祝!全米トップテン入り/「La Misma Luna」(予告編あり) | ラテン!ラテン!ラテン!

ラテン!ラテン!ラテン!

渋谷からラテンアメリカ映画を発信!!

毎日、チラシ配りとポスター貼りに精を出している
vagabundaです。
あ、もちろん、「今夜、列車は走る」ですよ~。

てはわけで、他の映画のことを書いている場合じゃないのだが、
ラテンアメリカ映画にとって初の快挙なもんで、
ずっと書きたかったこと、書いちゃえ!

メキシコ・アメリカ合作スペイン語映画「La Misma Luna
(「Under the Same Moon」)が、
19日、20日と全米Dailyランキング8位!!
週末ランキングも10位と大健闘。
carlitos y eugenio

でも、でもですよ、このランキング、
日本と同じで、興行収入でつけられているのですが、
宣伝に何億もかけるメジャー映画は、全米で
2,500館から3,000館余りが一斉に上映するのです。

ですからして、上映館が多ければ多いほど、
興行収入も増えることになるのですが、
「La Misma Luna」の上映館は、
上位9位までの10分の1以下の266館。

そして、1館平均の興行収入では、
公開週末、10,413ドルと全米トップ!ヾ(@°▽°@)ノ

ちなみに、その週末の興行ランキング第1位は、
ジム・キャリーが声優をつとめる「Horton Hears a Who!」
(邦題:「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ
??この邦題でいくんですかい??ということはさておき)

全米で3,961館上映され、1館平均は6,208ドル。
それでも3,961倍すればすごい額なんだが・・・。

いや、いいのです、そういう映画は、
制作費と同じぐらい宣伝費につぎ込んで、
これでもか、これでもか、とスポット打つんだから。

それに引き換え、
「La Misma Luna」は、当初、インディペンデント映画として
出発して、監督は、これがデビューのメキシコ人、
パトリシア・リッヘン。
patricia

主演は「アメリカン・ビザ」にも
出演した、ケイト・デル・カスティーリョ。
kate


スペイン語映画初の高値500万ドルで配給権を買ったのは、
フォックス・サーチライト。
サンダンス映画祭で、各映画会社が競った結果、
24時間で売れた、という何とも胸がすくようなお話。

ストーリーは、メキシコとアメリカ国境を隔てて、
離ればなれに住む、母と息子の物語。
息子役のアドリアン・アロンソは「レジェンド・オブ・ゾロ」や
「イノセント・ボイス」にも出演していて、
この作品が5本目。

carilitos

一緒に暮らしていた祖母が亡くなり、
母が不法移民として働くロサンゼルスに
行こう、として、テキサスに着いちゃって・・と
単なるくら~いお話ではなく、
ちゃんとエンタテイメントしている内容。

だって、メキシコ・ノルテーニョ音楽の
大御所、Los Tigres del Norteまで出てくるんだぜい。

tigres

現在、全米390館、メキシコ350館で上映中。
2007年にLionsgateが配給したスペイン語映画
「Ladron que roba a Ladron」(「泥棒を盗んだ泥棒」)は、
完璧にラテン系の人をターゲットにして、
400万ドルの興収で終わったが、
今回は、ラテン系はもとより、一般のアメリカ人をも
ターゲットに、すでに667万ドルの興収。
メキシコを入れると1,000万ドルを越えている。

口コミで広がったこの映画。
プレミアタイムにスポットも流し始めたとか。

やる気だぜ、Fox Searchlight。
頑張れ、スペイン語映画!!

そうすりゃ、ハビエル・バルデムも
堂々とスペイン語で
取材を受けれるようになるぜ!

メキシコ用予告編(スペイン語)



アメリカ用予告編(英語)

vagabundaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス