滑舌トレーニング 俳優編 | 滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。

舞台でご活躍中の生徒さん。俳優のお仕事をされています。

 

 

 

 

「声の仕事が入ったので、滑舌を治したいです。」とお越しになりました。

 

 

 

 

昔から、さ行やざ行、た行が苦手で、発音のしづらさを感じていたとのことですが、

舞台などは、大きく声を張るため、何とか誤魔化し今まで過ごしてきたとのこと。

 

 

 

 

生徒さんの仰る通り、声の仕事になると、発音はかなり重要で、誤魔化しがきかないため、

早急な改善が必要。ひらめき電球

 

 

 

 

生徒さんも、収録が始まるまでに何とかしたい、とのことで、早速滑舌トレーニングを開始です!

 

 

 

 

トレーニング中、舌を鍛えるため、舌に負荷をかけながら滑舌のトレーニングを行いますが、

舌が右往左往。笑

 

 

 

 

頭では分かっていても舌は右往左往。笑

 

 

 

 

舞台でお仕事をされているのですが、舌が思うように動かない・・・これには理由があります。

 

 

 

 

舞台の場合は、お腹から声を出す、とにかく声を張って出す、という練習が多いため、

お腹から出す空気や力の勢いを借りて、舌を動かしていることが多くありますひらめき電球

 

 

 

 

そのため、本来、発音に必要な舌の筋肉自体が上手く使えず、発音が不明瞭になります。

 

 

 

 

特にさ行やざ行の発音は、「s」「z」の鮮明さが重要で、サッ!ザッ!と息の勢いを使って発音することは、雑音の入る原因となりますので、注意が必要ですが、

 

 

 

多くの方が「息の勢い」が必要だと間違った認識でトレーニングを行なっています。

 

 

 

 

滑舌トレーニング【さ行の発音理論】の通り、改善のポイントは「s」「z」「t」をいかに鮮明に出すか、です。

 

 

 

 

また、「舞台は声を張るので何とかなるのですが・・・」というお悩みは、舞台俳優の方から一番よく聞くお悩みです。

 

 

 

 

生徒さんも、上記のように、勢いを使って発音していたため、舌を100%で使いきれていない状態。

 

 

 

 

滑舌良く話すためには、舌をコントロールすることが重要なため、ビシバシと滑舌トレーニングを行いました。

 

 

 

 

トレーニング中は、

「舌がつりそうですゲッソリ・・・」とやはり歓喜の悲鳴。笑

 

 

 

 

ジャス特有のソフトスパルタな?笑、滑舌の練習後、文章をお読みいただきますと、

「さ行が軽いです!」と生徒さん。

 

 

 

 

ブラボーですキラキラ

 

 

 

 

この時点では、さ行の滑舌練習は行っていませんでしたが、基本的な舌の位置を整え、舌を鍛えたことで、言葉全体が言いやすくなった、という流れです。

 

 

 

 

正しい発音の位置でトレーニングを行うと、必ず滑舌は改善されるものです。

 

 

 

 

生徒さんの言いづらさの原因は下記によるものでした。

 

・発音の位置がズレていた

・舌に力が入り過ぎていた

・舌の形

 

 

 

 

この状態で、さ行のトレーニングやざ行のトレーニングを行い、

何とか無事に収録を終えた生徒さん。

 

 

 

 

収録の際の調子を伺うと

「発音がしやすかったです。仕事前に来られて良かったです!」とのこと。

 

 

 

 

嬉し限りですニコニコ

何とか、間に合って良かったと私は、ホッと一息。笑

 

 

 

 

と息をつく間も無く、

 

 

 

 

「今度舞台が始まるんですが・・・」と、次なる課題が。

 

 

 

 

どんどん苦手な言葉を克服している生徒さんは、

次の舞台に向け、改善真っ只中ですキラキラ

 

 

 

 

完全に発音を固定し、お仕事で活かせるよう、引き続き、滑舌トレーニングを頑張って頂きたいと思います!

 

 

 

右矢印NEW1 2019年最新記事一覧

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる

滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う東京・渋谷の滑舌教室です

 

滑舌の診断も行っていますので

詳しくは下記HPをご覧ください