祝! 宮沢模型(TOMIX) キハ40 左沢線 入線! | キハでGo!
新型コロナウイルスに関する情報について

キハでGo!

Blog of the Kiha, by the mid-aged man, for the Kiha lovers.

こんばんは、昨日は不要不急の外出は控えなければ・・・と言っていましたが、携帯に「献血にきてね」メールが入っており、よく読むと、コロナ肺炎の影響で血液の集まりが悪いことと輸血を必要としている方の数には変わりがないので、いつもと同じ量を確保しないといけないとあり、午前中に行ってきました・・。

献血に行くと思ったよりも人がいたので、内心・・・

私:「・・・・(なんだ、結構いてるやん・・・これなら・・・)」

受付:「意外と多いと思われますでしょ?来てくれる方は午前中に来られますが、それ以降は本当に少なくなって・・・なので可能な限り、継続してください。それと今日は成分献血をお願いします。」

と私の内心を見透かしたように先手を打たれましたwまたいつもは献血内容は選べるのですが、今日は成分献血の方が必要とのことで時間はかかるのですが、どうせ暇なので成分献血(血小板)で協力してきました。

なので可能な限り行こうと思います。帰りには協賛品としてかの有名な「青汁」とちょっとうまそうに感じる「レモスコネード」をいただいて帰りました。

帰ってから、献血後のバンドエイドを放置しており、入浴時に気が付き、はがすのですが、微妙に毛が生えているところなので、イタイイタイ(笑)

 

今回はちょっと風変わりな製品をヤフオクで手に入れました。

宮沢模型の「キハ40左沢線」です。一見、TOMIXのようなケースですが、表にはTOMIXの文字はなく、裏面にTOMIXとあります。よく見ると企画・販売が宮沢模型で設計・製造がTOMIXとなっています。ググると宮沢模型という海外の鉄道模型の輸入販売会社がTOMIXに製品化を依頼して売り出しているようで、近年のJR西日本商事がトレインボックスで行っている方式のようです。

 

ケースもTOMIXっぽいのですが、裏面以外はTOMIXの文字は全くなく、側面は宮沢模型のロゴマークと左沢線のロゴイラストになっています。(ただ商品の機能・オプションアイコンはTOMIXのものですがw)

それと宮沢模型のロゴアイコンは頭文字の「M」をモチーフにしているようですが、なんとなく国鉄の「JNR」っぽいデザインですw

 

スリーブから取り出し、開封するといつものTOMIXプラケースに入っており、説明書は左沢線の専用説明書ですが、TOMIXの文字が入っており、後付けパーツなどもいつものTOMIX仕様となっています。

今回の製品はキハ40ですが、2両ともナンバーがすでに指定されており、インレタはありません。

 

正面と側面を見るとJR化後にあちこちで登場した地域色の一つですが、左沢線・・・一体どこの路線だ・・・・

箱を見ると「JR東日本商品化許諾済」とあるので東京から上の方というのはわかり、ググると山形県のローカル線でした。

北山形から左沢を結ぶ26kmほどの盲腸線です。時刻表の地図で見るとなんとなく廃線になりそうな路線ですが、もしかするとバスが走らせにくいなどの理由で生き残っていそうな感じもします。

そして路線名称の「左沢」・・・読めませんでした。「あてらざわ」と読み、山形県左沢町が路線名となっています。

また時刻表をみると「さくらんぼ風っこ」が設定されており、キハ48のビューコースター風っこを使用した列車も走っており、名前の通り、さくらんぼの名産地のようです。

側面は山を三つ重ねた様なデザインですが、これは「出羽三山」をモチーフにしているようです。(月山、羽黒山、湯殿山)

そしてその山から3本のストライプが車体の周りを飾っています。

 

早速、お座敷レイアウトで走行させます。

セットはM車とT車で2両編成にできますが、左沢線はほとんど単行だったようです。しかしググると2両編成の写真も出てくるので、2両セットでも問題ないようです。また2両編成の写真には左沢色と東北地域色の2連もあるので、凸凹編成も楽しめそうです。

 

走行は物自体はTOMIXなので安定した走行です。いつものようにキハ40の造形と独特の地域色を楽しむことができました。

 

白をベースにした左沢線ですが、側面から正面に伸びる3本ラインはズレもなく非常にきれいにひかれており、運転窓下の左沢線ロゴアイコンも非常に小さいのですが、よく見るとアイコン下部の「ATERAZAWA」が微かにですが、判読もできます。

最近のインクジェット方式ではここまで細かい再現は難しいと思うと、インクジェットはやめてほしいと思います。

インクジェットになって安いのならまだしも、値段が変わってないようにも感じますしねw

 

今回はヤフオクで偶然に発見した宮沢模型の左沢線ですが、ネットで調べていると定価が何と1万4千円ほどなので、やはり間にマージンが入っている分、トレインボックスと同様に高めになっています。ただ今回は未使用品を8000円で入手できたので、普通にTOMIXのキハ40系を買うくらいのお値段で入手できました。

キハ40系好きのキハすきすきとしてはこのような商品は万々歳であり、今後もトレインボックスも含めて、キハ40系は精力的に集めていきたいと思います。

といってもまだ北海道の恵みシリーズは買っていないのですがw(インクジェットなのでどのような感じなのか心配で・・・でも評判は良さそうなので、なくなる前に買っておこうと思いますw)

でわでわ

 

久しぶりの追加!

先月に嫁へのサプライズプレゼントとして購入したどうぶつの森Switch本体同梱版ですが、私もキャラを嫁が知らないうちに作って、無人島に勝手にテントを設置しました。しかしそのあと、完全に放置しており、昨日、2回目のログインをすると・・・

私以外の住人は全てテントから一戸建てに代わっていました。そして私のテント周りにはいろいろな虫と焚火、飯盒炊飯セットが置かれていました。(嫁があまりにもみすぼらしいとのことで恵んでくれたようですw)

ちなみにオープニング画面に写っているペンギンは初期からの住人で「ペンタ」といい、筋トレとプロテインをこよなく愛するナイスガイです。

 

タヌキどもが仮店舗として設置していた電化されたテントを訪ねると、なんと・・・りっぱなレンガ造りの建物になっており、中にはタヌキチ(親分)と犬?がいました。中もちゃんとカウンターやデスク、パソコンなども置かれており、なんとなく自分のリアル職場のような感じです(笑)

一緒にいた子ダヌキはどこに行ったのかと思いきや、独立して自前の商店を建設していましたw

購入してからまだ半月ほどしかたっていないのですが、嫁はそこそこやり込んでおり、話を聞くと、この役所、子ダヌキの商店、博物館!?などは嫁が素材を集めて建設できたそうです・・・・

ローンだけでなく、建築資材まで上納しないといけないのか・・・私は23時にプレイしていましたが、24時の数分前に寝たと思っていた嫁が突如、登場し・・・

嫁:「あんた、何してるの!すぐやめて!!」

私:「えっ、今、始めたところなんですが・・・・」

嫁:「何言ってるの、今からイースターやから、色々とせなあかんことが、あるねん、はよどき!」

と半強制的に終了させられ、嫁のキャラに変更後、ひたすら島を駆け巡りながら・・・

嫁:「イースター限定の・・・・」

と言いながら、一生懸命に木をゆすったり、岩を叩いたりしていました。まぁこれだけ楽しんでくれているのであれば、高い本体付きを購入した甲斐があるもんですわw

でわでわ