人気ブログランキングへ
まずは、ポッチっとお願いします。m(u_u)m

メールの回答が遅れています。順次返信致します。<(_ _ )>

●【FF7】「更に闘う者達」&少年律動体操


「不安」「恐怖」「扇動」と感じる方は、そのままスルーして下さい。

【表面】から見れば、色々なベクトルが『戦争』へ向かっている記事が目立ちます。
いよいよ、9、10月に第三次世界大戦の導火線爆弾に火がつくかもしれませんね!?

こんな感じにならなきゃいいけど叫び
とまほーく

『【緊急速報】在韓米軍基地内のアメリカンスクールが閉鎖された可能性浮上!!! いよいよ有事か!!!?』
http://www.news-us.jp/article/20170905-000011k.html

38 :名無しさん@1周年:2017/09/04(月)
アメリカ人は、9月1日から北朝鮮から出国するように勧告されてる
北朝鮮に大使館をおくイギリスやタイなどの
大使官も出国するようであればマジだろうね
在韓米人国外退避勧告が出るのも時間の問題かな

94 :名無しさん@1周年:2017/09/04(月)
>>38
在韓米軍の基地内にあるアメリカンスクール、
Facebookが6月下旬のタイムライン
(9月制なので夏休み前は卒業式/終業式が年度最後の行事)を
最後に放置状態だったが、
今はアカウント自体が
削除されてるぞ。


『ロスチャイルドがアメリカから資金を引き揚げ、北朝鮮兵士は戦争の準備をしています。』
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52013755.html

『アメリカとロシアの緊張も高まっています。』
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52013759.html

『ロシア政府がウラジオストクの住民を避難させました。』
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52013765.html

『万景峰、ロシアが入港拒否 制裁影響で使用料払えず…北朝鮮定期航路廃止も』
http://www.sankei.com/world/news/170902/wor1709020015-n1.html

『韓国紙「水爆暴走、朝鮮半島絶体絶命」の大見出し』
http://www.sankei.com/world/news/170904/wor1709040031-n1.html

『トランプ:米国にとって非常に敵対的で危険だ』
https://www.2nn.jp/news4plus/1504443411/

『トランプ:北朝鮮はならず者国家だ。中国にとって重大な脅威でやっかいな存在になった』
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00000571-san-n_ame

『中国当局:金正恩氏に対し「亡命」をするよう説得している可能性』
http://news.livedoor.com/article/detail/12947399/

------------------------------------------------

【裏面】から見れば、トランプマン、黒電話、肉まん(習近平)、安倍チョン③、全員パペット人形お人形ダンスなのでもう茶番劇はお腹いっぱいですwww

何で北朝鮮からミサイル発射される日は、いつも首相官邸に泊まり込んでいるんだよ。ダチョウ倶楽部かよ(笑)

加計学園問題、森友学園問題でチョン③がやばくなると何でミサイルが飛んでくるんだヨ。(ホッとラインでもあるの?援護射撃?www)


●ダチョウ倶楽部の「絶対押すなよ!」が子育てに使える?


戦争は、パペット人形同士の判断で始められるものではありません。

『戦争とマスゴミの大衆誘導と集団ストーカー。。。』でお伝えしたように、石油というエネルギーの殆どを中国から依存している北朝鮮は単独でドンパチの戦争などすることはできない国です。

戦争のすべてはシナリオです。

911を見れば分かるように、昔から戦争は戦争を起こしたい国の自作自演(inside job)から始まります。

戦争が起こるのは、エネルギー・資源(石油、天然資源、鉱物)や麻薬の利権が、主な原因です。
「湾岸戦争:石油利権」「911とアフガニスタン・イラク戦争:麻薬利権」「ベトナム戦争:麻薬利権」「太平洋戦争(大東亜戦争):イスラエル建国のため」等等

