生が生のオリンピックを観戦できるチャンスが無くなってしまったのは残念でなりません。


ただ、今回の決断は致し方ないことではないですね。


大会当日は、例えば新国立競技場、最寄駅である大江戸線の国立競技場前駅は確実にパンクするだろうから…近くの千駄ヶ谷駅、信濃町駅、外苑前駅も使っての移動になるでしょうが、どこも満員ラッシュ状態が終日続くでしょう。


通常のサッカーやライブなどでも人の混雑が酷いものなのに、オリンピックでは、日本語がまったく通じない、はじめて日本に来るような外国人をはじめ、いわゆる日本のイベント慣れしていない人が大半を占めます。


そのなかで、小学生を十数人でも引率しながら移動するのは至難の業というよりほぼ不可能ではないでしょうか。


千駄ヶ谷駅から国立競技場まで、普段なら10分ほどです。しかし、イベント時は2倍、3倍の時間かかります。


その環境で万一、児童がいなくなってしまった、ケガをしたとなると平和の祭典どころではなくなりますね。


マラソンは札幌に移動しましたが、他の競技もアメリカの時間に合わせていることもあり、時間も日本タイムでは厳しい時間の連続。


小学生が普通に行ける時間ではないものも多いです。



また、小学生の観戦が厳しい以上に不安なのがボランティアの存在です。


2002年ワールドカップ時もそうでしたが、ボランティアに参加しようとしている多くがリタリア後の高齢者が多いこと。


日本の8月の酷暑の中、立っているだけでもどれだけ体力を消耗するのか…連日ボランティア登録をしていても、2日目以降来なくなるような事態が起きなければ良いですが…。


直接、多くの国から来るお客さんのもてなすボランティアが人不足で崩壊しないことを願うばかりです。
マックス「サクリフラット」
-----------------------


ホッチキスというのはビジネス上割と重要な備品であります。


プライベートではあまり使わなくても、仕事をしているとやはり書類を綴じることが多いですからね。


枚数をいちいち確認することはしませんが、結構な厚い書類を頑張って綴じようとして結果ダメだったことは多々あるわけでして。


当たり前ですが、枚数が多くなれば綴じる時にかける力も必要になりますよね。


その綴じる力を半分にまで減らしたのが、マックスのステープラー(ホッチキス)「サクリフラット」(装填数100)です。


個人的には圧力をかけただけ綴じた感が得られるので、この売りにはあまりグッときませんが(笑。


一回で綴じれる枚数は最大で32枚となっており、綴じるときに枚数を確認する必要が出てきます。


このシリーズは20枚、28枚と最大綴じ枚数が増えていっていますので、日々進化していることになりますね。


企業努力に感謝。


ちょっとした気遣い(機能)が各所に見られます。


とじ裏がフラットでかさ張らない。


予備針収納が100本出来る(背中に収容)。


装填残量が分かる(10、20、30と小窓で確認可)。


ホントちょっとしたことですが、有難い機能であります。


カラーバリエーションは4種類。


備品を点検し補充する時は、次の候補になること必至です。


ちなみに、このサクリフラット、名古屋文具事務用品協同組合が選んだ「あいち文具屋大賞」の受賞商品だそうですよ。


なぜ名古屋??って感じですよね、もしや本社が名古屋?・・・と思って調べましたが、日本橋にありました!


名古屋関係ないみたい(笑。


謎は深まるばかり・・・デス。
ハイモジモジ WORKER’S BOX



https://www.workers-box.com/


簡単に捨てられるならとっくに捨ててるわい!!


性格的なものもあるでしょう。


思い出が詰まっているのでしょう。


いつかは使うと思ってしまうのでしょう。


そう簡単に「捨てる」の一言を言わんといてください・・・。


捨てられないならどうする・・・整理でしょ!


ザワザワさせるものを発信しているデザイン・ユニット「ハイモジモジ」による「WORKER’S BOX」(約500円)。


紙で出来ているので購入した時は平たいです。


説明書がなくても組み立てられるのですばやく組み立てましょう。


組み立てると厚み2センチほどのボックスとなります。




https://www.workers-box.com/


A4のクリアファイルが180枚入るそうです。


簡易バインダーや、小さなカードを挟める程度のポケットがあるなど機能的です。


これがすべての説明になります(おそらく)。


ひとつと言わず、ふたつ、みっつ・・・むっつ・・・ここのつ、と買ってみましょう。



https://www.workers-box.com/


そして整理された「WORKER’S BOX」たちを、かつて「捨てろ」と冷たく言い放った人たちに見せつけてやりましょう。


あなたは「捨て上手」かもしれないが、わたしは「整理上手」なのだよ。


得手不得手があるのは当たり前。


捨てられないなら、ぜーーーんぶまとめて整理しちゃいましょう!


無理に捨てることはありませんから!
トンボ鉛筆 多機能シャーペン モノグラフ



https://www.tombow.com/products/monograph_multi/



最近はもっぱらペンで何かを書くということをしなくなってしましました・・・。


そうなるとペン自体に関心がだんだん無くなってくるものなんですね。


もう書ければなんでもいいレベルです(笑。


しかし、しかしですよ、久々に手に握ったシャーペンがありまして。


多機能シャーペン「モノグラフ」(トンボ鉛筆)ですよ。




https://www.tombow.com/products/monograph_multi/


ペンの中でもボールペンやマジックなどはたまに使っていましたが、シャーペンなんてほんと何年ぶりでしょうか・・・。


言うまでもなくシャーペンなわけですが、何が「多機能」なのかと言いますと、シャーペンの頭(下)部分に、回転繰り出し式の「消しゴム」を格納。


よく考えたら「MONO」なわけなんで、消しゴムに対してはもう抜群の信頼感です。


通常のノックに加えて、「フレフレ機能」付き。


手のグリップはそのままで、シャーペンの芯を出せる、懐かしいですよね。


通常のノック部分をスライドさせると通常ノックもフレノックも「ロック」状態になる「誤ノック防止機構」付き。


なるほど、地味ですが、使い勝手をより良くすることを追究した感じがしますね。


ここでちょっと歴史をおさらい。


「モノグラフ」は、『書く・消すの両機能を強化した筆記具』シリーズとして、初代は2014年に発売されました。


以降、2015年に「モノグラフワン」、2016年に「モノグラフゼロ」、2017年にシャープペン&消しゴム+二色ボールペンの多機能ペン「モノグラフマルチ」を発売するなど、ラインアップの拡充を図ってきました。


言い方を変えると、それぐらい人気があったということになります。


それを証明する数字が、「シリーズ累計販売数900万本突破!」(2018年7月現在)です。

そして、昨年2018年の7月にハイグレード版となる「モノグラフグリップモデル」を追加したわけです。


ロングランのこの商品、ちゃんと「使い勝手」の良さが評価されているということですね。


実際、一度集中して何かを書いたり描いたりしていると、ずっとペンを握ったままで「芯出し」、「消しゴム」作業がそのままで出来るってかなりの高評価ですよ。


やってみて分かることなので、実践あるのみ、です!
パイロット カクノ 透明ボディ


最近の文具の傾向としては割と女性に向けて発信したものが多いという印象を持っておりました。


「使いやすさ+可愛さ」で購買意欲を刺激するといった感じですかね。


なんですが・・・男性にも向けて発信していると思われるものを発見したんです。


それは、パイロットの万年筆「カクノ 透明ボディ」。





そもそもの話として、万年筆というもの自体は、男性向けの商品だと思う訳です。


なぜなら連想するものは、一昔前の作家の愛用品とかだったりするわけで・・・。


男のこだわりの逸品、みたいな。



ただしやはり値が張るわけなので、その入門編としての立ち位置でパイロットが1000円でカジュアルに買える万年筆として今回の商品を発売したわけですね。


なのでターゲット自体は女性男性問わず若年層を意識しているんだとは思うわけです。


にしても、商品名にもある通り、ボディが透明なわけですね。


どうやらこの透明なボディ(スケルトン)は、万年筆界ではかなり人気なジャンルとして存在しているようです。


スケルトンの良い所は、インクの色が確認できて便利であることと、見た目に美しい、という2点。


ちなみに、このスケルトン部分、頭(下)部分は空洞となっているので、勝手にいろいろカスタマイズできるのが楽しみの一つとなっているようです。


女性たちは、「デコ」り、男性たちは「ジオラマ」り・・・、などなど、好き好きにマイ万年筆をカスタムしているそうな。


そうはいっても、要はインクであります。


こちらの商品を一本購入すると、カードリッジタイプのブラックインクが一本付属されてきます。


ブラック以外にも、別売りでレッド・ブルー・ブルーブラック・グリーン・バイオレット・ブラウン・ピンクの合計8種類が販売されてます。


また、パイロットから「色彩雫」という素敵なインクシリーズが発売されていて、これらが24色もあります。


基本、推奨は自社メーカー(純正)ですが、非純正でも問題なく使えるようなので、無限の楽しみとなるようです。


専用のコンバーターが2種類、別売(400円)されているので、ハマってみてください。


万年筆自体、インクを変えて楽しむという「大人の嗜み」があるものなので、この辺はちゃんと踏襲しているということですね。


ちなみに、ペン先(ニブ)の種類は、F(細字)とM(中字)、EF(極細字)の3つ。





そしてそのペン先、ここには舌を出したキュートなニコちゃんマーク(カクノのトレードマーク)が描かれています。


女性の購買意欲をくすぐる仕掛け、ですかね?


なかなか短い文章にするのが難しい商品でしたが、欲しくなりましたか??笑
カンミ堂 マスキングテープホルダー maco(マコ)





わたしは女子力が足りてないので、「へぇ~」という感じなんですが、わたしの奥さまが「これはいい!」と興奮したアイテムを紹介したいと思います。


「女子力が足りてない」という言い方はちょっと語弊があるかもなので、言い換えると、「まったくそんな使い方をするシーンが自分の生活にない」ということであります。


どういうことかと言うと「マスキングテープ」をコンパクトに持ち歩ける、というアイテムを必要と思うかどうかということ。


わたしにはまったく必要ではない!笑


カンミ堂から発売されているペンサイズのマスキングテープホルダー「maco(マコ)」ちゃん、知ってますか?


先にネタばらししました通り、マスキングテープをコンパクトに持ち歩くことが出来るまるでペンのような商品です。


普段使うことがないわたしからすると、意味が分からないことが2点あるわけですね。


ひとつは、先に言った持ち歩くシーンがない、ということ。


で、もう一つが、「そのまま持ち歩けばいいじゃん」ということ。


一つ目に関しては、そもそもな話になってしまうので、議論は避けますが、二つ目に関して嫁に聞いてみたところ、「カサバルンダヨ!」とやや激昂していました(笑。


そこまでデカいか?そもそもマスキングテープって・・・と思ったわけですね。


つまりは、ひとつはそこまででも、いくつも持ち歩くと、って話でもあるみたいです。


まーそれは確かに。で、商品そのものの話に戻りましょう、使い方です。


まず、ペン状のケース本体と小巻き器、コマキ芯が5本というセットがありまして、小巻き器を使用して、コマキ芯にマスキングテープを巻いていき(約1m分)、それを4つ作って(1本は予備)本体に収納、以上。


ケース本体にはカッターが付いているので、きれいにテープをカットできる仕組み。
なるほど、よく分かりました。


しかし、しかしですよ、お気づきの方も多くはず・・・めんどくせっ!!!!笑


持ち歩く代償デカすぎじゃねーーか???笑


野暮なことは言わんといてください。


この問題をスッキリさせるために感情を図式に表しましょう。


マキマキする手間がスーパー面倒 < 持ち歩けてとっても便利( + 可愛い)。
分かりました?

プラスアルファの「可愛い」という感情があることで「持ち歩けてとっても便利」は、「マキマキする手間がスーパー面倒」を圧倒できるわけです。参りました。


ちなみに、予備のコマキ芯と小巻き器は本体の下部に収納できるようです。


カラーは、「パステルイエロー、パステルピンク、ホワイト、ネイビー」の4種類。


「あなたの可愛いは、何色?」ってキャッチコピーはどうでしょう?


あ、もうひとつプラスアルファの要素を忘れていました。


コマキ芯をお友達と交換する」というシーンも想定されているみたいですよ。


男性の「収集癖&無駄なこだわり」文化と女性の「可愛い」文化は、一生平行線なんだろうなと実感したワケです。
エーモン「目盛りの入ったマスキングテープ」



今回はとってもナイスな発明品を紹介しますよ。


知っていますかね?「目盛り付きマスキングテープ」。


そのまんま、目盛りが付いたマスキングテープです。




解説は必要ないと思いますが、一応・・・定規代わりにいろんなところに貼って使えます。


わたしの場合ですが、作業台のあらゆる所、角度にこれを貼っておけば、いちいち定規を当てなくてもすぐに計測が出来る。


素晴らしいじゃないですか、この使い勝手の良さ。


最高です。


手帳やメモ帳に貼って携帯するのもgoodですよね。


東急ハンズとかで何かグッズを買おうという時に、家で買うもののサイズを測っておいて、手帳に貼ってある目盛りマステで確認して商品を購入、なんてスマートなやり方なんでしょうか。



また、いろいろなファイルに貼っておくというのも確実に使える瞬間に出会えそうです。


仕事をしている時に、デスク周りに定規がなくてもファイルに貼ってある目盛りマステでササッと計測・・・。

ふむ。

マスキングテープとしての用途ではなく、そしてそもそもテープとしての役割でも使わず・・・。


ところでこれを発売している企業ですが、エーモン工業というちょっと文具メーカーとしては聞きなれない会社。


実は、自動車手入れ用品の開発、製造、販売などの事業を行っている会社だそうです。
一体なぜ・・・(笑。


「定規レスの生活でストレスフリーに。」


キャッチコピーを勝手に作ってみました。

いかがでしょうか?笑


サイズですが、幅20mmで長さ15m。

300円でおつりがきます。

これは使い方が決まっているものではありません。

あなたなりの使い方で自由に活用するものです。
今日は五ケ山ダム目指してドライブです。


五ケ山にたどり着く前までは、暑すぎるくらいの晴天でしたが、徐々に雲が出てきました。

山の天気は変わりやすいです。


つい2か月ちょっと前のブログに、福岡市の水、ダムの貯水量の危機を憂いていましたが、今では南畑ダムも五ケ山ダムも水がたっぷりの状態です。





ひと安心ですね。


五ケ山ダムの手前にあるモンベル五ケ山ベースキャンプも気持ちの良いところです。

今日も結構な人で賑わっていました。



福岡市内から車やバイクで国道385号線を佐賀方面へ走ればたどり着きます。


気分転換によいところです!