【レシピ】なすのニラ南蛮 &あんずの収穫 | 神田美紀の周期で食べる妊活薬膳 ~食材の力で授かり体質へ~

【レシピ】なすのニラ南蛮 &あんずの収穫

 

 

 

こんにちは。

 

 

薬膳料理家の神田 美紀です。

 

 

梅雨はこのまま開けてしまうのでしょうか?

 

 

ここ数日の暑さは厳しいですね。晴れ

 

 

こういう天気が続くと、ついさっぱりした麺類や氷がたっぷり入った冷たい飲み物やアルコール、

 

 

アイス、かき氷などを求めてしまいますよね。

 

 

でもそういうものばかり食べると、胃腸に負担をかけてしまいますよね。

 

 

今日ご紹介するレシピは、この時期おいしいなすを揚げて、ニラを使った香味だれに

 

 

つけてさっぱりいただく、夏の不調を防ぐのにもおすすめです。

 

 

なすは熱を冷まし、体の余分な水分を排出します。

 

 

また消化機能を高める働きがあります。

 

 

ニラに含まれるアリシンは代謝に欠かせないビタミンB1の吸収を助けるので、

 

 

疲労回復効果が期待できます。また血流をあげ、巡りをよくする働きがあるので、

 

 

冷房で冷えて体が凝る症状などにも効果が期待できます。

 

 

妊活中の方は、とくに排卵期に食べるのがおすすめです。

 

 

ニラは腎を補い気の巡りをよくし、なす、ニラ、玉ねぎが血流をよくするので、

 

 

排卵をスムーズに促す効果が期待できます。

 

 

排卵期の食べ方はこちらをご参考に。

 

 

 

 

それではレシピのご紹介です。

 

 

なすのニラ南蛮

 

 

材料(3~4人分)

なす     3本

ニラ     3本

玉ねぎ    1/4個

しょうが   1片

にんにく   1片

A

しょうゆ   大さじ2

酢      大さじ2

はちみつ   小さじ2

ごま油    小さじ1/2

 

揚げ油     適量

あれば糸唐辛子 適量

 

作り方

①なすは縦に4等分し、皮目に斜めに格子の切込みを入れる。

 

 

②ニラは小口切りに、

 玉ねぎ、しょうが、にんにくはみじん切りにし、

 合わせたAに漬ける。

 

 

 

③なすを中温の油で揚げ、油をよくきる。

 

 

④③を②に入れ味をなじませる。(冷蔵庫で数時間冷やすとよりおいしい)

 

⑤器になすを盛りつけたっぷりニラだれをかけ、あれば糸唐辛子をのせる。

 

 

つくりおきにもおすすめなので、暑い時期の副菜としてぜひ作ってみてください。

 

 

 

さて我が家のあんず。

 

 

ついに収穫しました。高いところのあんずはとれるかなと心配していましたが、

 

 

時期になると重みで落ちてくるものですね。

 

 

高い位置のものは自然に落ちてくるものを拾って、手に届く範囲のものは

 

 

息子と一緒に収穫しました。

 

 

 

けっこう虫くいもありましたが、黒い部分は除いて、

 

 

ジャムを作りました。

 

 

 

大きめな瓶で6個はできました。食べるの楽しみです!

 

 

あんずのジャムのレシピはこちら。(あんず手に入ったらつくってみてください)

 

自家製あんずジャム
 
今が旬のあんずをジャムにしました。 あんずはβカロテンやクエン酸が豊富。 暑さにバテ気味なときにもおすすめです。

Instagram 

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村