医学オリンピック

テーマ:
競技科学と呼ばれるものがあまり盛んではなく、知名度も低いようなので、簡単に科学オリンピックの紹介記事を作っておこうかと思います!!今回はその第14弾です!!

今回からは、マイナー中のマイナー、日本が非参加のオリンピックたちを紹介しようと思います!!

今回は医学オリンピックです!!


医学

略称はIMDO。
参加国はアメリカ、韓国、中国、シンガポールくらい。参加国少なすぎでしょ……。国際って呼んでいいのだろうか……?笑

個人戦(多肢選択問題)とチーム戦(Medicine Bowl)がある。(問題非公開)

個人戦は第一試験と第二試験に分かれ、間に30分の休憩がある。ここでの点数のチームの合計がチーム戦のシード決めに使われる。チームランキングはチーム戦の結果で、個人ランキングは個人戦とチーム戦での点数の合計で決まる。個人ランキングはその成績によって金メダル、銀メダル、銅メダルと分けられる。

チーム戦のルール
各チーム4人である。

問題は2種類。トスアップとボーナスである。トスアップはいずれかのチームの4人のうち1人が答える。(早押しだが、学問分野が言われるまで押せない)1チーム1度のみ答えられ、全チーム間違えるとその問題は流れる。トスアップではチーム内で相談出来ない。正解すると4点と20秒の追加時間が貰える。

トスアップに正解したチームはボーナス問題にチャレンジできる。ボーナスでは20秒の間相談も可能であるが答えはその時間内にチームキャプテンが答える。正解すると10点と40秒の追加時間が貰える。


問題はいずれも、短答或いは多肢選択である。問題の読み上げは1度のみ。制限時間(8分2ラウンド(決勝は10分2ラウンド、ビジュアル問題がボーナスで出る場合は12分2ラウンド))が終わるかすべての問題が終わると試合が終了である。



推薦図書はキャンベル生物学とエッセンシャル細胞生物学らしいですよ。


次回はナノオリンピックです!


励みになっています!これからも応援クリックお願いします!!(画像をぽちっと!)


東大受験生ブログランキング

 

読者登録、いいね!、コメントも楽しみにしてます!

 

読者登録してね

AD

天文学・天体物理学オリンピック

テーマ:
競技科学と呼ばれるものがあまり盛んではなく、知名度も低いようなので、簡単に科学オリンピックの紹介記事を作っておこうかと思います!!今回はその第13弾です!!

マイナー中のマイナー、日本が非参加のオリンピックたちを紹介しようと思います!!

という訳で天文学・天体物理学オリンピックです!!


天文学・天体物理学
国際試験: 国際天文学・天体物理学オリンピック
ホームページ: 2016年2017年

略称はIOAA。2007年から毎年行っている。
2007年 タイ
2008年 インドネシア
2009年 イラン
2010年 中国
2011年 ポーランド
2012年 ブラジル
2013年 ギリシャ
2014年 ルーマニア
2015年 インドネシア
2016年 インド
2017年 タイ
アジアが多いですね。

天文学オリンピックは旧ソ連系の国が多く、アメリカなどは参加していませんでしたが、こちらはアメリカ、イギリスなども参加している様です。ロシアは両方出てるみたいですが……。

生徒数は原則、1国あたり5人。

試験は理論試験と実践試験に分かれています。理論試験は15問の小問と2or3問の大問からなります。実践試験は5時間で観察・筆記ベース実践試験(データ分析など)・コンピュータベース実践試験・プラネタリウムのいずれか、或いはそれらの組み合わせ課題を解きます。点数は理論試験が50%、実践試験のデータ分析が25%、観察が25%です。

表彰の仕方
上位3人の平均点を100%とし90%以上の点数の人が金メダル、78%以上の人が銀メダル、65%以上の人が銅メダル、50%以上の人が敢闘賞となる。

総合1位などは特別賞が授与される。



次は国際医学オリンピックとかいうイカつい奴行きますか!

励みになっています!これからも応援クリックお願いします!!(画像をぽちっと!)


東大受験生ブログランキング

 

読者登録、いいね!、コメントも楽しみにしてます!

 

読者登録してね

AD

理科オリンピック

テーマ:
競技科学と呼ばれるものがあまり盛んではなく、知名度も低いようなので、簡単に科学オリンピックの紹介記事を作っておこうかと思います!!今回はその第12弾です!!


マイナー中のマイナー、日本が非参加のオリンピックたちを紹介しようと思います!!

という訳で今回は天文学に続いて理科オリンピックです!!


理科

略称はIJSO。毎年12月上旬にある。
対象は数え年で15以下。
日本は2008年の韓国大会でオブザーバーしただけのようだ。

2015年の韓国大会では、
アルゼンチン、オーストラリア、アゼルバイジャン、バングラデシュ、ボリビア、ボツワナ、ブラジルなど、49カ国の参加があった。
代表は各国6人。(3人チームが2組)
試験は、テスト1、テスト2、テスト3からなる。

テスト1は4択問題。物理が10問、化学が10問、生物が10問である。30点満点。正解で1点付与、不正解で0.25点減点。無回答で0点。

テスト2は理論問題で、大問が2or3コ。物理、化学、生物の融合問題である。30点満点。

テスト3は実験問題。チームで取り組む。課題は4つ以下。こちらも融合である。20点満点。同一チームの各メンバーにはその点数が与えられる。

問題は翻訳を受けたものを解く。

表彰は個人では、トップ10%が金メダル、続く20%が銀メダル、続く30%が銅メダル。
チームでは、3位までが順に金メダル、銀メダル、銅メダルとなる。
また、総合1位、国1位、チーム1位、理論1位などの表彰もある。



次回は天文学・天体物理学オリンピックとかいうの行きますか。

励みになっています!これからも応援クリックお願いします!!(画像をぽちっと!)


東大受験生ブログランキング

 

読者登録、いいね!、コメントも楽しみにしてます!

 

読者登録してね

AD

天文学オリンピック

テーマ:
競技科学と呼ばれるものがあまり盛んではなく、知名度も低いようなので、簡単に科学オリンピックの紹介記事を作っておこうかと思います!!今回はその第11弾です!!

今回からは、マイナー中のマイナー、日本が非参加のオリンピックたちを紹介しようと思います!!

という訳でまずは天文学オリンピックです!!


天文学

略称はIAO。




ホームページが英語とロシア語の両方があるという所が面白い。(え?面白くない??)
2016年の参加国は、
アルメニア
ブルガリア
中国
チェコ
インド
イタリア
キルギス
韓国
リトアニア
マケドニア
モスクワ
ルーマニア
ロシア
スウェーデン
タイ
ウクライナ
(え、モスクワって別枠なの……。)



旧ソ国が多いですね。




認可国代表の場合、3名をαグループへ2名をβグループへ送る。そう出ない場合は2名をA(アルファ)グループ(中学生向け)、1名をB(ベータ)グループ(高校生向け)へ送る。表彰はそれぞれで行う。成績は上から、1等賞、2等賞、3等賞、参加賞に分かれる。各グループ総合1位、各試験1位などには特別賞もある。




試験は理論試験、実践試験、観察試験に分かれる。観察試験の観察方法はプラネタリウムや望遠鏡、裸眼など大会によって異なる。試験問題以外に補足データが与えられることがある。(特に理論)


関連試験: アジア太平洋天文学オリンピック

略称はAPAO。ほかのアジア太平洋オリンピックは大抵各地でやるみたいですが、これは開催地があるみたいですね。(2016年は韓国)





次は理科オリンピック行きます!!

励みになっています!これからも応援クリックお願いします!!(画像をぽちっと!)


東大受験生ブログランキング

 

読者登録、いいね!、コメントも楽しみにしてます!

 

読者登録してね

東大実戦!

テーマ:
東大実戦(夏)の結果が返ってきました!(ネットでだけどw)







結果は260/440でB判定でした~。

250超えればとりあえずはokだと思ってたので、まぁ満足なんですが実際超えてみるとA判定欲しかったですね……。

オープンの方はカスの極みだと思いますのでまぁ、うん、「覚悟ぉぉぉぉぉぉお!!」って感じですね笑



励みになっています!これからも応援クリックお願いします!!(画像をぽちっと!)


東大受験生ブログランキング

 

読者登録、いいね!、コメントも楽しみにしてます!

 

読者登録してね