物理オリンピック

テーマ:
競技科学と呼ばれるものがあまり盛んではなく、知名度も低いようなので、簡単に科学オリンピックの紹介記事を作っておこうかと思います!!今回はその第3弾です!!


まずは、日本の科学オリンピックを取り仕切っている日本科学オリンピック委員会に含まれるオリンピックが、

数学
化学
物理
生物
地学
情報
地理

の7つです。


今回は物理について細かく見ます!


物理

国内試験: 物理チャレンジ


略称はJPhOまたは物チャ、物チャレ。
参加資格は4月時点で20歳未満かつ大学生でないこと。



第1チャレンジは理論問題コンテストと実験課題レポートの二段構成です。



理論問題コンテストは7月の第2日曜に行われます。テストはマーク式で100点満点。ココ最近は第1問が小問集合となっています。



実験課題レポートは6月半ばに締切があり、それまでに与えられた課題についてレポートを書きます。課題は1月頃に提示されます。基本的には一人で実験を行いますが、最大4人までで実験を行うことができます。この場合、それぞれが個人のレポートを用意しなければなりません。また、先生などの助言を受けても構いません。レポートは1人で行う場合25ページ、10000字は書けたら良いかなって感じです。個人で行う場合予算としては5000円~1万円当たりでしょうか。レポートの成績はSS、SA、AA、AB、BB、BC、CC、CD、DDに分かれます。





第二チャレンジは第1チャレンジで好成績の100名ほどが選ばれて出場できます。日程は8月半ば。生物学オリンピックと被ることがほとんどで、化学グランプリとも被ることがしばしば。選考ボーダーは年によって異なりますが、SSは45点、SAは50点、AAは55点、ABは60点、BBは70点、BCは80点、CCは85点、CD、DDはほぼ不可と言った感じでしょうか。試験は理論5時間(大問数3、4個。一部はA、Bの2テーマに分かれる。300点満点)、実験5時間(実験問題2つ各100点満点+追加課題(年によって配点が異なる。14点、35点など))です。金賞は上位6人、銀賞は続く12人、銅賞は続く12人、優良賞はさらに続く12人です。特別賞もあり総合1位や発想力のある解答をした人などに贈られます。(実験1位、高二以下1位の賞もありましたが、とある化け物が総ナメしてしまうので一時期なくなったりしましたw今後復活するものと思われます。)高二以下で優良賞以上の人が代表候補となります。




代表候補は秋(9月)と冬(12月)の合宿に参加する。冬の合宿では実験について、9月以降はレポートの形で理論について学ぶ。さらに3月の春合宿で試験を受けて5名の代表を選ぶ。






国際大会: 国際物理オリンピック
略称はIPhO。7月の10日間がその期間である。試験は理論5時間、実験5時間。金、銀、銅、入賞とあるが、人数は大会によってバラバラである。およその目安だが、400人ほどの参加者に対して、金が35~65人、銀が60~85人、銅が85~105人。入賞は60~175人。(2017年は入賞は無かったようだ。)

関連イベント: プレチャレンジ、ジュニアチャレンジ
色んなところでやっている。大学などが開催を決めて委員会に申し込む形で行うようだ。




次回は生物学です!!

励みになっています!これからも応援クリックお願いします!!(画像をぽちっと!)


東大受験生ブログランキング

 

読者登録、いいね!、コメントも楽しみにしてます!

 

読者登録してね

 


AD