無線マウスのチャタリングをなんとか | 本を持って南の島へ

無線マウスのチャタリングをなんとか

先日、トラックボールの左クリックが調子悪くなりマイクロスイッチを交換 したばかりですが、今度は無線マウス(ロジクール VX Nano)の左クリックがチャタリングを起こすようになりました。またマイクロスイッチを交換したいところですが、手持ちの部品がもうないので接点復活剤でなんとかなるか試してみます。(動画編 もあります)

 

あぁ、またあの古の接点復活剤じゃあありませんか。たぶん高校生の頃に買って早ウン十年(*1)。こんなもので効くのでしょうか?
Logicool VX Nano Mouse

 

 

 

分解前の姿。
Logicool VX Nano Mouse

 

 

工具は差し替えビットドライバー(左)と、T6のトルクスネジ用ビット(右)。
Logicool VX Nano Mouse

 

 

ネジは5箇所(も)あります。
Logicool VX Nano Mouse

 

 

激務によく耐えたぞと褒めてあげたい左クリック用のマイクロスイッチ。ついでに右用もメンテ。
Logicool VX Nano Mouse

 

 

この白いスイッチをスプレー付属のパイプで押し込みながら接点復活剤を吹き付けます。
Logicool VX Nano Mouse

 

接点復活剤はマイクロスイッチの周辺にも飛び散るので、ティッシュなどでマイクロスイッチを囲っておくといいです。あとでベタベタしてこないよう、基板やボディに付着した余分な液は拭きとってから組み立て直します。

 

 

さて、結果は良好です。劇的に即座に効きます。液のせいかクリック感がほんの少し鈍くなります。でも、あまり気にならない程度です(液の量にもよる)。いつまで持つかはこれからのお楽しみ。本来、接点復活剤は擦り接点用です。マイクロスイッチのような点で接触するタイプには効かないはずなんですが、微かなブレが擦り接点になるのかもしれません。

 

 

追記: その後4週間経過しましたが、全く問題なく快適に使用できています。

 

(*1) ついに使い切って、今は生涯で2本目となるこちらを使ってます。

 

  アマゾンで800円くらい

 

 


BH回路