滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。


テーマ:

「会話をすることが苦手です。」とお越しになった高校生の生徒さん。

 

 

 

 

お話を伺うと、

「人と話すことが苦手で、少しでもスムーズに話せるようになりたいです汗」とのことでした。

 

 

 

 

話すことが苦手、という中には、

「発音がしづらい言葉があり、発音に違和感がある」という理由がありました。

 

 

 

 

『特に「き」は言いづらいですし、音が変に聞こえます汗』と、

ご自身でも音の不明瞭さを感じるとのこと。

 

 

 

 

また、話している時に、「声が震えてしまう」というお悩みもお持ちです。

声が震えてしまう場合は、

声帯と呼気のバランスが「鍵」カギとなります。

 

 

 

 

声は小さいのですが、体に必要以上に力が入ることで、声帯を締めすぎ、

地声が強い状態となり、声に震えが出ていました。

 

 

 

 

会話のテンポは、少しゆっくりですが、

ご自身の「考え」をしっかりと持ったお嬢さんですかお 

 

 

 

 

会話のテンポがゆっくりな場合、

声が出づらいことや、発音がしづらいことで

「ゆっくりさ」が起きている可能性がありますが、

 

 

 

 

生徒さんの場合は、会話中の声の出づらさはなく、

文章を読む時に、声の出づらさを感じることがある、とのことでした電球

 

 

 

 

お悩みの内容は、把握できましたので、

早速滑舌トレーニングです!

 

 

 

 

「らーらーら・・・」と限りなく、「ら」を発音して頂きますが、

めげることなく、黙々と・・・

 

 

 

 

いえ、発音していますから、

黙々ではないですね。笑

 

 

 

 

とにかく、正解の形になるまで、滑舌トレーニングを行います。

 

 

 

 

舌を確認すると、生徒さんの場合は、発音しづらい言葉の部分で、

舌がよれていました。

 

 

 

 

舌が片側に傾き、発音していたことで、

発音のしづらさが起きていましたので、

傾かないよう、滑舌トレーニングを行いました。

 

 

 

 

トレーニング後、文章をお読み頂くと、

「すごく、読みやすいですぷう!」と。

ブラボーですパチパチ

 

 

 

 

せっかくトレーニングをするのですから、効果がなくては。

 

 

 

 

ご自宅でのトレーニングをお願いし、1週間後に確認をすると、

 

 

 

 

!!

 

 

 

 

舌が真っすぐになっているのです!!

 

 

 

 

舌がよれて発音している場合、

改善には、少し時間がかかりますが、

生徒さんは、1週間で改善されてきました。

相当、大変だったと思います。

 

 

 

 

自宅でのトレーニングでも「舌がつりそうでした。」とのこと。笑

それだけ、練習を頑張って頂いたということですので、生徒さんの頑張りに大拍手ですパチパチ

 

 

 

 

そして、話す言葉が少し速く感じました。

舌が均等に動くようになった分、確実に発音が速くなっています。

 

 

 

 

「ありがとうございました」など、ゆっくり発音されている印象でしたが、

こちらも、発音のしづらさが原因。

 

 

 

 

トレーニングの後は

 

 

「ありがとうございましたビックリマーク」「ビックリビックリマーク

 

 

スッ!と言えたことに、驚く生徒さん。

 

 

 

帰り際も、スムーズに言えており、

言えた自分にビックリしている生徒さん。笑

 

 

 

 

「トレーニングを行うと、言えるようになるキラキラ」という

生徒さんの安堵感に繋がったところでもあります。

 

 

 

 

お母様曰く、

「クリスマスのプレゼントもお正月のお年玉もいらないから、ジャスに行きたい」と、

生徒さんご自身で見つけてお越しになったそう。

 

 

 

 

生徒さんにとっての「治ったビックリマーク」というプレゼントになるよう、

滑舌トレーニングのお手伝いができれば、と思うとともに、

 

 

 

 

一生のことですので、早い内に改善ができるよう、

引き続き、この調子でトレーニングを頑張って頂きたいと思いますガッツ

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正

滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください 

$Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『幼い頃から、「し、じ、ち、に」などが言い辛く、滑舌が悪いです。

少しでも改善したいです。汗』とお越しになった大学生の生徒さん。

 

 

 

 

発音を見させて頂くと、

「し、じ、ち」等、言い辛さを感じている部分では、唇の片側のみに力が入り、

空気が片側から漏れて発音されていました。

 

 

 

 

舌に力が入り、不均等に動くため、唇にも影響が出ている状態です。

 

 

 

 

さ行の発音理論」でもご紹介しましたが、

「s」の出し方には、いくつものポイントがあります。

 

 

 

 

特に、「し、ち、じ」などが言いづらい場合は、下顎の揺れなど、

発音する際に、舌が均等に動かないことで、他の場所に影響が出る場合が多いのですが、

生徒さんの場合は、下顎などへの影響はなく、舌のみの調整で発音ができる状態でした。

 

 

 

 

それでは、早速滑舌トレーニングを開始です。

 

 

 

 

舌に力が入る場合は、力を抜くという動作が必要ですが、

抜こうとすると、逆に、力が入るもの。

 

 

 

 

力が入らないようにするため、根本的改善に至る「舌のトレーニング」を行いますが、

いつも通り「舌が・・・アゴが・・・焦」と、生徒さん。

 

 

 

 

「この大変な時を乗り越えれば、輝かしい未来が待っていますキラキラ

と心の中でエールを送り。笑

 

 

 

 

トレーニング後は、

「文章が読みやすいですビックリ」と生徒さん。

 

 

 

 

ブラボーです!

 

 

 

 

この時点で「し、ち、じ」等のトレーニングは行っていませんが、

舌がよれていた部分が均等に動くようになったため、発音が楽になった、という流れです。

 

 

 

 

不均等に動いていた舌を整えると、発音は綺麗になるもので、

生徒さんご自身も「発音が綺麗に聞こえましたひらめき」ということでした。

 

 

 

 

生徒さんの場合は、下記が原因で発音のしづらさが起きていました。

 

 

・舌の片側のみ盛り上がり発音していた

・発音時の舌の位置

・口腔内の空間の狭さ

 

 

 

 

4月の学校が始まる前に、少しでも改善したい、という目標がありましたので、

この点を踏まえ「し、ち、じ」を詰めて練習を行いました。

 

 

 

 

トレーニング中は、「し」が綺麗になる瞬間が多くなるなど、日々着実に音に変化が現れ、

正しい発音が出来た日には、「初めて綺麗な音が自分の口から出たので、不思議な感じですうひひ」と。

 

 

 

 

「耳では正しい音は分かっているのに、自分の口からは正しい音が出せない」と、

今まで、諦めかけていたそう。「もっと早く来れば良かったです。感動」と生徒さん。

 

 

 

 

耳で分かる分、小さい頃から、大変だったと想像しますが、

治し方も分かった生徒さんには、輝かしい未来しか待っていません。笑

 

 

 

 

正しいトレーニングを行うと、必ず、滑舌は改善されるものですガッツ

 

 

 

 

最近は、会話の中でも綺麗に発音ができてきていますので、

安定するまで、引き続き、滑舌トレーニングを頑張りつつ、

4月から学校で、どんどん頑張る話して頂きたいと思います。笑う

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正

滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください 

$Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

 

 

 

 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

英語の試験対策でお越しになった生徒さん。

 

 

 

 

 

「合格しなくてはならない、最後の英語テストが近々あり、なんとかしたいです汗

とのことでした。

 

 

 

 

英語のテストはパソコンで行うとのことで、

生徒さんの発音している声を「パソコンが拾わない」ため、点数に繋がらない、ということでした。

 

 

 

 

正解を発音しているのに、「流暢ではない」と判断されるため、

「声が拾われていない」と考えたとのこと電球

 

 

 

 

しかし、実際にパソコンで行うテストを見ていないため、

「さ行」など、発音が良くないため点数に繋がらないのか、

声が響かないことで点数に繋がらないのか、判断に迷う点もありました。

 

 

 

 

さらに、日常会話の日本語の発音も言いづらさがあるとのことで、

「さ行」「た行」「ざ行」や、母音に「い」がつく発音に関しても小さい頃から悩んでいたそう。

 

 

 

 

お悩みを話して頂く間も、声が小さい点に加え、「し、ち、じ」など、空気が横から漏れる音や、

舌が英語の「th」のように上下の歯から見える状態がありました。

この点も発音によるものか、声の共鳴によるものか、点数に繋がらない原因の判断に迷った点でもあります。

 

 

 

 

さ行の発音にはポイントがあり、「s」を正しく理解することが大切です。

詳しくは「さ行の発音理論」をご参照ください。

 

 

 

 

いづれにせよ、発音を明瞭に、声の響きを鮮明にすれば、

点数に繋がりますので、早速滑舌トレーニング!

 

 

 

 

テストまでは、日本語の発音でも苦手な「さ行」や声の響きの調整を行いました。

滑舌を良くすることや、声を響かせるためには、「舌」がキーポイントですが、

休まずトレーニング。

 

 

 

 

「アゴが・・・えー!!!」「舌が・・・えー!!!」と仰っても、休まずトレーニング。

・・・ついついスパルタが出てしまいます。笑

 

 

 

 

テストまでの期間が短かったため、最低限の滑舌矯正でしたが、

トレーニング後も「いつもと話している位置が違いますビックリきらきら」とのことで、

この状態でテストを迎えて頂きました。

 

 

 

 

後日、生徒さんより、

 

 

 

 

「先日のテストでお陰さまで、発音ゼロ点の壁を5回目にして初めて破りまして、

speaking合計点数も必要点数を無事超えられました!」とご報告を頂きました。

 

 

 

 

ブラボーーですぐっど

 

 

 

 

最後のテストと仰っていたのは、5回目だった!?と驚きつつ。笑

 

 

 

 

声の響きと言葉がはっきりとされたことで、パソコンにも声が拾われ、

今まで、点数ゼロ点の部分で、加点され、合格点数に至ったとのことでした。

まさに滑舌トレーニング効果です。

 

 

 

 

visa取得のためのもので、切羽詰まってお越しになっていたそうで、

無事に、合格して良かったです。

むしろ、テストに合格していなかったら、どうなっていたことでしょう。笑

 

 

 

 

少しの間ですが、海外に行くまで、

さ行改善の滑舌トレーニングを行いまして・・

 

 

 

 

今頃、生徒さんは、オーストラリアですビックリマークOK

 

 

 

 

正しい滑舌トレーニングを行えば、必ず、効果は現れるものです!

これからも、効果を実感できるトレーニングをご提供できればと思いますガッツ

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正

滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください 

$Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)