ルシアンの社会問題を考えるブログ

社会問題に関する書籍から得た考察を、アウトプットのため投稿しています。


テーマ:
こんにちは、ルシアンですぶーぶープピッ

久しぶりにちょっと厚めの本です。


ルシアンの社会問題を考えるブログ
言語が違えば、世界も違って見えるわけ
ガイ ドイッチャー (著), 椋田 直子 (翻訳)
インターシフト (2012/11/20)


タイトルから、欧米人とアジア人の思考の違いなどが言語からわかるのかと思って読み進めましたが、結論は逆でしたショック!




言語の違いは多くみられるので、それが知覚や思考の違いから生じたものなのではないかと予想したが、実験と考察の結果、言語が大きく違うからといってみている景色や思考に違いはほとんど見当たらないことがわかりました。




古く紀元前8世紀の詩人、ホメロスは、海を「青」とはいわず、「葡萄酒色」といったし、色名については聖書や他の古代文書にも「黒」「白」「赤」のほかには「暗い」「明るい」などしか表記がありませんでした。

このことから、言語界では一時、古代の人類の目は色弱だったのではないかと騒然となります。

しかし現代においても同様の色の表現をする言語の話し手を先住民や未開人に見つけ、テストをしたところ、青も緑も茶色も桃色も、私たちと同等に見えていることがわかります。

また未開人の言語はカタコトで単純であるという予想も、まったく外れており、どんな言語も複雑さは変わらず、複雑な哲学思想なども言い表せない言語はないことがわかりました。





えっ、、そうなの。。

タイトルと違うんじゃあ??




ただ、言語によっては、使うときにある情報を認識することを話し手に強いるため、話し手はほかの言語を話す話し手より、その情報について意識していなければならない、という特徴があります。

その例が3つだけ紹介されており、今のところこの3つだけが「世界が違って見える」例のようです。




1その例のひとつとして、オーストラリアの先住民の言葉であるグーグ・イミディル語は、位置を表す時には必ず東西南北の方角を示さなければいけません。

彼らの言葉には、左、右、そっち、下などという表現はなく、すぐそこを指すときでさえ「おまえの足の北に蟻がいる」という言い方をするそうです。

そのため彼らは常に自分の位置情報をかなり精確に把握しており、影のでき方などから判断する習慣を持っているそうです。





22つ目の例は英語で船を「she女の子」といったり、船の初の航海を「処女航海女の子」というように、動物や無生物に対して男女を区別をつけることです。




33つ目の例は、アートに関する認識で、母国語で名前がついている色の方が、名前がついていない色よりも認識の速度が速かったという実験結果を挙げていました。







思ったより「違って見える」世界がささいなことで拍子抜けしました。







日本語についてほとんど触れられていなかったのが残念です。上記の3つの例で日本語を振り返ってみると、1つ目については状況に応じて「左右上下、ここ、そこ、あそこ」「東西南北」を使い分けるのでインドヨーロッパ語族の言語とあまり変わりません。

ただ日本語は位置を示すとき、距離の遠さによって三段階「ここ、そこ、あそこ」と分けますが、これは特徴的なようです。普通は二段階くらい。



2つ目についてみると、ベッドやら橋やら小鳥やらに、なんでもかんでも「he」やら「she」やらに変換するフランス語、スペイン語、イタリア語等は気持ち悪く感じます。船の「処女航海」なんて、最初に聞いたときはなんて下品な・・・と思いましたガーン

しかし彼ら的にはユーモアな会話ができてよいと感じているようです。あせる


日本語は動物や無生物を彼女やら彼とは呼びませんよね。動物がオスだったら「彼」、メスだったら「彼女」ということはありますが、あくまで擬人化というか親しみを込めていることを示す場合です。

しかし無生物に多少の男女のイメージを結び付けている(たとえば橋を「he」と言う言語の話し手は橋に対して男性的なイメージ「力強い」「大きい」などを持つ)からとって、あまりそうではない言語の人たちと思考が変わるかというと、そのほかのことに関しては影響しない、つまり思考には関係がないように思えます。




3つ目については多少興味をひかれます。色名の細かさについては日本人は定評がありますよね。

緑ひとつとっても、

若草色
草色
柳色
萌黄色
松葉色
苔色
鶯色
夏虫色

など微妙~~に違う色がたくさんあります。


今はこの色彩感覚は昔の人より鈍くなっているのでしょうが、それでもこういった微妙な色に美しさを感じ、ほかの色と違うと認識している部分はあると思います。

幼少のころからアメコミカラーのものばかりに触れていると失われていきそうですが・・・ショック!




ところで、日本語の特徴として、主語の種類が豊富で、話し手と聞き手の関係性が第三者からもわかるというものがあります。




小生
おいら


貴方
貴殿
先生


また家族間では、下の者を中心とした立場名でお互いを呼びます。たとえば両親と姉妹の4人家族だった場合、妹から見て「お父さん」なら、妻が夫を「お父さん」と呼ぶ家庭は多いですよね。

欧米なら父母でも先生でもファーストネームで呼ぶので驚きます。


これぞ筆者の言う、どんな情報を話すかを話し手に強いるという部分で、ここでは相手との関係性を意識することを強いるということになるのでしょう。


陳腐ですが、集団社会においてときに自分を抑え、和を維持しようとする村社会がつくった言語、というところなのでしょうか。


それでも「思考に影響する」ほどの違いではないように感じます。






言語界の研究は、現代のヨーロッパ人が話す言語が最も優れているとの立場から古代人の言語や未開人の言語を研究しましたが、結局言語に優劣はないことがわかった、ということなのでしょう。

私も日本語に特段の優秀さを見るのはやめたほうがいいみたいですね。。反省しょぼん
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!ルシアンですさくらんぼプルン


数か月前に「『アラブの春』の正体(重信メイ)」を読み、民族紛争や移民の問題に興味を持ち、購入しました。

ルシアンの社会問題を考えるブログ
移住・移民の世界地図
竹沢 尚一郎 (翻訳), 稲葉 奈々子 (翻訳)
丸善出版 (2011/10/27)


フルカラーなので資料集みたいなかんじです。↑表紙の写真の下部にある、地図に統計資料が書き込まれたものが、テーマごとに掲載されています。


時期は戦前くらいから現代にかけての移動が主で、それ以前はあまりありません。奴隷貿易、アメリカ開拓移民、植民地あたりです。

チンギス・ハーンの支配とかイスラム帝国の範囲とかが世界史の資料集みたいに書いているのかと思ったら、そういうのはなかったので、掲載のない歴史的な出来事は、支配範囲は変わったけど、移民が大規模に起こったわけではないかな載ってないのかなはてなマーク



現代の移民問題について考える資料、たとえば出す国と受け入れる国がどこなのか、貧しくて移動するのか、技術士として移動するのか、二重国籍や在外投票など各国の制度はどうなっているのか、男女の比率などがわかりやすく統計として出されているので、そういう興味を持ってみるととても役立つと思います。


ただ、説明はほんとうに簡単に、サラッと触れているくらいなので、ほかの詳しい本を読みながら、地理的位置や視覚的資料が欲しい場合にサブ本として使用するのがよいと思います。






世界史好きなので、知っていることも多かったですが、イタリア人とスペイン人の移動がかなり大規模だったのが新しく知ったことでした。

イタリアは典型的な移民の送り出し国家で、2600万人がヨーロッパのほかの国や、オーストラリア、南アフリカなどに移住したそうです。ヨーロッパの中では貧しい国だったのでしょうね。その後は南北アメリカへ主に移動したそうなので、アメリカ人にはイタリアン人も多いってことか~。180万人がアルゼンチン、120万人がブラジルに移住しました。


