キャベツの発芽率が悪いのは温度が原因 | 化学肥料と農薬に頼らず自然でやさしい美味しさに育つ『炭素循環農法』で野菜を栽培している農家のブログ

化学肥料と農薬に頼らず自然でやさしい美味しさに育つ『炭素循環農法』で野菜を栽培している農家のブログ

2013年7月から近所の耕作放棄地を再生して、農薬や化学肥料は使わない『炭素循環農法』で野菜をつくりはじめました。畑の様子や、無人販売の様子、野菜の作り方などを情報発信して行きます。


テーマ:
$家族で楽しく野菜をつくる方法

べじまにあの中村です、

キャベツのタネまきから4日目。
だいぶ発芽してきました。

キャベツは30度を超えると急激に
発芽率が悪くなるそうです。

この時期のタネまきのポイントは、

・タネまき後たっぷり水やりすること。
・25度前後を保てる暗所(日陰など)
で発芽させること。

と、キャベツの名産地・愛知のプロ
農家さんからご教授いただきました。

もし、あなたもキャベツの発芽率が
悪いなあと感じていたら、ぜひ
参考にしてみてください。

べじまにあ
中村真也

★ブログランキングに参加しています!
このページがあなたのお役に立てたら
下の2つのボタンを「ぽち、ぽち」と
クリックしてください。



ブログランキング・にほんブログ村へ

炭素循環農法を実践する農家『わくわく菜園倶楽部』@中村真也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス