不動産売却で知っていただきたい実態。業界の残念な話 | 株式会社バリュープロ

株式会社バリュープロ

大阪府箕面市の不動産仲介会社
株式会社バリュープロのスタッフブログです♪
社内での出来事や不動産関連ニュースなどをお伝えしていきます!

本日は不動産売却の際に知っておいていただきたいお話です。


業界の裏話。

隠したい話。

書きづらい話。


こんなところですが、あまりにヒドイ状態を見てしまったので

あえて書きます。


売主様がどこかの不動産会社に売却を依頼したらレインズという

不動産会社だけがアクセスできるネットワークに情報を登録します。

各業者は毎日それをチェックしてお客様の条件に当てはまる物件

情報を見つけてお客様にお届けしています。


しかし、一部の不動産会社(皆さんも名前のきいたことのある有名

な会社)が売主様から売却を依頼された際にこの基本的なルール

を守っていないことがあります。


レインズに登録された情報を見つけて詳細資料を取り寄せようとし

ても「商談中」と言われて他社が扱えないようにしているのです。


「成約した」と言えばウソになるので「商談中」と言うのがポイントなん

です。「商談中」という状態は、購入希望者が現れて売主と条件調整

をしている段階のことです。もちろん本来の商談中の段階であれば

他社に資料を送付したり物件を案内したりできるはずですが、絶対

にさせないのが特徴です。


商談中の場合、商談をしているお客様と成約に至らなかった場合に

は再度販売をやり直さなければいけないですから、キャンセル待ち

のお客様を受け付けたほうがいいと思うのは当たり前の話です。

ですから、商談中になったらからといってすぐに案内をストップする

のはおかしいわけです。


あくまでも推測にはなりますが、売り側・買い側の双方からの手数料

が欲しくて(いわゆる両手成約)商談中の客などいないのに商談中と

言っているのだと思います。


現に私が商談中と言われた物件で、その日から2週間に渡ってオー

プンハウスが開催され、その担当者が待機していました。もし、本当

に商談中ならば私にも案内させたほうが良いですよね、2週間もかか

るのであれば・・・。


この被害者は売主様なんです。

このような状態になっていることは知らないと思います。当然ながら

レインズの説明もされているでしょうから、レインズに登録してもらっ

て各社で取り扱ってくれていると思っているはずです。

専任で1社だけに任せた場合、ほかの不動産会社と話をすることは

ないですから、このような状況を知る余地もありません。


もちろん、それを承知している売主様もいるかもしれません。

依頼した会社にどうしても儲けて欲しいので、他社には商談中と

ウソを言ってもいいからあなたのところで売りなさい。という売主様も

いるかもしれません。

しかし、私の知る限りではほとんどの売主様は「誰が売るかとか、

不動産会社の儲けはどうでもいいから1円でも高く1日でも早く売っ

て欲しい」と考えているものです。

また知人等で本当に1社だけで売っても良いと言われるようなケース

(ほぼそんあことはないですが)では、レインズに登録しなくて良いと

言うはずです。レインズには登録しなければいけないけど、あなたの

会社だけで・・・なんて話はありまえん。


不動産業界にはこういう消費者には一見わからない部分が存在する

のは間違いないです。業界の人間として本当に情けない気持ちです。


当社では売却を依頼受けますとすぐにレインズに登録しますし商談

中とかウソは言いません。本当に商談中の場合にはキャンセル待ち

を受け付けます。


もちろん、当社だけでなくまじめにやっている不動産会社がほとんど

です。一部の悪質業者の被害にあわないように、どの不動産会社に

売却依頼をするかは慎重に検討したほうがいいと思います。


当社では売却をお預かりする際に「専任媒介」を強要しません。

「一般媒介」でも全く問題ありません。どちらでも一生懸命努力しま

すし、誠心誠意対応いたします。「一般媒介」で何社かの不動産会社

に依頼するのが一番安全な方法ではないでしょうか。

逆に「専任媒介」を押してくるようなところは、くれぐれもご注意ください。



株式会社バリュープロ
http://www.c21mino.jp/