滑舌トレーニング アナウンサー編 | 滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。

アナウンサーのお仕事をされている生徒さん。

 

 

 

 

ニュースキャスターのお仕事をされているため、ニュースを読む際の滑舌を治すためにお越しになりました。

 

 

 

 

流石、アナウンサーさんは読む時の声のトーンも綺麗で、いい声だ、と思いつつ、滑舌を確認しましたところ、ら行が全般弱い印象がありましたひらめき電球

 

 

 

 

例えば、あらわれる、させられる、知られる等、ら行の組み合わせが苦手で、お仕事中も、ゆっくりと言うと余計にもたつき、早く言うとスベってしまうことが多いとのこと。

 

 

 

 

また、ご自身の出ている番組を後で聞いても、はっきりと言えていない、と感じるとのことでしたので、早速滑舌トレーニングを開始です!

 

 

 

 

滑舌トレーニング中は、「舌が思っていた以上に疲れますビックリマークあせる」と。

 

 

 

 

ら行の発音がはっきりしない原因は、

「らりるれろ」が言えない理由の通り、下記3点です。

 

・舌の位置

・舌の形

・舌の当て方

 

 

 

 

生徒さんの場合も、上記3点に間違いがあったこと、また、られるなど「ら」と「れ」の発音の移行がスムーズではなかったことや「アナウンサーの方へ行う滑舌を良くする練習方法」の通り、口の開きすぎが原因で、発音のしづらさが起きていました。

 

 

 

 

上記の改善ポイントを踏まえ、根本的に滑舌を改善するために、

ガンガンとトレーニングを行いました。

 

 

 

 

トレーニング後、文章をお読み頂きますと、

「すごく軽くなりました。もたつきがないですビックリマーク」とのこと。

 

 

 

 

ブラボーです拍手

 

 

 

 

発音の弱さは「L」の部分にありましたので、「L」を強化したことによる効果です。

 

 

 

 

この調子で、ご自宅での滑舌トレーニングを行なって頂きまして、その他、さ行やざ行なども細かくトレーニングを行いまして、

 

 

 

 

最近の調子を伺うと、

「以前だと、苦手な組み合わせなどがあると『ヒヤッと』しましたが、滑舌に不安なくニュースが読めます!」とのこと。

 

 

 

 

また、「仕事の前に、一通り練習すると調子が良いですキラキラ」とのことで、

素晴らしいです~!

 

 

 

 

これも日々、滑舌トレーニングを頑張っている生徒さんの頑張りの成果ですので、

生徒さんの努力に脱帽です。

 

 

 

 

そして、毎日、番組で生徒さんを観ることができますので、今日はどうかとチェックをすると、

ニュースの言葉は難易度が高いのですが、もう「ら行の組み合わせ」は完全にクリアされていまして、これまた感動です爆  笑

 

 

 

 

お仕事で活かされていることが大変嬉しいです。

 

 

 

 

そして、新たな課題が出てきましたので、このままの調子で、どんどん苦手な言葉をクリアして頂きたいと思いますアップ

 

 

 

右矢印NEW1 2019年最新記事一覧

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる

滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う東京・渋谷の滑舌教室です

 

滑舌の診断も行っていますので

詳しくは下記HPをご覧ください