「し、ち、じ」の滑舌を改善! | 滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。


テーマ:

『幼い頃から、「し、じ、ち、に」などが言い辛く、滑舌が悪いです。

 

少しでも改善したいです。汗』とお越しになった大学生の生徒さん。

 

 

 

 

発音を見させて頂くと、

「し、じ、ち」等、言い辛さを感じている部分では、唇の片側のみに力が入り、

空気が片側から漏れて発音されていました。

 

 

 

 

舌に力が入り、不均等に動くため、唇にも影響が出ている状態です。

 

 

 

 

滑舌トレーニング【さ行の発音理論】」でもご紹介しましたが、「s」の出し方には、いくつものポイントがあります。

 

 

 

 

特に、「し、ち、じ」などが言いづらい場合は、下顎の揺れなど、

 

発音する際に、舌が均等に動かないことで、他の場所に影響が出る場合が多いのですが、

 

生徒さんの場合は、下顎などへの影響はなく、舌のみの調整で発音ができる状態でした。

 

 

 

 

それでは、早速滑舌トレーニングを開始です。

 

 

 

「し」「ち」の発音ができない理由』の通り、

舌に力が入る場合は、力を抜くという動作が必要ですが、

抜こうとすると、逆に、力が入るもの。

 

 

 

 

力が入らないようにするため、根本的改善に至る「舌のトレーニング」を行いますが、

 

いつも通り「舌が・・・アゴが・・・焦」と、生徒さん。

 

 

 

 

「この大変な時を乗り越えれば、輝かしい未来が待っていますキラキラ

と心の中でエールを送り。笑

 

 

 

 

トレーニング後は、

「文章が読みやすいですビックリ」と生徒さん。

 

 

 

 

ブラボーです!

 

 

 

 

この時点で「し、ち、じ」等のトレーニングは行っていませんが、

 

舌がよれていた部分が均等に動くようになったため、発音が楽になった、という流れです。

 

 

 

滑舌(かつぜつ)とは」でご紹介しています通り、

 

不均等に動いていた舌を整えると、発音は綺麗になるもので、

 

生徒さんご自身も「発音が綺麗に聞こえましたひらめき」ということでした。

 

 

 

 

生徒さんの場合は、下記が原因で発音のしづらさが起きていました。

 

 

・舌の片側のみ盛り上がり発音していた

・発音時の舌の位置

・口腔内の空間の狭さ

 

 

 

 

4月の学校が始まる前に、少しでも改善したい、という目標がありましたので、

この点を踏まえ「し、ち、じ」を詰めて練習を行いました。

 

 

 

 

トレーニング中は、「し」が綺麗になる瞬間が多くなるなど、日々着実に音に変化が現れ、

 

正しい発音が出来た日には、「初めて綺麗な音が自分の口から出たので、不思議な感じですうひひ」と。

 

 

 

 

「耳では正しい音は分かっているのに、自分の口からは正しい音が出せない」と、

 

今まで、諦めかけていたそう。「もっと早く来れば良かったです。感動」と生徒さん。

 

 

 

 

耳で分かる分、小さい頃から、大変だったと想像しますが、

 

治し方も分かった生徒さんには、輝かしい未来しか待っていません。笑

 

 

 

 

正しいトレーニングを行うと、必ず、滑舌は改善されるものですガッツ

 

 

 

 

最近は、会話の中でも綺麗に発音ができてきていますので、

 

安定するまで、引き続き、滑舌トレーニングを頑張りつつ、

 

4月から学校で、どんどん頑張る話して頂きたいと思います。笑う

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる

滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

 

滑舌の診断も行っていますので、

詳しくはHPをご覧ください 

$Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

 

 

 

 
 
 

滑舌矯正トレーナーRyukaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります