GOLD2014-8月号軽井沢特集

テーマ:
世界文化社のGOLD8月号の軽井沢特集に掲載されました。
夏に行きたい
おいしい軽井沢
という特集記事P150~151見開きです。



今井美樹さん表紙の世界文化社のGOLD8月号です。

{A3E27908-9B04-4AFA-A358-2C1D737D794C:01}

究極のブランチ作成中の一コマ。



純銀製4匹の豚が背負った食パンホルダー。


毎朝ジャムをたっぷりつけて食べたイギリスの朝食を
思い出して。
旧軽のこばやしのジャムはロシア人直伝という
魅力的な宣伝文句につられます。

ここ最近カロリーが怖くてパンにジャムなんかつけたこと無かったけれど、
この日以来、こばやしのジャムにハマり、
パンにジャムつけてます!!

今回買ったのは、キイチゴ、コケモモ、カリンの3種類。
撮影後もまた訪れて、カシスやいろいろ買いました。




ハルタさんのパンやアトリエ・ド・フロマージュのブルーチーズ。

ル・トゥルーべさんのペストリーバスケット。

エッグベネディクトは旧軽ローターリーのちゃたま屋さんの卵に、
18号沿いのムーラン・ナ・ヴァンの信州産スモークサーモン。



ココペリさんのハーブ。
花束にしてくださったのを、テーブルのお花に。


撮影中。
いつもながら、女性ファッション誌の写真のワンカットにかける時間はすごい!!
今回も真剣そのもの。
何度もディテールを変えながら。





旧軽のラ・モンタニョンさんには、撮影後もお邪魔して
大好きなパテ・ド・カンパーニュを買います。
撮影でも使った長期熟成の白カビサラミはオススメです。


ハルニレテラスの新店ココペリさんのお野菜。
サニーレタスなんか、すっごく大きく満開のお花のようで、
新鮮そのもの。
ベビーリーフのミックスもドレッシングに和えてもクタクタにならないし、
同じくココペリのゆずビネガーとオリーブオイルで、
ピンツィモーニオにして食べました。



今回は紹介できなかった、小さな小さなパン屋さんのパン。
ブーランジェリー レイヨンヴェール 


星野温泉から旧軽への近道をするときにいつも通り過ぎる店。
看板もなく、「パンあります」と一言。
でも立派な店名があった(;^_^
編集部の方に教えていただくまで、この名前とあのパン屋さんが結びつかなかった…


今回、掲載されたハルタさんもルトゥルーベさんも朝8時から開店していて、

これは広尾レベルでとても嬉しい。

その反面、午後4時ごろ行くと、すべて売れ切れで、

どんな特色のパン屋さんなのかが全然わからないので、

とにかくお早目に。


今の軽井沢を知る、必須アドレス満載です。

この夏、軽井沢を訪れるのならぜひ手に取ってみてください。