また、スペイン人が南アメリカの植民地に移民していますが、その数も相当数だったので、現地人と白人との混血のメスチーソがかなり多いのですね。







奴隷といえば、黒人奴隷がありますが、白人が黒人を売買したのではなく、黒人が黒人を白人に売っていたんですよね。それを知ったときは衝撃でしたが、中国人も同じ中国人を奴隷として売っていたそうです。

「中国とサンフランシスコを基盤とするシンジケートは多くの年季奉公者を送り出し、1850年代初頭には5万人がカリフォルニアの金鉱山で働いていた。労働者たちは中国南部で徴用され、香港やマカオ、上海の港から旅立った」とあります。

年季奉公者は奴隷よりも少しマシ程度のひどい扱いだったそうです。


日本の戦国大名がキリシタンを迫害したのは、奴隷を阻止するためだったとも言われていますよね。日本人でよかった・・・ガーン




次はそれぞれの移動の詳しい背景について読みたいですね~なんかいい本ないかな音譜ニコニコ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんわールシアンですカメ

今日はおばあちゃんの出演する「謡いと仕舞の会」をみに行ってきました。
↓真ん中が私のおばあちゃんですニコニコ
ルシアンのブログ

謡いと仕舞とは・・・年配の方だとけっこうご存じですが、若い人は知らない人がほとんどだと思います。伝統芸能で、謡いは写真のように、座って台本を読みあげます。配役に応じて声を演じます。仕舞は能の舞だけ、といえばわかりやすいでしょうか。能はお芝居ですが、最後に舞をして終わるじゃないですか、あの最後の舞だけとったようなのが仕舞です。仕舞は舞なので、能のようにお面をつけたり小道具があったりはしません。衣装は舞袴(まいばかま)、道具は扇ひとつですべてを表します。

私は小学4年生から大学2年ぐらいまで習っていました。
葬式の話(葬式はなんのためにあるのか)でも書いたように、先生が大学在学中に亡くなられたのと、会社に発表会への出演のために休みをとることを禁止さたため、続けることができなくなってしまいました。

久々にみなさまに挨拶しに行くと、みなさん歓迎してくれてうれしかったです。




それにしても、伝統芸能は人手不足です。
お弟子さんはほとんどお年寄りで、体調を崩されたりして減る一方なのです。

格式が高すぎて入りにくい、お金がかかる、なじみがない、など、若いお弟子さんが入らない理由はよくわかります。お金は、普通の指導料以外にも、こういう会に出演するごとにいるし、着物もいります。かなり余裕のある人でないとムリです。

また、ずっと習っていた私でさえ、、話の内容が全然わかりません波波波

「~~~で候(そうろう)」とか「~~~べし」とか・・・
話の題材は今も伝わる義経の話とか、龍神の話とか、天女の羽衣をとった男と天女の話とかなのですが、言葉づかいとか古文なのかな?わかりません。。。昔のまますぎて、固有名詞も「なんのこと?」ということがよくあるし。。




ここは、格式とかそういうのは涙をのんで後回しにして、、
現代人にもわかりやすいスタイルにしてはどうでしょうかっ?!?!




電車のなかでぐるぐる考えた案↓

黄色い花こういう会のときにプロジェクタを用意して、、解説を映す

開始前・・・こういうストーリーで、舞はここのシーン、場所はこういう場所 など
最中・・・・この扇の動き、この拍子(足踏み)はなにを表している など

黄色い花中流所得の人用のコースを用意する

黄色い花入会案内をわかりやすく解説し、いろいろなところで広報する

など。。



した方がいいと思うんだけどなあ。本場京都でもお年寄りばっかりだし・・・このまま伝統芸能がすたれていって、ピアノとかヨガとかボクシングとか、外国のものばっかり知ってる世の中になったら、やっぱどうなの?って気がする。

仕舞のなかで好きな演目に、「猩々」という神さまのお話があります。猩々というと猿の妖怪として知られているけれど、仕舞の猩々は少年の姿の神様のようなもので、酒が好き。ストーリーは覚えていないけれど、月を仰いで嬉しそうに酒を飲む雰囲気がなんとも風流で好きでした。昔の情景が浮かんでくるんです。

昔の人が愛した四季の風景や、美徳とした潔さ、恋の激しさなどが、平安や戦国の世の情景とともに浮かび、なにかこう、こみ上げてきます。

あの少ない動き、短い時間で、それらすべてを伝えてくれるんです。先祖の想いを受け継ぐのに、伝統芸能はとても優れた機会になると思います。

茶道や華道はまだたしなみとして人気があるけれど、舞は・・・すごく少ないと思う・・・なんとかできないかなしょぼん
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、ルシアンですぶぅブタ


なんか、日経読んでると、とにかく海外、海外!ですね。





少子高齢化で人口が減る一方のため、国内需要はもう見込めない。だから、海外、とくにこれから急成長する新興国、BRICsをアテにする。

そのために、新日鉄と住金が合併したように、海外で通用する規模が必要で、今後も各社M&Aを繰り返す。
日本が誇ってきた、精密機械の生産や自動車生産が追い抜かれるようになり、世界情勢は今、変化のただなか。

企業は世界を視野に入れた吸収・合併を繰り返し、おそらく外国人も多く日本に移住するようになる・・。


また政治は、これまで自民党の一党独裁状態だったのが、野党に転落した。そこで、「自民党を非難する野党」という位置づけだった民主党が与党になり、お互い路線がはっきりしない。民主党も、自民党と変わらない政策をとっている。そのため国民の支持を失い、「民主党」を掲げる候補者の選挙での大敗が目立っている。







グローバル人材がこれまで以上に必要になり、日本人の行き来も奨励されるし、英会話教室なんかも重宝されるのかな。私ももっかい英語やろ~かな汗いや、BRICsのどれかを習得するほうが競合が少なくて重宝されるかもしれないな。


宝石緑BRICsの言語と宗教

ブラジル (Brazil)=ポルトガル語。国民の73%がキリスト教カトリック
ロシア (Russia)=ロシア語、キリル文字。多くがキリスト教正協会
インド (India)=ヒンディー語。英語を学ぶ人が多い。ヒンドゥー教80%、イスラム教13%
中国 (China)=北京語が公用語。宗教は弾圧の対象となり、宗教人口は欧米に比べかなり少ない。

ん~~~どれがいいと思う?汗
中国は競合多いし、インドは英語話せる人が多いみたいだから、ブラジルかロシアかな。
ロシアなんか狙い目な気がするけど、北方領土の問題や、シベリア抑留のこともあってなんとなくいいイメージない。
でも、ロシア人の友人は好きだし、下記の書籍↓に「ロシア語は音楽にみてもわかるようにすごくきれい」とあったので興味はある。


ルシアンのブログ
やってくれるね、ロシア人!―不思議ワールドとのつきあい方
亀山哲郎
日本放送出版協会 (2009/02)




でも使うとしたら行きたい国じゃないと意味ないよね~。
行きたいのはインドかな。ほかはとくに行きたいと思わないな・・・

こういうの抜きで行きたいのは、モロッコなどの北アフリカ、東欧、ペルーなんかかなぁ。一体何語なんだ?!



モロッコ Wikipediaよりコピペ

アラビア語が公用語となっているが、国民の大半は学校教育で正則アラビア語を学習しつつも日常生活ではモロッコ特有のアラビア語モロッコ方言を話しているため、他のアラビア語圏の住人とは意思の疎通が困難である。また、

かつてフランスの保護領であったためフランス語が第二言語として教えられ、どの世代にも広く通じるが、北部モロッコではスペインの影響が強く、スペイン語もよく通じる。

公文書は基本的にアラビア語、一部の書類はフランス語でも書かれる。




OOH・・・フクザツだネ・・・ショック!

ペルーみたいな、ブラジル以外の南米はスペイン語だよね。
ハンガリーはハンガリー語。



OOOOH・・・世界にはなんていっぱい言語があるダイっ叫び





宝石緑世界の使用言語ランキング

1位 中国語…中国の人口1位
2位 スペイン語
3位 英語…アメリカの人口3位
4位 アラビア語
5位 ヒンディー語…インド人口の2位
6位 ポルトガル語
7位 ロシア語…ロシアの人口6位
8位 日本語…日本の人口8位
9位 ドイツ語

あとなんか参考になりそうな書き込み↓

---------------------------------

日本人にとって、、
メジャー言語ではロシア語が一番難しい。
マイナー含めると旧ソ連圏のグルジア語が一番難しい。
逆に日本人になじみやすい言語は、朝鮮語以外ではトルコ語。あれは簡単。

---------------------------------

スペイン語はイタリア語にかなり近いし、ラテンアメリカで有利。
フランス語はスイス、カナダ、アフリカ旧植民地、西ヨーロッパで使える。
ドイツ語はポーランド、一部ロシア、イスラエル、フランス等
旧占領地、被占領民の間で使えるがいい顔はされない。
オーストリアとスイス、ルクセンブルグ、オランダでは普通に使える。
そしてアラビア語はイスラム圏に強いから有利。

---------------------------------

ドイツ語はドイツ、オーストリアの他、スイス、イタリア北部、チェコ、
スロバキア、ハンガリー、ポーランド、クロアチア、仏アルザスロレーヌ、
ベネルクス三国、デンマーク、露ヴァルガドイツ人などの間で
かなり通じる。つまり中欧東欧北欧全体でかなり通じる言葉。
中国語は文法が楽だが20歳すぎから始めると発音ができない。

---------------------------------

ほーーへーーーほ~~~~~




ん~~~~ますます混乱。。

周りから見る私のイメージ=アフリカらしい。。お土産でもらったマグカップとランチマットは超アフリカっぽかったwし、海外行きたい!ってゆったら「アフリカ?」と言われる。。
アフリカは言語が・・・フランス語、スワヒリ語、アラビア語、ポルトガル語、英語あたり。。いっぱいある・・・

ラテンアメリカも自分に合ってる気がする・・・じゃあスペイン語??



おもしろい書き込みに、治安の面から中国、韓国語とかってのもあったな・・・




もダメだ!ドラえもんの道具のほんやくコンニャクみたいなもんキボンヌ!!(。>0<。)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ルシアンのブログ
もっと知ろう!! わたしたちの隣人―ニューカマー外国人と日本社会
加藤 剛 (著)
世界思想社 (2010/3/2)



スッゴイ勉強になったぁ・・叫び


日本に外国人がどれぐらいいて、どんな問題を抱えているかを知りたくて読みました。

・外国人の増加率や人数のデータ
・日本人と結婚したフィリピン人の、地域にとけこむ努力
・イスラム教徒の人の礼拝の苦労
・単純労働者が来日した経緯、支援団体

などについて、信頼のおけるデータをもとに、知的な日本語で説明されていました。
教科書的なかんじです。

将来増え続けると考えられる外国人について、法律的に遅れていることが、どのような不具合をもたらすのかを考えるための入門となる本です。関係施設や書籍も多数紹介されているので、この本をもとにさらに情報を集めることもできます。

わかりやすく、選んでいる事例もそれぞれ特徴があり、かなりオススメ!目






以下、印象的だったことです。

メモ外国人も母国の文化に社会に貢献するのを美徳とする文化があれば、日本においても同様にしたいと考えている

メモフィリピン人女性はだいたい水商売をしていると思っていたが、オールドカマーはむしろ高い教育を受けた人が多いこと。彼女らは、フィリピンに来た日本人と結婚し、日本に来た、もしくは留学や研修生として日本に来て、日本人と結婚した人たち。
水商売はニューカマーに多い。

メモイスラム教の人は、中東よりむしろアジアが多い。インドネシアやバングラディッシュなど。

メモ外国人が多いのは、東京、大阪などはもちろんそうだが、三重、愛知、静岡などに多いのは驚いた。


ほほーーーーーーー





とくに印象的なのが、イスラム教の人たちは、毎日5回の礼拝の場所がなくて困っているということ。また、アッラーとは、そういう名の神がいるのではなく、宇宙を創造しつかさどるエネルギーのようなものを示す言葉であるということ。

ほほーーーーー

誤解してた。
それならアニミズムといっしょだラブラブ

毎日5回礼拝することで、アッラーという名の偉大な存在に、自分のすべてをささげ、よい人間であることを忘れないようにするという。

すばらしい・・・目

この礼拝あってこそ、彼らの宗教的自覚は深まるのね。



さらに、この礼拝は集団の方がいいという。
集団でするということは、自然にコミュニティができるということだから、宗教に直接関係のないこともいろんな人に相談でき、よりよい地域づくりができるということで、こういう集まりはとても有意義だと思う。

もちろん、キリスト教の教会も同様。


※イスラム教に関する記述はイスラム教がすばらしいと思う本の記述を抜粋で記載しました






彼らを見ていると、日本人の”宗教アレルギー”はとてももったいないと思う。

私なんか、ベジタリアンだというと「変な宗教や」とよく言われるが、ベジタリアンに対しても、宗教の人に対しても、超絶失礼だパンチ!し、発言者の無知っぷりにあきれ返る。

宗教をしていないほうが珍しい
ということを知ってほしい。

私は特定の宗教に属していないが、自分が宗教的であると感じている。

宗教とは、偉大な人間以上の、宇宙のパワーを感じ、敬い、自己の矮小さを自覚すること。

そして、自分が宇宙のすべてのものと繋がっていて、生かされていることを感じ、すべてに感謝すること
であると考えている。



そう考えることで、私は「動物を人間以下のものとして虐待すること」は間違っていると判断することができる。
人間と動物は尊さにおいてなんら優劣はなく、一方的に苦痛を強いるのはおかしい。だから私はベジタリアンをしている。
ちなみに誤解されがちだが、狩猟による肉食には反対していない。集約的な畜産に反対している。動物を長期にわたり監禁、虐待、殺害することはもちろん、農薬や薬剤の大量使用による環境悪化、人体への影響を懸念している。



つまり宗教は、人間が道義的に生きるための判断基準なのだ。
宗教がないということは、道義的に生きることが難しいと思う。

日本でふつうに生活していれば、これまで培ってきた気質や習慣により、非人間的な所行は悪いこととされるから、宗教は不要と思うのかもしれない。
けれど、世の中には、悪い連中に囲まれて生活していたりする、「何が正しいのかわからない」状況というものが存在する。
そういう状況になっても、正しく判断させてくれるのが、宗教なのだ。



人間がうまれてからこれまでの長い長い時間の中で、多くのひとの心をつかみ、続きてきた世界三大宗教は、それはそれはすばらしい教えだと思う。

悪用されて、変なイメージがつくことが多々あるが、本来の教えは、どれをとっても共通項が多く、人を助けるものであるはずだ。


だから、宗教アレルギーがあることがとても悲しい。日本にも国家的な宗教ほしいよーーー





とは、、私の宗教観だが、要するに外国人とのよりよい地域づくりをしていくためには、外国人の文化的背景を知ることや、相互文化の体験・交流が不可欠ということだ。

宗教体験クラブとかないかな~

ひとまず、京都の御所近くにモスクがあり、自由に礼拝できるらしいので、今度行ってみよぉ目

ルシアンのブログ



イスラムの人たちは、日本人の「外国人はゴミの分別がなってない」という不満を解消するために、モスクを中心に分別にはとても気をつけて指導やチェックをしているという。
まぁぁアップ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。