大会8日目 | バレンシア・スタイル

大会8日目

「アルゼンチンvsセルビア・モンテネグロ」

前節コートジボアールに勝利したアルゼンチン

オランダに敗退したセルビア・モンテネグロの戦い。

セルビア・モンテネグロは堅守のチームだけに

アルゼンチンも苦しいだろうと予想していたのだが、

試合は予想外の展開に!

前半6分サビオラがドリブル突破!

そしてマクシに絶妙なラストパス!!!

これをマクシが右足アウトで蹴りこみゴール!

1-0!!鮮やか!!

この後もアルゼンチンは攻め。

前半31分、今度は美しすぎるワンタッチプレーの連続で

最後はカンビアッソがゴール!!

2-0!!

このゴールは現時点で大会No.1のゴール!

2点差がついてもアルゼンチンは全く手を緩めない。

前半41分サビオラが相手DFからボールを奪い、

ドリブルで切れ込みシュート!!

GKが弾いたところをマクシが押し込みゴール!!

3-0!!

前半はこのまま終了。。。


後半はセルビア・モンテネグロがなかなかいい立ち上がりを見せたのだが

65分ケジュマンが一発退場し、

75分メッシーが登場すると一方的な展開に。

78分メッシーリケルメの素早いFKから抜け出し

ゴール前に折り返すと

クレスポが飛び込みゴール!!

4-0!!

まだまだアルゼンチンのショーは終わらない!

84分、今度はテベスが2人を抜きゴール!!

5-0!!

88分ラストは

メッシーがテベスのスルーパスに反応!ゴール!

6-0!!

そして、ロスタイムをほとんど取らず試合終了。。。

クレスポのゴール以外、流れの中からの得点です。

強すぎ・・・。てか層厚すぎ・・・。


支配率   アルゼンチン(58%)vsセルビア・モンテネグロ(42%

シュート数 アルゼンチン(11)vsセルビア・モンテネグロ(4


「オランダvsコートジボワール」

攻撃的な国&オレンジ同士の戦い。

そして高速スピード対決!


試合は前半開始から勝利以外考えられない象牙が攻める!

しかし決定力に欠け先制点を奪えない。

すると、前半23分オランダがエリア近くでFKを得る!

このFKをファン・ペルシーが豪快に直接ゴール!!

1-0!!

なんと、これがオランダ1本目のシュート。

そして、その4分後、

今度はファン・ニステルローイが

上手くオフサイドラインを抜けゴール!!

2-0!!

だが、コートジボワールも黙ってはいない。

38分バカリ・コネがスピードで抜け出しゴール!!

2-1!!

まるで98年のオーウェンのゴールみたいな素晴らしいゴール!

前半はこのまま終了。。。

後半は、前半以上にコートジボワールが攻める時間が長くなる。

しかし、なかなかゴールが奪えない。。。

オランダは守備に専念し、攻撃は3,4人に任せる。

そして後半ロスタイムのコートジボワールの猛攻を耐え、

試合終了。。。


この結果により最終節を残し、

C(死)の組はアルゼンチンオランダの勝ち抜けが決定。

アフリカ最強の力を見せてくれたコートジボワールですが、

サプライズを起こせず残念な結果になってしまいました。。。


支配率   オランダ(51%)vsコートジボワール(49%

シュート数 オランダ(9)vsコートジボワール(16



「メキシコvsアンゴラ」

初戦でイラン相手に格の違いを見せつけたメキシコ

ポルトガル相手に善戦したアンゴラの戦い。

アンゴラはFWアクワが抑えられると苦しい。


試合が始まると、やはりメキシコがパスワークを武器に攻める。

しかし、ボルヘッティのいない前線はイマイチ迫力に欠ける。

当然、高さもないためアンゴラに上手く守られてしまう。

一方、アンゴラの攻撃は・・・中心のアクワが完全に抑えられてしまう。

こちらもアクワが抑えられると、どうしても攻撃が単調になりがちに。。。

すると、両チームとも中盤の攻防が多くなり、

必然的にファールも多くなる。

試合の流れが度々止まることにより、

両チーム共、流れを寄せることができない。

そして、時間だけが過ぎていく・・・。

後半79分にアンゴラアンドレが2枚目のイエローで退場すると

メキシコが攻勢を強めるが、やはり決定力がない。。。

そして両チームともスコアレスのまま試合終了。。。

アンゴラは歴史的な勝ち点1獲得!

一方、メキシコは痛すぎる引き分け。。。


アンゴラの試合は初めて見たのですが、

いまいち特徴がつかめない・・・。

やはり、アクワのワンマンチームなのか?


支配率   メキシコ(54%)vsアンゴラ(46%

シュート数 メキシコ(13)vsアンゴラ(8

ファール  メキシコ(20)vsアンゴラ(22