ら行が言えない悩みを改善 | 滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを専門的に行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。

「子供の頃から、ら行が言えないので、改善したいです。」とお越しになった生徒さん。

 

 

 

 

「らりるれろ」が「だでぃどぅでど」のように、「ら行」が「だ行」に聞こえてしまい、

仕事中も聞き返されることが多く、話しづらいとのこと。

 

 

 

 

また、ご自身でも耳で判断がつくとのことで、小さい頃から滑舌が悪かったが、直し方が分からず、他の言葉に変換するなどして過ごしてきたとのこと。

 

 

 

 

「発音する時も重く感じますし、どのように発音すれば良いのか、直し方が分かりません。ガーン

「舌足らずな話し方を直したいです。」とのことでした。

 

 

 

 

「舌の長さは関係するのでしょうか?」とのご質問もありましたが、

舌を見させて頂くと、生徒さんの舌小帯(舌のうらのスジ)は特に短くなく、長さは問題がありませんでした。

舌小帯については、「舌小帯短縮症と滑舌の関係」をご参照ください。

 

 

 

 

お悩みを話してくださる間も、「する」が「すどぅ」に聞こえたり、「すれば」が「すでば」のように、ら行がだ行に聞こえます。

 

 

 

 

ら行が苦手な方は、『「らりるれろ」が言えない原因』の通り、舌先の動かし方や舌先の位置に間違いがあることが、言いづらさの原因です。

 

 

 

 

舌が短いことが原因で言えない方もいらっしゃれば、舌の長さは関係なく、動かし方の問題で、「ら行」の滑舌が悪くなることがあります。

 

 

 

 

生徒さんは、特に「り」が苦手とのことで、「入り」が「いでぃ」に聞こえるなど、発音もしづらいとのことでしたので、早速滑舌トレーニングを開始ですビックリマーク

 

 

 

 

「ら」の舌のトレーニングをすると、

 

 

「だーだーだーだーだ・・・」と音がだ行に近い音になる生徒さん。

 

 

 

 

ら行の発音理論を説明し、「なるほどキラキラ」と分かって頂き再開。

 

 

 

 

再び、

 

 

「ら」の舌のトレーニングをすると、

 

 

「だーだーだーらーだ・・・」

 

 

 

 

一瞬「ら」が入ってきました!

しかし、頭では分かっていても、中々舌が思うように動きません。

 

 

 

 

数回繰り返すと、正しい位置で舌が動くようになり、

 

 

 

 

「らーらーらーらーら」「あ目!!

 

 

 

 

『「ら」と聞こえますキラキラ』とのこと。

 

 

 

 

ブラボーです!

 

 

 

 

正しい位置で発音できると正しい音が出るようになります。

この形を固定するため、ガンガンと舌のトレーニングを行いますが、

 

 

 

 

トレーニング中、「舌がつりそうですゲッソリ」と生徒さん。笑

 

 

 

 

普段、動かさない舌の筋肉をトレーニングするため、もはや舌がパニックです。笑

 

 

 

 

文章をお読み頂きますと、

「舌が軽い!いつもの重たさがありません。舌が動いている感覚が残ります。」とのこと!

 

 

 

 

生徒さんのら行が言えない原因は下記によるものでした。

・舌先の動かし方

・舌先の当てる強さ

・母音の間違い

 

 

 

 

発音しやすくなった状態をキープして頂くため、ご自宅でのトレーニングを頑張って頂きまして、最近の調子を伺いますと、「大分、発音が楽になっていますキラキラ」とのこと!

 

 

 

 

ら行の滑舌を治すためには、舌を正しい位置でトレーニングすることが必要です。

このまま、苦手な言葉を克服できるよう、トレーニングを頑張って頂きたいと思います。

 

 

 

 

「り」など、母音の「い段」を含む言葉で、極端に舌に力が入る方は、「側音化構音を治したい大人の方へ」をご参照ください。

 

 

 

右矢印NEW1 最新記事一覧

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる

滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う東京・渋谷の滑舌教室です

 

滑舌の診断も行っていますので

詳しくは下記HPをご覧ください