もう頭痛いですねぇ。結局、いつも死んでいくのは下層階級の人間ばかりです。

今回は、念のため備えておいた方が良さそうですね。
『備えよ常に!!(2017年)』

★核攻撃サバイバー あべりょう


本当に有事が起こるか否かの判断は、以下の基準でいいと思います。

1、在韓米軍の家族が日本へ避難を始める。
2、害務省・海外安全ホームページの「北朝鮮・韓国」に(レベル3:渡航中止勧告)以上がでること。


「現在(9/5)現在、北朝鮮・韓国に何のアラートも挙がっていません。」←狂っているネ(爆)害務省は、どんだけ朝魚羊人やカルト(大鳳会)に乗っ取られているんだヨ。パンチ!

北朝鮮

韓国

最近、北工作員の動きが慌ただしいですね。
有事が起これば日本国中で破壊活動(テロ)を起こすんでしょうね。

ちょっと前には「中国当局は金正恩氏に対し「亡命」をするよう説得している可能性」とかあったし、ロス茶が妾に産ませた子・ヒッ虎~(卍君)みたいに海外逃亡(アルゼンチン)とかのシナリオは、ユダヤ人ではない黒電話には無理だと思いますけど。。。

自分たちが普段目にしているTV、新聞などの情報とは、まったく異なる理由から戦争は始まります。

悲しいかなこの世界は狂人たちによって支配されているのです!!

●『世界は狂人によって支配されている』 ジョン・レノン


●上級者以外視聴完全不可 イルミナティとは




■黄金の金玉をしらないか?
『日本のイルミナティ=日本赤十字社の闇 その1』
http://golden-tamatama.com/blog-entry-2165.html
(引用はじめ)

そう。
ご存じの通り日本赤十字社=日本のイルミナティの会社ですよね。

・・・

日本の権力の中枢が集まる場所=日本赤十字社

・・・

北朝鮮の日本人拉致問題。
なぜ日朝赤十字会談を利用して日本と北朝鮮の話し合いが行われるのでしょうか??

サラッと書いてるのですが、なんで赤十字社?
皆さんは不思議に思わないでしょうか。

外務省が北朝鮮政府と交渉する。それは分かりますが。
なんで赤十字社会談でやるの?

そして、なぜか北朝鮮政府から日本政府宛の外交書簡は、すべて日本赤十字社御中で届く。
そして送付主は何故かすべて北朝鮮赤十字社になっているのでした。

これってどういうこと??
この不思議。

ガクガクガクガク。(;゚Д゚))

・・・

日本赤十字社の闇。
これは深すぎる。。

まぁ、ここら辺まではまだセーフなところだと思って書いてます。

書き過ぎだったら、こら書き過ぎでしょ!玉ちゃん!
とご注意下さい。

(引用終わり)

みぃ~んな、お仲間ですね。叫び


『オランダの銀行家が暴露』
http://golden-tamatama.com/blog-entry-revelation-from-insider.html

エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201708_post_14250.htmlより

オランダの新興メディア「De Vrije Media」のインタビューに応じたのは、オランダ人のロナルド・ベルナルド氏(オランダの金融会社「de blije b」の創設者)。もともと企業家として財を成したセレブだったが、成功への欲望はそれで満たされることなく、 “マイナス100度の冷凍庫に良心をしまって”金融業界に参入。出所の怪しい金のマネー・ロンダリングなど違法な業務に、最高レベルで5年間携わりながら、世界金融の仕組みを学び、銀行・各国政府・諜報機関・テロ組織がいかに結託して世界のマネーを回しているかを理解したと語っている。その間、ロバート氏は冷徹無常な“サイコパス”になる訓練を受け、たとえ携わった業務の影響で自殺者が出ても、同僚と笑い飛ばすような人間になっていたそうだ。
「私たちは、人々を見下し、嘲笑っていました。人もモノも単なる商品、廃棄物であり、全ては無価値なゴミです。自然、地球だってそうです。全てを燃やし破壊したって構わないのです」(ベルナルド氏)
金融業界でかなりの実力者となったベルナルド氏は、クライントの紹介で悪魔崇拝者の秘密サークルと終身契約を結ぶことになる。ベルナルド氏曰く、彼らの教会では、まるで映画『アイズ・ワイド・シャット』の1シーンのような異教的で官能的なミサが開催されており、ベルナルド氏も大変楽しんだとのことだ。しかし、終わりは突然やってきた。ベルナルド氏が良心を取り戻す事件が発生したのだ。それは、生贄を捧げる儀式に立ち会った時のことだという。




「それでは、今回私がインタビューを受ける理由となった出来事をお話しましょう。それは海外で開かれた、生贄を捧げる儀式に招待された時のことです。これが、限界でした……生贄にされたのは子供たちです」(同)
「彼らはこんな儀式を何千年も続けているのです。私はかつて神学を学んでいたのですが、聖書にはイスラエル人がこういった生贄の儀式をしている記述があります。イスラエルの最初の10部族がバビロンで捕囚されたのも、子どもを生贄に捧げるこの儀式のせいです」(同)
ベルナルド氏は子どもたちを生贄に捧げるよう命令されたが、それを拒否。この時から彼の精神は徐々に壊れていったという。涙を流しながら告白を続ける。
「もう私はまともに機能することができませんでした。成果も振るわなくなり、仕事を断るようになっていきました」(同)
それでもベルナルド氏は極めて責任の重いポジションにあったため、簡単に仕事を辞めることはできなかったという。そしてある日、ベルナルド氏の体は完全に機能が停止、気が付くと病院の集中治療室で寝ていたそうだ。辛い記憶のため多くは語らなかったが、これには組織脱退時の過酷な拷問が関係しているとのことだ。最後にベルナルド氏は、ある書物を読むことが、この組織のことを知るために重要だと語っている。
『シオン賢者の議定書』はトンデモ本だといわれていますが、この信じられないほど退屈な本を読み通すことをおすすめします。これを読んで理解すれば、毎日の出来事が新聞を読むように分かるようになるでしょう」

以上がインタビュー第一弾(現在のところ第三弾まで公開されている)の内容だ。これまで噂されてきたイルミナティの黒い話がほぼ事実だったことが、これで明らかになったと言えるだろう。第二弾ではさらに深く世界金融とイルミナティとの関係が詳細に語られている。辛い記憶を掘り返し、涙を流してまで告白してくれたベルナルド氏の勇気に拍手を送りたい。

--------------------------------------------------------------

『オランダの銀行家 イルミナティを暴露したロナルド・ベルナルド氏が死体で発見された』

https://newspunch.com/dutch-banker-illuminati-dead/

ロナルド・ベルナルドは、一連のテレビインタビューで金融業界イルミナティを公開したエリートオランダの銀行家で、フロリダで死亡していることが判明した。61歳だった。



こんな時代です。先ずは知ってください。

【NWO(新世界秩序)の人口削減計画(プログラム)】

放射能の被爆(原発爆破、劣化ウラン弾)による人口削減。
HAARP(人口地震、気象操作、集団マインドコントロール)の操作による人口削減。
ケムトレイル(放射能物質、重化学物質、細菌・ウィルス)の散布による人口削減。
組織犯罪=集団ストーカー=コインテルプロ、電磁波、スカラー波、放射線兵器等のテクノロジー犯罪による人口削減。
ワクチン(新型インフルエンザ、エイズ、SARS、子宮頸がん等)による、副作用や不妊による人口削減。
戦争による人口削減。
金融危機、エネルギー危機、食料危機をつくりだし、国家破綻、社会破綻を起こして人々を失業、貧困、飢餓に追い込み人口削減。
民族紛争の誘因を作り出しての人口削減。

食品に有害な添加物や毒物を混ぜての人口削減。等等


現在進められている人口削減計画(プログラム)は、NWOの実現ために行われている布石の1つです。
闇ユダヤ政府が進めているNWO(New World Order:新世界秩序)とは、①国・国境、②民族、③宗教の垣根を無くし、④家族、⑤教育、⑥伝統・文化や秩序を破壊することです。

人類を家畜のように洗脳(マインドコントロール)し、支配者たちによって生存さえをも許可される世界(世界統一政府樹立)を実現しようとするものです。


国・国境の垣根を無くすこととは、すなわち独立国家意識、愛国意識、民族意識を無くすことです。奴隷化したゴイム(非ユダヤ)の財産、経済的基盤(仕事)を奪うこと、さらに大量の移民・難民の混入より民族浄化(民族絶滅)が行われているのです。

また、親の経済力を奪い国家が子供を取上げて教育することになれば、両親の元で培われる「愛国心」「道徳観」「倫理観」を教育する機会を奪うことになるでしょう。奴等は、そんな「1984」のような世界を作ろうとしているのです。


まだ、殆どの大衆は眠ったままです。
多くの人々が『覚醒』したとき、そこに一筋の光が見えてくると思います。






【参考サイト】

●日本や世界や宇宙の動向

『ロスチャイルドがアメリカから資金を引き揚げ、北朝鮮兵士は戦争の準備をしています。』

世界を牛耳る金融エリートのボス的存在であるロスチャイルドが今、米ドルの投げ売りをしていると報道されましたが、ロスチャイルドが所有する世界最大の投資信託はアメリカから資金を大量に引き揚げているそうです。ロスチャイルドが世界の金融を崩壊させたければそうなるでしょう。彼は金融市場や世界政治のパペットマスターですから。しかも金融や経済崩壊と同時並行して起こされるのが戦争です。今後、どうなるか分かりませんが、北朝鮮は戦争の準備をしているようです。飢餓に苦しむ兵士らは戦争に備えるために畑や市場からトウモロコシを盗んで食べるように指示されたそうです。
北朝鮮船舶が日本海で違法操業し大量の魚を盗み取っていたようですが、それも北朝鮮の兵士らがやっていたことなのではないでしょうか。彼等の得意技は盗みです。金正恩に特別扱いされている恐ろしい特殊部隊の兵士以外はみなやせ細ってふらふらなのかもしれません。彼等は平気で他国の領海に侵入し他国の魚を盗み取っています。日本は完全に彼等の攻撃だけでなく食糧のターゲットにもなっています
日本の漁師さんたちは特亜の違法操業と政府の無関心で日々迷惑を被り死活問題にまで発展しています。
今後、世界はどうなっていくのか。。。北朝鮮が再び挑発したなら、最も気を付けなければならないのは、北朝鮮とアメリカの飛び火だけではなく、中国とロシアの侵略です。


・・・

飢餓に苦しむ北朝鮮の兵士らはトウモロコシを盗み食いして差し迫る戦争に備えよと指示されました。

北朝鮮の兵士らは金正恩の独裁体制下で飢餓に苦しんでいますが、軍幹部は彼等に対し、差し迫る戦争に備えて(空腹を満たすために)市場からトウモロコシを盗むことを許可しました。
北朝鮮は自国の軍事力を豪語しており、金正恩は毎日のように贅沢なお菓子をほおばっているにも関わらず、北朝鮮兵士は耐えがたいほどの栄養失調になっています。
デイリーNKウェブサイトにて、「飢餓に苦しむ若い兵士らの多くが軍隊を逃げ出し食べ物を盗んでいる。軍幹部でさせ訓練で疲れ切った兵士らに、差し迫る戦争に備えてトウモロコシを盗んで食べるよう促している。しかし軍幹部らは兵士らに対して、トウモロコシを盗み食いしても栄養失調なら、お前たちは困難に直面する、と兵士らを脅している。」と北ハギョンに住む情報筋が暴露しました。
米韓合同演習が行われたため、金正恩は日本上空にミサイルを発射しました。これを受けて国連安保理の対北朝鮮に対する新たな制裁が加えられ、今月に入り米朝の緊張が制御不能の状態になっています。トランプも北朝鮮との対話は解決策ではないと断言しました。

--------------------------------------------------
『アメリカとロシアの緊張も高まっています。』

アメリカとロシアの緊張も高まっています。
ロシアがモスクワの米大使館員の数を減らすようアメリカに命じると今度はアメリカはサンフランシスコ、ニューヨーク、ワシントンのロシア領事館を閉鎖するよう命じたとか。。。
どこまで行くのでしょうね、米ロは売り言葉に買い言葉が続いています。一気に世界戦争へともっていきたいのでしょうか。じわりじわりと国家間の関係を無理やり悪化させています。プーチンはアメリカを侵略する許可をもらっているのでしょう。そのためには戦争ゲームに持って行くしか方法はないのでしょうか??
経済や財政難であえいでいるアメリカの軍産複合体は戦争の雰囲気を作り出しながら、武器や兵器を他国輸出することで大きな利益を得ようとしています。


DEBKAファイルによると:
ロシアがモスクワの米大使館員を755人まで減らすようアメリカに命じたことを受けて、木曜日にトランプ政権は、サンフランシスコ、ニューヨーク、ワシントンのロシア領事館を閉鎖するようロシアに命じました。
木曜日の朝、ティラーソン国務長官はロシアのラブロフ外相との電話会談でアメリカの報復を伝えました。電話会談後の声明で、ラブロフ外相は、「ロシアとアメリカの関係がさらに緊張することを懸念する。今後、アメリカに対する対応を協議する。」と語りました。

--------------------------------------------------
『ロシア政府がウラジオストクの住民を避難させました。』


ロシアは全てを読みとっているかのような行動に出ています。北朝鮮有事になれば、ロシアは東欧侵攻も考えているかのような動きです。ロシアは北朝鮮国境沿い、北方領土、ヨーロッパとの国境沿いで大規模軍事演習を行っています。戦争を最もやりたがっているのはロシアなのでは?
北朝鮮有事を想定してウラジオストクの住民が避難したそうです。
私の推測では、戦争にはならないと思うのですが。。。
エリート層はどうしても戦争ゲームをやらないと困るようです。

そして分かりやすい中国。連日、尖閣周辺に武装船を送り込んでいますね。
記事はこちらからhttp://www.sankei.com/west/news/170831/wst1708310040-n1.html
北朝鮮有事があれば中国は必ず尖閣を奪いに来るでしょう。同時に日本国内に潜伏している大量の中国人工作員たち(一般住民として日本に滞在)が国防総動員法により日本で暴れまくります。

北朝鮮が日本上空を超えるミサイル発射を行った後にロシア政府は北朝鮮との国境沿いになるウラジオストクの住民を安全な場所に避難させました。
北朝鮮が日本上空を超えてミサイルを飛ばしたことでアジアの緊張が高まりました。早速、ロシア政府は、北朝鮮有事を懸念して民間防衛当局者らに北朝鮮との国境沿いに住む1500人の住民を安全な場所に避難させるよう指示しました。
日本上空を超えた北朝鮮のミサイル発射は国際社会を怒らせました。またトランプは全ての選択肢の用意はできていると威嚇し軍事行動の可能性を示唆しました。

北朝鮮のミサイル発射により、ロシアのウラジオストクでは住民が緊急措置の一環として安全な場所に避難しました。
プーチンは、トランプが炎と怒りを爆発させると威嚇していたことから、北朝鮮が再びミサイルを発射したなら、アメリカは北朝鮮と開戦するのではないかと懸念しています。

ウラジオストクの住民に対する避難指示がロシアの非常事態省の地域管理局から出され、ウラジオストクの市民保護局が住民を避難させました。
ロシアは北朝鮮と24マイル(約38km)の国境を共有しています。

ロシアの外務相報道官は北朝鮮危機が武力衝突に発展し世界を破壊寸前にまで追い込むのではないかと恐れがあると警告しました。
一方、ロシアは北朝鮮と政治・経済面での繋がりを維持しています。先月、ロシアは、北朝鮮との国境から3000kmの距離にあるザバイカルにて、8000人の部隊を動員させ、50機の戦闘機、3000個の軍装備品を使った大規模軍事演習を行いました。
プーチンは今年初めにも北朝鮮との国境沿いに大量の兵士を派遣し北朝鮮有事を想定した軍事演習を行わさせていました。
数週間前にアメリカがロシアに対する追加制裁を発動後、アメリカとロシアの関係も悪化しています。



●産経ニュース
『万景峰、ロシアが入港拒否 制裁影響で使用料払えず…北朝鮮定期航路廃止も』

【北朝鮮ミサイル発射】
ロシア・ウラジオストク港に入港する北朝鮮の貨客船「万景峰」=8月17日(共同)

北朝鮮北東部の羅先とロシア極東ウラジオストクを結ぶ北朝鮮の貨客船「万景峰」について、ロシアの港湾当局が8月下旬、港湾使用料の未払いを理由に、入港拒否を通告したことが2日、分かった。万景峰は現在、運航を停止中。国連の北朝鮮制裁の影響で運航会社は利益を出せず、使用料を支払えずにいる。核・ミサイル開発を加速する北朝鮮に資金をもたらし制裁の抜け穴になると懸念されていた露朝間初の定期航路は3カ月で廃止となる可能性が出てきた。
万景峰は5月の航路開設以降、羅先とウラジオストクを週1回往復し、毎回、北朝鮮国籍の約40人の乗組員が乗船。給料の約40%を同国政府に納めていた。
しかし、国連制裁により北朝鮮からの海産物の輸入や労働者の新規受け入れが禁止されたことで、期待していた利益が上げられなかった。当初100人以上を見込んだ乗客が10人に満たないこともあった。

--------------------------------------------------
●産経ニュース

『中国紙、石油禁輸に反対 外務省声明、小さな扱い 習近平氏は1面トップ級』

【北朝鮮核実験】
 北朝鮮が6回目の核実験を強行したことを受けて、4日付の人民日報、解放軍報など主な機関紙は、いずれも「断固反対し強烈に非難する」とした中国外務省の声明を中面で小さく掲載するにとどめた。
機関紙各紙は、福建省アモイで開かれた新興5カ国(BRICS)首脳会議の関連会議で習近平国家主席が演説した内容を1面トップ扱いで大きく報道。周辺諸国との温度差を見せつけた。
一方、人民日報系の国際情報紙、環球時報は4日付社説で今回の核実験に触れ、「中国にとって最も重要なのは放射性物質の漏(ろう)洩(えい)がないか監視することだ」と指摘。
北朝鮮の核実験に冷静な態度で対応すべきだと強調し、石油の供給停止や国境の閉鎖は中朝の全面的な対立を招くとして、「全面禁輸などの極端な制裁に軽々しく同意すべきではない」と主張した。



●livedoor NEWS

http://news.livedoor.com/article/detail/12947399/
『朝鮮半島 - 中国、金正恩氏へ「亡命」説得か 有事回避のため=韓国メディア』

北朝鮮が新たな核実験に踏み切るかどうか注目を集める中、中国当局が、金正恩朝鮮労働党委員長に亡命するよう説得しているとの可能性が伝えられている。

韓国紙「朝鮮日報」(10日付)は、現在韓国国内の情報誌の内容を引用し、「4月末までに、中国当局が金正恩委員長の亡命を説得する。説得が失敗に終われば、米国は先制攻撃を加える」と報じた。
中国当局、過去にもカンボジア国王を亡命 ポルポト政権誕生前
在米中国問題専門家の石涛氏も、中国語ラジオ局「希望の声」の評論番組で同様の見解を述べた。

・・・



おまけ

●FF4のボス戦BGMで少年律動体操【再うp】 .flv



忘れた方は、ポッチっとお願いします。m(u_u)m
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


AD

リブログ(4)