ナイキリアクトヴェイパーストリートフライニット | フィットネスインストラクター 野口将司 マラソン、トライアスロン、ロードレース、キャンプにトレラン…外遊び系ブログ

テーマ:
Nike React vapor street flyknit





さて、今日は先日購入したリアクトヴェイパーストリートフライニット←名前長い!のレビュー兼ねて20km使用テストです。




初めてリリースされたとき 
「!!!!?」ってなったのを覚えています。

見た目は完全にヴェイパーフライエリートですからね。
2回目のリリースでソールにリアクト搭載の非カーボンプレートであることが分かりました。





ヴェイパーエリートとの差別化は判りますが、
このシューズ、Nikeにとってはランニングシューズ(運動靴)ではなくストリートファッションシューズ(普段履き)に位置付けされています。






その証拠に箱が赤箱(大きなナイキロゴ)です。
ちなみに通常のランニングシューズはオレンジ箱(スウォッシュのみ)ですね。





見た目メチャメチャ速そうなエリートシューズなのにメーカーから「この靴は走れません!」というレッテルを貼られたような可哀想なシューズです。
あまり売れてませんよね。

ということで売れ残りの30cmがあったので人柱となりますよ!笑

いやいや、リアクト搭載のヴェイパーってええんちゃうの?って思っていましたし、ちょうどロングJOG用にリアクトエピックかオデッセイリアクトが欲しかったところサイズ無しだったのでコレにしました!





足入れた感覚はフライニットの適度なホールド感、
欲を言えば足首の方にもう一発シューホールが欲しい。(もしくはダブルアイレット)
自分の場合、足首側をやや強めに締めると脱げるような感覚は無く圧迫感もありませんでした。


登りと下りで前後にズレる感覚も無く、厚いソールのおかげで長い下りではキロ3分でも下からの突き上げや摩擦熱も小さかったです。

ふわふわのクッション性はヴェイパーのソレとは全くの別物です。

ヴェイパーは乾いた発泡スチロールの中に強い板バネが入っている感じで板バネの面がバーンと弾ける感覚。
リアクトはしっとりしていて柔らかいクッション、ゴムボールが弾むもちもちした感覚。

もっと端的に言えば
ヴェイパーは尖っている。
リアクトは尖っていない。

この感覚は両方走り込まないとわからないと思いますが両者ともにクッションの恩恵は「受けられる」ことは同じです。 

じゃ、ズームフライは…………。笑







とにかくしっとりのリアクトはかなり好印象、脚にやさしくアッパーのフィット感はヴェイパーより上、これは充分に実践使用レベル。

今年のウルトラマラソンはこれで走ろうと思います。
もしかしたらフルマラソンもコレ使えそう。

ヴェイパーみたいに賞味期限160kmってこともなさそうだしかなり良い買い物が出来たと思います。







何より見た目のオーラが凄いので6%くらい速くなった気分になれますよ!笑笑

NGさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス