D1中国シリーズ 緊迫感ありました。違う意味で・・・ | ビデオオプション通信

ビデオオプション通信

製作スタッフの近況報告


テーマ:

2017D1中国シリーズ、無事に終わり、

シリーズチャンピオンは川畑真人選手に決定しました。

 

最終戦は思わぬ事件がありましたが・・・

 

日本でニコ生放送を楽しみにしていた方はびっくりしたと思いますが、

我々、日本から行っていたスタッフも驚きました!

 

予選日の土曜日、通常通り9時から練習走行を始めました。

ところが9時45分、突然現地事務局から

「走行を止めてください」との無線連絡が!

 

え、なになに? どういうこと?

「今、公安がきて、話をしているのでちょっと待っていてください」

 

事情もわからぬまま、走行を中止して待っていると

「このサーキットから退去しろとの命令が出ました!」

との無線が!!

 

ふと、パドックを見ると

なぜか警察車両がいっぱい来ているじゃないですか!!

 

それも警察バス2台の中に屈強な警察官が大量待機中なのが見える・・・

すげえ怖え。

 

一体どういうこと?!

 

この局面で、逆らうという選択肢はあり得ず、

とにかく命令通り、すぐに退去しました。

 

よくよく事情を聞いてみると、

地元の方とサーキットの間でトラブルがあり、

地元政府に苦情があったという話で・・・

 

 

いやあ、本当にびっくりしました。

 

その後、現地事務局の尽力で

とにかく、決勝日の日曜日は無観客を条件に走行が許可されました。

(つまり大会は中止だけど、身内の走行会は開催してもいいって)

 

 

土曜の走行がなかった分、

中国選手は走り込めなかったので

クラッシュが多発しましたね。

 

やっぱりこういうぶっつけ本番的な局面では

いろんな場面を乗り越えてきた

日本人選手は強かったです。

優勝したウッチー選手もビッシっとした追走を次から次へ見せてくれてましたね!

 

来年もD1中国シリーズは開催予定なので

お楽しみに!

サーキットの雰囲気は日光サーキットみたいな感じっす。

 

IKE

 

 

 

SUNPROSさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス